10月 « 2007/11 » 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
滝沢先生
滝沢先生に似合うきものを選んでいただいた方々は、

「滝沢先生は、普段の自分が選ばないような着物を選んでくださいました。
自分の目と他人の目は、違うんですね~」

「自分なら絶対に選ばないような淡い色彩の着物を選んでいただき
早速羽織ってみました。うーーん、びっくりです。
淡い色はそれだけで着こなす自信がないーーって思っていたのですが
羽織ってみると、あれ??似合ってる??

さすが滝沢先生です。。。。」

などとおっしゃいます。

そうなんです。

滝沢先生のきものの提案は上級者版ですから

誰もが選ぶものではなく、それまで知らない自分が出てくるものを
選んで下さいます。

それが何ともたまらなくわくわくするのです。

そんな滝沢先生の訪問着のコーディネートが揃いました。
順次アップされます。
伝統を揺さぶる友禅美 滝沢晃先生訪問着!
こちら

IMGP1779.jpg

スポンサーサイト
未分類 | 16:26:22 | Trackback(0) | Comments(0)
私の住む町浦和は、サッカー色が強いので
クリスマスツリーも赤いのです。(笑)

071128_213311.jpg

未分類 | 06:33:40 | Trackback(0) | Comments(0)
紅葉
毎朝歩いています。明るくなるのを待って出かけようとしていますが、日の出がどんどん遅くなるので、待っていたら間に合わなくなりました。

暗いうちから手袋をはめて出かけます。

今は、けやきが黄色く色づいて落葉し、その葉の上を歩きます。

暗い朝の道の中でけやきの木の黄色がぼんやり感じられる中を歩いているのは
宇宙を歩いているようにも感じます。

その後、明るくなった道をまたオフィスに向かって歩きます。

紅葉がちょうど綺麗な今週末には京都に行きます。

あちらの紅葉も綺麗なことでしょう。

未分類 | 18:45:16 | Trackback(0) | Comments(0)
帯締めと帯揚げプレゼント
今日から素敵なプレゼントがスタートしました!

滝沢先生個展 開催記念として、12月8日まで

滝沢先生のおきもの全部(サイト掲載品以外を含みます)
こちら
こちら

または

↓の帯をお求めの方に
こちら
こちら
こちら

素敵にコーディネートできる帯締めと帯揚げ
の両方をプレゼントさせていただきます。

滝沢先生のおきものは、商品ページ以外にも下記のようなものがございます。

IMGP1361.jpg
IMGP1544.jpg
IMGP1556_20071128133315.jpgIMGP1580.jpg
IMGP1592.jpg
IMGP1610.jpg
IMGP1619.jpg
IMGP1642_20071128133552.jpg
IMGP1660.jpg
IMGP7833.jpg

未分類 | 13:43:07 | Trackback(0) | Comments(0)
きものという衣を借りた自分探求
滝沢先生のおきもののどこが他のおきものと違うのか考えてみました。

まず、自分が気づいていない他の自分を引き出してくれます。

その自分は、多くの方が好意を持ってくださる自分です。

洋装では出会えない自分の根源の様々な部分を美しいきもので表現されます。

そこに現れる自分を、まるで魔法にかかったように
見つめている自分が居ます。

それは、きものという衣を借りた自分探求のようでも有ります。

ですから、「滝沢先生、もっと違う自分を引き出して下さい」

とでも言うように、

「他に私に似合うきものは、どれですか?」

と先生にお会いするたびに言いたくなります。

女性として生まれて有難う!という大きな喜びに包まれます。

そのおきものを着てお出かけすると
思わぬ賞賛のお声を沢山かけていただきます。

そのことで、滝沢きものの真価を知っていただけます。

また、先生が色んな方におきものをご提案するのは
魔法を見ているように面白いです。

その方の様々な面をきもので引き出す光景は
唖然として記憶から離れないほどです。

そんな先生は、

「僕は作家になりたいなんて思っていないよ。

染め屋のおじさんで十分だ」とおっしゃいます。

今後、奇数月に、滝沢先生のおあつらえ会を
きもの人のオフィスで行うことになりました。

1月21日(月)22日(火)に行います。

ご都合が合えば、そのときに是非お越し下さい。

また、十日町にも、是非お越し下さいませ。

未分類 | 05:12:36 | Trackback(0) | Comments(0)
今日で滝沢先生の会は終了しました
今日で滝沢先生の会は終了しました。

奥様手作りの十日町のお料理をみなさま
とても喜んで召し上がって下さいました。

奥様のお料理は、味や食感にメリハリが有って
とても勉強になります。

写真を沢山撮って帰られた方もいらっしゃいます。

滝沢先生のおきものは、シックなものから透明感が有る美しい色合いまであり
本当に飽きません。

着れば着るほど、もっと、私に合う他のおきものも無いかしら?

と追求したくなります。


素敵な帯とコーディネートしてみました。

IMGP1289.jpg
IMGP1310.jpg
IMGP1317.jpg
IMGP7782.jpg
IMGP7789.jpg
IMGP7805.jpg
IMGP7808.jpg

未分類 | 19:18:29 | Trackback(0) | Comments(0)
今後のコーディネート講座
今後のコーディネート講座の予定が決まりました。

12月本コース(基本コース修了者のみ)

 12月4日(火)コーディネート講座本コース 1:00-3:00
   18日(火) 〃
   25日(火) 〃

1/9(水)コーディネート講座基本水曜コース1 14:00~16:00
2/13(水) 〃   
3/12(水) 〃


 1/12(土) コーディネート講座基本土曜コース1 10:30~12:30
 2/9(土) 〃 
 3/8 (土)  〃

 1/12(土) コーディネート講座基本土曜コース2 10:30~12:30
 2/16(土) 〃
 3/15(土) 〃

未分類 | 15:34:23 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢先生の会 明日26日まで
昨日から開催の滝沢先生の会では
とても沢山の訪問着や振袖が揃いました。

滝沢先生が似合うことのご提案をしてくださるのを
私はとても興味深く拝見しています。

明日まで、どうぞ、是非お越しくださいませ。
こちら

IMGP1099.jpg
IMGP1108.jpg
IMGP1154.jpg

未分類 | 11:00:39 | Trackback(0) | Comments(0)
十日町のお料理
現在開催中の滝沢先生の展示会で、奥様がご用意くださっている十日町のお料理は、
松之山風けんちん汁、シーチキン大根
身欠きにしん昆布巻き、ジャガイモのキッシュ、そばがきぜんまい、さつまいもの胡麻和え
カブホタテあんかけ 肉じゃがころっけなどです。

どれもとても美味しくて大変好評です。

うふふっ!

未分類 | 15:22:38 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢先生の会を日本橋オフィスで開催です
昨日は、夜のお食事会に沢山のみなさまがお越し下さいました。

いろんなお話が出来てとても楽しかったです。

お越しくださいましたみなさま、有難うございました。

また、笹島先生の着付け教室土曜コースが終了しました。

来年の土曜コースは、また募集開始いたしますね。

さて、今日24日から26日まで、滝沢先生の会を日本橋オフィスで開催です。

みなさまのお越しをお待ちしています。


未分類 | 05:32:17 | Trackback(0) | Comments(0)
明日のお食事会
明日のお食事会がすごいことになりそうです。

ローブデコルテをつくる黄金の腕をもつ縫製の鈴木さんもご参加下さることになりました。

着付けの第一人者笹島先生とヒラリークリントンさんから感謝状が届く滝沢先生と、と労働大臣賞受賞の鈴木さん

それに、私の手料理です。(笑)

はてはて、ご参加のみなさま。わくわくですね。

未分類 | 19:09:03 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、本当に色んな方がお越し下さいました
今日は、本当に色んな方がお越し下さいました。

自主制作の日中共同制作の映画「純愛」の主演をなさった
ヤスタカさんがお越し下さいました。

ぴあで最優秀に選ばれたこの映画は、その後国会での上映が決まり、
12月にモナコの映画祭に出品されることになりました。

モナコで着てくださるおきもの選びにお越し下さいました。

ヤスタカさん、どうぞ頑張って下さい。

IMGP0877.jpg

未分類 | 19:58:07 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、コーディネート講座水曜基本コースの最終日
今日は、コーディネート講座水曜基本コースの最終日です。
こちら

似合うきものとは?

帯の選び方。

と進んで、今日は小物選びの仕方です。

来年の予定も決まりました。


沢山のきものを羽織っていただいたり
お持ちのおきものに合う帯を選んだり
帯に色んな帯締めを合わせたりと

「合う」ということの探訪を続けています。

IMGP0130.jpg
IMGP0137.jpg
IMGP0362.jpg
IMGP0369.jpg
IMGP0376.jpg
IMGP0510.jpg

未分類 | 15:18:02 | Trackback(0) | Comments(0)
きものサロン冬号に掲載されました。
きものサロン冬号にステンドグラスのおきものの
コーディネートが掲載されました。
こちら

このおきものは、振袖の長い袖と訪問着用の短い袖の
2種類があります。

それを二人のモデルさんに着ていただきました。

可愛い振袖と、凛としてシックな訪問着

コーディネート次第で、こんなに変わります。

IMGP0860-590.jpg
IMGP0861c-500.jpg
IMGP0862c-470.jpg

未分類 | 23:12:13 | Trackback(0) | Comments(0)
早朝ウォーキング
早朝ウォーキングは毎日続いています。

大体30分以上歩いています。

体がしゃんとして気分がとてもよいです。

しかし!食欲が出るんです。

お腹がすくんですよねえ~。

「三ケ月やったら、もっと変るよ!」と言われました。

頑張ります!!


未分類 | 13:41:38 | Trackback(0) | Comments(0)
お能の舞台で踊るおきものをお誂え下さった尾崎様の
発表会が観世流能楽堂(渋谷)で行われました。

閑静な住宅街の中にある能楽堂は、こじんまりした 佇まいです。
IMGP0559.jpg

尾崎様のきれいな藤色の訪問着は、船弁慶の題材に合わせて
観世流水の模様が綺麗に染められています。

うこん色の袴の色ともよく調和し、とても舞台映えしていました。
IMGP0551.jpg

お越しになる方々は、紬、小紋、訪問着で紬が多かったようです。

私は、滝沢先生の色無地で伺いました。

こんなときに、とても良く合うおきものです。

IMGP0553.jpg
IMGP0558.jpg
IMGP0554.jpg
IMGP0560.jpg
IMGP0562.jpg
IMGP0561.jpg

未分類 | 09:35:55 | Trackback(0) | Comments(0)
23日 笹島先生+滝沢先生+女将の手料理
23日(金・祝)は、笹島先生の着付け土曜コースの最終日です。

夕方6:00から、笹島先生を囲んでお食事会をすることになりました。

その会に、滝沢先生も参加してくださることになりました。

私が手料理を作ります。

この会、どんなことになるのか、想像がつきませんが、私は料理に専念いたしましょう。

前日から築地に買出しに行って、このすばらしいお台所を再認識して腕を振るいます。

ご参加ご希望の方は、shop@kimono-bito.comまでお申し込みください。

未分類 | 21:34:11 | Trackback(0) | Comments(0)
1億円が欲しいなあ~。
ああ、1億円欲しいなあ~と切実に思います。

滝沢先生の個展で、滝沢先生にお聞きしました。

「先生、ステンドグラスみたいな作品、今度はどんなものが
出来るでしょうか?」って。

そうしたら、

「そんなに簡単に出来ないよ。」っておっしゃいました。

何年も前に私が書いたことと同じ理由です。


大作を作るためには、小品を作る時間を削る必要が有ります。
大作は見ごたえはあっても売りにくい商品ですから、工房の経営が苦しくなります。

毎月職人さんにお給料を払い仕入れ代を支払い
運営して行くには、月々の収入が必要です。

ですから、売れるものを作ることが求められます。
しかし、売れるものを作っているのでは、それ以上の作品を作ることは出来ません。

多くの作り手には、多かれ少なかれ、これが問題になります。

そんな状態ですから、職人さんは、ほどんど冒険が出来ません。

自己裁量権が高い作家さんと呼ばれる方も、より大作を作りたいと思われる方よりも
何を作れば売れるかと考える方が多くなっています。

滝沢先生は、以前、「1000万円もらっても作れないよ。」とおっしゃった
ステンドグラスを第3作まで作られました。

ここに、「わがまま」と言われる作家魂を感じます。

「作ろう」となさる情熱に敬服します。
しかし、その陰での奥様や工房の方々のご苦労が忍ばれます。


「先生、ステンドグラス以上の作品を作っていただくためにはどうすれば良いんでしょうか?」

とお聞きすると

「工房を止めなければ出来ないね」とおっしゃいました。

「売れるものを作っていたのでは大作は出来ない。そんな仕事をしなくて良いのなら
もっとすごいものが作れるね」

「先生、そのためには、いくらあれば良いですか?」

「そうだなあ~。1年4ヶ月位あれば、ステンドグラスの10倍位すごい作品が10点位作れると思う。
そのための工房維持費は、1億円位だと思う」っておっしゃいました。

私は、ステンドグラスのきものは、現在の滝沢明の作品の中の最高峰であると同時に
日本のきものの中のとても大きな1枚だと思います。

あれだけの作品を他の誰が作れるでしょう!

苦労して、技術的に真似は出来るでしょうが、
あの高いセンスとあの作品を作り上げる情熱と着られる方への大きな愛情で
適う人はいないと思います。

今年60歳になられた滝沢先生は、「50や60花なら蕾み やっとつぼみになれました」

とおっしゃいます。

60歳の油が乗り切った今、滝沢先生に、思いっきり自分勝手で贅沢なきものを作って
いただきたいと私は思います。

そのきものは、どんなきものでしょう?

ステンドグラスの10倍もすごい作品を見たいです。

そのための1億円をどうやれば集められるのでしょうね?


未分類 | 21:02:20 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢晃新作発表会
滝沢晃新作発表会がニューオータニで有りました。
沢山のきものを着た私は嬉しそうですね。

お越しくださいましたみなさま、有難うございました。
IMGP0467.jpg
IMGP0443.jpg
IMGP0486a.jpg
IMGP0488a.jpgga

未分類 | 11:28:15 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢先生の会
今日は、ニューオータニで滝沢先生の会が有りました。

先生の力作に囲まれて、あれを着たりこれを着たり、とても楽しい時間でした。

お越しくださいましたみなさまも、きもの三昧で、楽しんで下さったようです。

明日の午前11時から夜7時までニューオータニ4階ガンシップで開催中です。

素敵なお客様がお越しくださいました。
IMGP0469.jpg

未分類 | 22:11:57 | Trackback(0) | Comments(0)
笹島先生の着付
今日は、笹島先生の着付けのおけいこの日でした。

IMGP0349.jpg
相変わらずとっても格好良い先生の
メリハリのあるお声がお部屋にひびきました。
IMGP0350.jpg

形を教えるだけではなく、心も伝えることが必要です。

と、真剣勝負で愛情込めて教えて下さいます。

先生の鶴の帯はまた特に素敵で、みんなの目線が集まっていました。
IMGP0351.jpg
IMGP0352.jpg
IMGP0353.jpg

未分類 | 20:54:39 | Trackback(0) | Comments(0)
京都のすごい!染め帯が入荷しました!
京都のすごい!染め帯が入荷しました!
こちら

●旭日の帯
 お太鼓の部分を白抜きに地色を染めて
 太鼓の部分は仕上げ職人が地色とあわせながら
 ぼかし込みという技法を使い染め上げた作品です。
 IMGP0272.jpg
 ぼかしの合わせは非常に難しい技術で
 ムラなく染めるのは至難の技です。
 仕上げ職人は日本画の技術を使い柄を描いていくのですが
 この作品の場合は日本画のセンスに加え
 高等な染めの技術の両方を持っていないと染めることができません。
 現在京都でもこの両方の技術を持ち合わせた
 仕上げ職人はほとんどいないそうです。
 この旭日を染めた仕上げ職人はもう亡くなられてしまい
 その技術を受け継いだ人はいません。

●鯉
 IMGP0229.jpg

未分類 | 08:12:55 | Trackback(0) | Comments(0)
早朝ウォーキング
早朝ウォーキングを始めました。

今日で4日目です。朝そっと起き出して暗い中、歩きます。

いつまで続くかな?気分爽快です。

未分類 | 17:17:50 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢晃のステンドグラスの振袖
■実存するフランスのセント・チャペル教会をきものに!

 この↓ステンドグラスの振袖は、
  こちら

 あの滝沢晃の腕を惜し気無く発揮した傑作です。
 実存するフランス・セント・チャペル教会のステンドグラスの絵を
 そのままこのきものに表現しました。
 
■人が着る大作を作る困難さ

 このように、あるモチーフをきものにするときに

 背中の部分、つまり衣桁にかけた時は
 1枚のキャンパスに描くように柄をつなげることが出来ます。
003354-i25_20071112084530.jpg

 しかし、一番大変なのは、前の衿の部分です。
IMGP7546c.jpg

 後ろは上手く描けても、前が描けないことが有ります。

 ある有名な染め屋さんが発表したすごい作品が衣桁にかかって
 きもの雑誌に飾られていました。
 そのきもののすばらしさは、私の脳裏から離れません。

 しかし、そのきものは

    着られるものではありません

 とお聞きしたのが最近です。

 そのきものは、衣桁にかけて見せることだけを目的にしたものでした。


 後ろ姿に自由に絵のように描くことに対して
003354-i25_20071112084530.jpg

 前の面は、人の顔があることで絵が分断されます。
IMGP7549.jpg

 また、着姿として確立できなければなりません。
 衣桁にかけているだけでは絵と同じですが
 きものは、球体の体を持つ人間が着ます。


 大作なモチーフであればあるほど、着ることとの調和が
 取り難くなり作り手の手腕が問われるのです。


■滝沢晃の着る人への大きな愛情

 ところが、この滝沢晃のステンドグラスは

 絵として大きな存在感を持つきものなのに
 羽織った途端に、着る人が主役になります。

 それまで、ドーン!と存在した色柄の強さや
 ステンドグラスの華やかさが一辺で脇役に回ります。


 衿回りが、お顔に添う色柄になっています。

 色が日本人女性のお肌に実に良く合う色になっています。

 グレーとも紫とも茶色とも判断できないような
 アルマーニのグレーを深めたような地色が使われています。
IMGP7546c.jpg
 無地場が多く、胸周りをすっきり見せてくれます。

 帯の下から前も後ろもステンドグラスの柄が沢山入って豪華さを出しています。
IMGP7557.jpg

 袖の部分は、これぞ、振袖!と言いたくなる様な見事さです。

 フランスにあるセントチャペル寺院の壁面が
 ドーン!とここに現れたようです。(^o^)
003354-i26.jpg

 その柄が生かされながら、着る人を主役にする!

 これは、とてもとても大変なことだと私は思います。

 どんなお顔がその衿元に入るか分らない。

 どんな体型の人がこのきものを着るか分らない。
 
 だけど、分らないでこれだけのことは出来ません。

 着る人のことを追求し

 日本女性に似合う色合いを知り、その色を作り出し
 女性を美しくするレイアウトやバランスを知り、それを作り出した。

 その偉大な作り手が、滝沢晃です。

 私は、滝沢晃の、着る人への大きな愛情を感じます。
 

■丸2年の制作時間

 このおきものは、刷毛で仕上げた部分がほとんどありません。
 糸目と友禅で多くの部分を染めています。
003354-i11.jpg
003354-i12.jpg

 普通の訪問着の何百倍もの神経や時間がかかっています。
 草稿から約2年を要して出来上がりました。

 滝沢晃が作った3作目のステンドグラスですが、このステンドグラスが
 一番凝っています。
 

■コーディネートで
 メチャメチャ可愛く上品な振袖とノーブルな奥様姿の訪問着に


 このすごい!ステンドグラスの振袖を私が二人のモデルさんに
 コーディネートさせていただきました。

 一人は、パリコレで活躍なさっている40歳代の凛とした
 美しいモデルさん宮本はるえさんとおっしゃる方です。

 ステンドグラスの振袖は、2枚の袖が有ります。

 振袖としての長い袖とは別に、訪問着用の短い袖があるのです。
 その袖で、訪問着として着ていただきました。

 帯は、グレーの無地感覚の光る帯です。
 私がお茶会で着た↓のような帯です。
071019_115102a_20071112140353.jpg

 そして↓の更紗バッグを持ち
003522-i01.jpg

 しっとりした金のお草履を履きました。
003523-i01.jpg

 ノーブルに!ノーブルに!エレガントでハイソな奥様姿が出来ました。

 そして、お袖を振袖にして

 今度は、20歳のとっても可愛いモデルさん仲川希良さんが
 メチャメチャ可愛く上品に着て下さいました。

 衿元にピンクの可愛い刺繍の半衿
 その可愛さを引き立てるための濃いピンクの伊達衿
 それらの可愛さを おきものに対して際立たせるための黒い伊達衿 

 が1つの見せ所です。
 
 次に、帯揚げは、襟元のピンクと同じ色合いの絞りのピンクと白を使いました。

 帯締めは、キリリ!とさせることで凛とした可愛さを出せる
 黒い丸ぐけを使いました。2

 レースの可愛いビーズバッグと
003519-i01.jpg

 刺繍のピンクの鼻緒の銀のお草履が脇役です。
003524-i01.jpg

 11月20日発売のきものサロンにこの姿が掲載されます。

 どうぞ、是非ご覧下さい。

未分類 | 08:50:08 | Trackback(0) | Comments(0)
裕子様のウェディング帽子
094450.jpg
大阪の裕子様から挙式のご報告をいただきました。
ウェディング帽子を作らせていただき、こんなに素敵にかぶって下さいました。
c031t400.jpg

c078450.jpgc085450.jpg

・・・・・・・・・ 裕子様から ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月28日(日)に無事、結婚式を挙げることができました。
チュールベールは友人の間で大好評で、本当に素敵なものを作っ
て頂いて感謝しております。私達の結婚式のこだわりの部分だったの
で、大変思い出深いものとなりました。
またいつか、同じようなものをお求めになられる花嫁様がいらっしゃる
ことを願っています。
本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裕子様、ご結婚おめでとうございます。
ご連絡を有難うございます。

ますますのお幸せをお祈りしています。


未分類 | 20:42:59 | Trackback(0) | Comments(0)
自分勝手にわがままに
今、滝沢晃先生は十日町の工房で、今月半ばから始る個展のための作品作りに
専念していらっしゃいます。

先生の個展は、いつも「自分勝手にわがままに!セルフィッシュあきら個展」と命名されます。

先生!そんなにいつも自分勝手が出来て無いのかなあ~(笑)

とにかく、滝沢晃先生が大作に挑戦なさっています。

その作品の何点かが、ニューオータニときもの人のオフィスで発表されます。

先生の作品は、自分自身でさえ知らない新たな自分を引き出してくれることが多いです。

自分で、「これが似合う」とか「こんなきものが良いのよ」って思っていることの
裏をかかれます。

だから、時々(私にとっては多くの場合ですが)

「だってえ~。先生!」とか

「貴女は僕の言うことを聞かないんだから」
 
というような会話になります。

例えば、私に似合うきものを先生が選んで下さると

「ええっ??」

「これが、私に似合うんですか?」って言うようなことが結構多いのです。

ところが、そのきものを持って、何人もの人に聞くと

「似合いますよ」「女将さんらしいです」って言われます。

つまり、先生は、私が選ばない私自身を引き出して下さって
その自分が、良い感じなのです。(^▽^)

そしてまた、その着姿が多くのお褒めをいただきます。

そのことから、滝沢先生の作品作りの上手さと「似合うことを知っている」ことを
分らされます。

ですから、滝沢先生にお会いするたびに、「私に似合うおきもの、有りますか?」

ってお聞きしてしまいます。

お茶会の時の紫の無地感覚の訪問着も滝沢先生のものでしたし

紀尾井ホールでのクラシックコンサートにも、滝沢先生の白い市松の訪問着を着て行き、その選択はとても正しかったと思いました。

そんな滝沢先生の新作発表会がございます。

自分勝手にわがままに!セルフィッシュあきら個展


■日時:2007年 11月15日(木)16日(金)

     11:00~19:00(18日は15:00 迄)

 場所:ホテルニューオータ二東京 
    ガーデンコート4階 ガンシップ

■滝沢 晃 in きもの人

日時:2007年 11月24日(土)~26日(月)
    11:00~18:00
場所:日本橋 きもの人


未分類 | 19:46:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コーディネート講座
今日のコーディネート講座は、とても楽しかったです。
コーディネートのことをお伝えするにしても、一般論ではつまりません。

きものが似合うということは、どういうことか?
IMGP0161.jpg
色・柄・素材の異なる沢山のきものを、比べながら、自分に当てて
鏡と他者の目を通して、特に衿周りと全身を見ます。
IMGP0117.jpg
IMGP0116.jpg
その見た感じを、好きか嫌いか、着たいか、着たく無いかを判断します。

次に、お茶会、お食事会、コンサートなどにシーン毎に、合う、合わないと追求します。

ご自分が合うと思っても、周囲の方の意見が違うことも分ります。

ご自分のお持ちのきものや帯が、どの程度合うのか?どんな工夫をしたらもっと
使いまわせるのか?と追求して行きます。


次回は、それぞれのシーンに合わせて、ご自分のきものや帯、小物をお持ちいただくことになりました。

12月にシンガポールのクルージングを予定なさっている方がいらっしゃいます。

シンガポールって11月は、どんな気候?
その船は外人が多いの日本人が多いの?
外人好みのおきものって、どういうの?

歌舞伎やお芝居、お友達と池袋や新宿、渋谷でランチのお食事の時に
きものを着られる方がいらっしゃいます。

その方が、ご自分を一層素敵に見せるのはどうするの?
今日お伝えしたポイントを考えながらコーディネートしてみてください。

これが、次回への宿題です。
ご自分のお持ちのきもの・帯・小物の中で、どれをどう使えば最適になるでしょう?

コーディネートって何て楽しいのでしょう!


未分類 | 17:23:32 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、コーディネート講座の日です
京都は少し寒いほどでした。
雨も降ったのですが、傘はささなくて済みました。

京都から帰宅したら、大阪の息子からお菓子が贈られていました。

紫芋で作ったレアチーズケーキで大阪限定販売のものらしいのです。
山椒しらすと一緒に送られて着いて、「ほお・・・っ」(^o^)

母親にとって、息子のイメージは5歳の時から成長していない

というのが多くのお母様の本音ではないでしょうか?

でも、本人には言えませんけど。

福島ののりえ様から柿を送っていただきました。
のりえ様、有難うございます。

秋ですねえ~。

今日は、コーディネート講座の日です。
こちら



未分類 | 11:49:31 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は大阪に来ています。
今日は大阪に来ています。
DIY専門通販サイト和気産業様 http://www.e-classy.jp/
を訪問させていただいています。

活気に満ちた社内から、この会社の姿勢というようなものが感じられます。

この壁は、タイルを張っているだけで
IMGP2795.jpg

床のタイルも置いているだけで、貸し出しもしてくださるそうです。
IMGP2796.jpg

お話下さる事業部長さんと担当の石井さんのお話から
会社と製品を愛する気持ちが溢れていて感動いたしました。
IMGP2801.jpg
IMGP2798.jpg

この愛情が肝心なのだと思います。

↓このアンティック丁番は、素敵ですよね。
http://www.e-classy.jp/proshop/ro0010.html


未分類 | 22:02:12 | Trackback(0) | Comments(0)
笹島先生の古希の会
11月3日は、笹島先生の古希の会と20冊目の出版記念の会が
霞ヶ関ビルで開催されました。
071103_140035.jpg
100名近い方々がきもの姿でご参加なさいました。

笹島先生の魅力に魅せられて
笹島式着付けに大いに助けられた方々がとても暖かい気持ちで集い合いました。

きもの姿と有って、お互いにきものを拝見しあいました。(笑)
071103_135717.jpg
071103_142639s.jpg
「まあ、素敵!そのおきものは何ですか?」
「帯が素敵ですねえ~」とあちこちで言い合っていました。

私はスワトウの訪問着を着ました。
071103_141918.jpg
時間が無くて準備不足で、コーディネートに満足できませんが
素敵な会に参加させていただき、とてもうれしい時間でした。

笹島先生、おめでとうございます。

未分類 | 07:58:01 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。