05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マガジンハウス
今日は、マガジンハウスさんにお邪魔しました。

正面玄関も、トイレのドアも、オリーブの絵が描かれていて、
とっても楽しい創りでした。

これは、女子トイレのドアです。

090916_150334.jpg

時代を作った数々の雑誌を作り出した方にもお目にかかることが出来て
とっても光栄でした。

090916_160901.jpg




スポンサーサイト
執筆 | 18:50:13 | Trackback(0) | Comments(0)
出版
800万円のきものをTシャツのように売る技術

という本のサンプルが出来上がり、本日出版社の方が届けてくださいます。
これは、サンプルという形で出来あがって、全国の書店に配られます。

それを見た書店のかたがたが何部入荷するかを連絡してから
その後、全国に配送されます。

ですから、5月20日位に全国の書店に並ぶのです。
おおお・・・わくわく!

ある方が、女将さんのサイン入りの本が欲しいです。
と言ってくださいました。有難うございます。
光栄です。ああ、本を見るのが楽しみです。

目次をご紹介しましょう!

~ネットショップ成功の極意~
800万円のきものを千円のTシャツのように売る技術

はじめに ネットショップで・年商1億円突破・も決して夢ではありません!

序章 原則さえ押さえれば「800万円のきもの」でも売れる!

“売れるショップ”、“売れないショップ”のちがいはなにか ───16
コネなし、知識なし、経験なしでも恐れる必要はない ───20
なぜ実店舗ではなくネットショップだったのか? ───24
デジタルオンチだからこそ、どんなお客さまの心もつかめる ───28
さぁ、本当によく売れるネットショップをつくりましょう ───31


第1章 「売れにくいもの」「ニッチなもの」が成功のカギになる “商材選び”の極意

ポイントは四六時中考えても飽きがこないもの ───36
あなた自身が“商品の語りべ”になる ───39
私はこうして“運命の商材”に出会った ───44
「ネットでしか出会えない奇跡」を演出する方法 ───47
価格でも強みになる“ニッチ”で“オンリーワン” ───50
“好き”であればどんなことでも乗り越えられる ───52
あなたの“独自性”をウリにしよう ───56


第2章 この“とんがり”が商品を「買いたい気持ち」にさせる “新規のお客さま”をつくる極意

どんなお客さまが商品を買ってくださるのか ───60
お客さまの・ライフスタイル・をしっかり押さえる ───63
“共通言語”がお客さまとの距離を縮める ───66
“モール”より“とんがりのある独自型”がいい理由 ───69 
安くしても売れないものは売れない ───73 
仕入れのときに注意しておくこと ───75


第3章 「心の契約」でお客さまの不安は確かな信頼に変わる  “顔の見えるショップづくり”の極意

お客さまの不安はひとつずつ消していく ───80
大切なのは、あなたが“どんな人”であるか ───84
全ページに載せておくと効果のある画像 ───87
親近感を引き出す“プロフィールページ” のつくりかた───92
なぜ“マイナス面”も出したほうがいいのか ───96
自分にあったキャラクターづくりのヒント ───101
地図ひとつでお客さまの安心感はこんなに膨らむ ───104
さらに信頼感が得られるページのヒミツ ───108
ブログではリアルな「今の私」を知ってもらおう ───110


第4章 繁盛の秘訣は「モノ」ではなく「コト」を売ることにある “楽しませるショップづくり”の極意

お客さまをもっと買いたい気持ちにさせよう ───118
多くの商品を見てもらう動線をつくる方法 ───121
こんなページづくりでお客さまの心をワクワクさせる ───125
商品を提案する力を身につけよう ───129
さらに興味を惹きつける「つくり手を見せる」ページのコツ ───132
とことん“楽しいコト”であれば商品は自然と売れる ───137
嬉しい“感動の伝染”をねらおう ───142
この方法でよりコアなお客さまもつかめる ───145


第5章 ネットの垣根を超えた瞬間、チャンスは無限に広がる! “お客さまの心”をずっと離さない極意

さらにネットショップの可能性を広げるヒント ───152
この企画でお客さまとの関係が深まる ───157
お客さまが参加したくなるコンテンツのつくりかた ───159
新たなお客さまが獲得できるコンサルタント業のすすめ ───168
ネットショップで事務所を構える利点 ───173
お客さまがずっとあなたのお客さまであり続けるために ───177


おわりに たくさんの「夢」を実現させましょう!




執筆 | 06:47:34 | Trackback(0) | Comments(3)
出版
ネットショップの本が完了して、5月20には書店に並ぶことになりました。

まだ、書込みや画像作成など、すごいスピードで行っています。

書店に並ぶって、初めての本なので、何だか感激です。


執筆 | 18:33:59 | Trackback(0) | Comments(1)
第5章
今日は、編集者さんがいらっしゃる日です。

宿題を提出する前の学生のように
私が書いた第5章を読み直してみました。

きゃあ~、面白いじゃない!

あれれ?面白いかも。

良かった、やっと自分で少し面白いと思えるようになりました。

執筆 | 07:01:31 | Trackback(0) | Comments(0)
執筆
今執筆していることは、きもの人を立ち上げてからこの9年間のことを振り返る
ことでも有り、私にとっては、とても意味深い時間になっています。

いつ抜け出るか分からないような暗い山道に遭遇したこともありますが
それが必要だったと、今だから分かります。

今までのそれぞれのことに、どんな意味が有ったのかと、今だから分かります。

はあ~。執筆の山は半分超えたと思うのですが、どうでしょうか?

執筆 | 23:20:28 | Trackback(0) | Comments(0)
心に落とす
いまいち、本を書くことが遅い理由は、私の心を落としきれていないことです。

心に落とすことが出来れば、いくらでも書けると思うのです。

心に落とすとは、きものライフコンサルティングが最も良い典型で、
その方が求めていらっしゃる本当の部分を見つけて、私とその方の心の両方が
「これだ!」と思うことです。

それがカジュアルな街着なのか?
モダンなデザインなのか?

それは上っ面だけを見ていても分からないのです。
だから、深い部分をずっと見つけます。

私が納得できて心の底に落ちる正解が出るまで、
その方にとっての正解を探ります。

なるべく多くの情報と、その方を見続けることで
だんだん見えないものが見えてくるのです。

これだ!っていう肝がいつか掴めます。

そこが分かっていれば、後はお任せなのです。

いくらでも、素敵なコーディネートはご提案できるでしょう。

ああ、今書いていることは、文字は並ぶのですが、何だか心に落ちないのです。

なぜですかねえ~。

それが落ちたらきっと速いのだと思うのですが。

書くしかないですね。
私の心に触れるまで、とにかく書きましょう。

執筆 | 23:24:00 | Trackback(0) | Comments(0)
執筆
朝の時間を、本を書く時間にしているのですが、あっという間に時間が過ぎてなかなか進みません。
混沌とした状態を抜け出ていません。

自分のやっていることを私は客観的にみて、論理的判断の結果やっている
ということが多くないのがよく分かりました。

だから、自分を客観視できないのですよね。

でも、論理的に考えでも答えが出ない問題が多く、正解が無いことばかりなのですから
仕方ないのですが、今が、論理的に整理すべき時期に来ているのでしょう!


今日は、梅見の会です。


執筆 | 06:58:45 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。