09月 « 2008/10 » 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コンサルタント
私にはすばらしい経営コンサルタントがいます。

何か困ったときに相談させていただくと、本当に本質を捉えたすばらしいアドバイスを下さいます。

こんがらがった頭がいっぺんに軽くなります。

すばらしい着付けの笹島先生やセンスの良いヘアーの岩井さんや
本当に沢山のすばらしい方々に助けていただけていると思います。
感謝!感謝!です。

きものライフコンサルタントとして、私も皆様のお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーサイト
未分類 | 08:26:13 | Trackback(0) | Comments(0)
歌舞伎のきもの着付け
11/23の歌舞伎のきもの着付けが好評で、まとめて5名お願いします!

という方もいらっしゃいます。

限られて時間内に着付けますから、お申込み先着順で着付けをさせていただきます。
遅いお申込みの方ほど、早い時間にお越しいただくことなります。

また、着付けボランティアさんを追加募集いたしますので、
補助の方でも結構ですので、是非お申込みくださいませ。

とっても楽しみな11月23日の歌舞伎見物になりました。


未分類 | 18:40:56 | Trackback(0) | Comments(0)
手織りの袋帯
素敵な手織りの袋帯が入荷しました。

今、質が高くておしゃれな帯がとても人気が有ります。

そんな帯で、大きく着こなしに差がつきますね。

IMGP1483.jpg
IMGP1504.jpg
IMGP1531.jpg
IMGP1568.jpg
IMGP1583.jpg

未分類 | 08:10:37 | Trackback(0) | Comments(0)
モロッコで沢山遊んだので、
モロッコで沢山遊んだので、今は沢山仕事をしています。

と言っても、私の仕事は、これ以上面白いことは無いっていうようなものなので
本当に楽しいのです。

11月の歌舞伎には沢山の皆様のお申込みをいただき有難うございました。

この秋を存分に楽しみたいですね。

未分類 | 07:38:19 | Trackback(0) | Comments(0)
華道家 假屋崎省吾の世界
きものでこの秋を沢山楽しみたいですね。
目黒雅叙園で開催中の「華道家 假屋崎省吾の世界」の
招待券が3枚ございます。

ご希望の方に先着順で差し上げますので
shop@kimono-bito.com までお申し込み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目黒雅叙園では今年も、「華道家 假屋崎省吾の世界」を
園内「百段階段」にて開催します。
9回目となります今年は、~飛翔~と題しまして、
創業80周年を迎えました目黒雅叙園と、假屋崎省吾氏の
華道暦25周年を記念した特別企画です。
部屋ごとに趣の異なる意匠か゜施された「百段階段」と、
見る人々を魅了し力を与える、凛として華麗な作品の
数々をご覧いただけます。
昭和の竜宮城とも呼ばれ、日本の伝統美を受け継ぐ
色彩空間「百段階段」を舞台に、天才華道家 假屋崎省吾氏が
紡ぎ出す、豪華絢爛な華の世界を、ぜひご堪能ください。

日時:10月24日(金)~11月9日(日)

入場料:1,000円(税込み)

場所:目黒雅叙園
東京都目黒区下目黒下目黒1-8-1
TEL 03-5434-3140
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未分類 | 23:13:45 | Trackback(0) | Comments(0)
歌舞伎見物2
続、斉藤さんからの第2弾です。

IMGP6258.jpg



3.11月の歌舞伎座
昼の部
一、 盟三五大切
 
作者は鶴屋南北。四谷怪談を書いた人で有名です。
このお話も四谷怪談の続編となります。

この南北さんという人は、人の細かい心の機微を表現するのがとっても上手なんです
ね。だから、きっとそれが度が過ぎてどろどろしたものができあがるのではないでしょう
か。

人間描写、笑い、
人の手を次々に渡っていく百両の金をめぐる不条理
2つの場面での凄惨な殺し・・・・など・・・見所です。

南北さんのちとよくないところは、人間描写が細かい分、内容が複雑になり
理解がむずかしくなるというところ。
ま、それは、イヤホンガイドでリアルタイムで説明を聞くのがよいと思います。

初心者、外人さんの歌舞伎観劇には、必須アイテム‘イヤホンガイド‘

二、 郭文章

タイトルどおり廓のお話。

舞台きれいです。これだけでも夢の世界です。

この演目は、初代坂田藤十郎のお得意の上方歌舞伎。
今回は当代藤十郎が演じるのが見どころです。
ちと暑苦しいかもしれません(笑)好き嫌いがわかれるかも・・・!?

和事と呼ばれる・・・いわゆる・・やさ男が主人公のお話です。
いいとこのぼんぼんが、家の金を使い果たし、でも、郭遊びをする・・
なぜかこんなやつのほうが、もてるのですね。・・・

お金がないから紙の着物を着ている。だから字が書いてある。
昔は、こんな遊ぶをしていたのどかな時代だったのだと
舞台の華やかさをいっしょにお楽しみください。

廓の演目は、見ているだけでもウキウキしてくるので、お勧めです。


4.歌舞伎の見方

歌舞伎って、チケット代が高い、話が難しい、時間が長い・・などなど・・と言われ
ます。これがなかなか歌舞伎をみない理由にもなっています。

ここ数年好むと好まざるにかかわらず
毎月ノルマのように歌舞伎観劇をしている私としては・・・・・
見ようによってはどこでもどんなところでもどんな心境でも楽しめるということ。

---- チケット代。
安い席は、だいたい2,500円。
花道が見えないとか役者さんの顔がみえないとかのデメリットがあるけど
  全体が見えるし、安いし、なんといっても寝てしまっても後悔しない(笑)
  この席は、いわゆる‘通‘の方(毎日通うつわものも・・厳密には幕見をしてま
す)がいるし、
  大向こうさん(いい場面で‘よ!中村屋!などといってます)をまじかで聞ける
し・・楽しいです。

  ---- 時間が長い
 これはね・・・私もきついです。
でも、幕見という1つのお話だけ見ることもできます。700円とか1,000円です。
こればっかりは・・楽しみを一つでも見つけてがんばる!
または、心地よく寝る!(私のパターンです。実は・・・(笑)

---- 内容が難しい
  何年も観劇している方々でもわからないものはわからないといってます。
  それはですね、何十話あるお話の人気のある一話しか上演されないので
  前後の話がわからないために‘ようわからん‘状態になります。
  また、元々の話が矛盾していてよくわからない。
  
  もう、これらは、しょうがないです。
  
  ということで、私流(!?)歌舞伎の楽しみ方

  *舞台や衣裳の華やかさを楽しむ    *おいしいお弁当やおみやげ探索を楽
しむ(笑)
  そして、一番は、お気に入りのイケ面を探す(笑)
  御曹司たちは、もちろんのこと、お弟子さんたちもなかなかすてきです。
  あなただけのこの人探しをしてみるのはどうでしょうか(双眼鏡持参必須!)

時と場合によっては、今の流行がとりいれられたりします。
 
9月は、鼠先輩のマネがでたり、
今年2月の東京マラソンの日は、役者さんがマラソン応援旗を持って花道を快走。
歌舞伎で大いに笑い、大いに泣いて、ストレス解消しましょう。

最後に・・・
歌舞伎は伝統文化です。
代々のDNAを受け継ぐ役者さんが演技と心意気を今の世まで継承してきました。
でも、いくら役者さんががんばっても見る人はいなければ意味がありません。
そう!私たちが観劇すること。これも継承の一手をになっているのです。
これってすごくないですか!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

斉藤さん 有難うございました。

今日にでも募集定員に達しそうですので、ご参加ご希望の方は
お早めにお申込みください。

ご参考までに、3階席から見た歌舞伎座は、こんな雰囲気です。

IMGP6248.jpg



未分類 | 06:44:01 | Trackback(0) | Comments(0)
11月23日の歌舞伎見物に私たちをエスコートしてくださる斉藤さんが
歌舞伎についてメッセージを下さいました。

前回、私たちは、斉藤さんの話を5分聞いただけで
人生に歌舞伎を取り込んで存分に楽しんでいる自分の姿をイメージできました。

斉藤さんの大きなわくわくが、私たちにも伝染しました。
そんな斉藤さんが23日も私たちを導いて下さいます。

斉藤さん、よろしくお願いします。


・・・・斉藤さんより・・・・・・・・・・・・・・・・・

   1.歌舞伎への一歩
   2.歌舞伎と私(題:歌舞伎に思いっきりはまってます!)

次回は
   3.11月の歌舞伎座
   4.歌舞伎の見方     を予定しています。




1. 歌舞伎への一歩

‘ 歌舞伎‘ って興味あるけど、内容が難しい、チケットが高い、上演時間が長
い・・・
 と思われている方がほとんどだと思います。
 確かにその思いはあたってます・・・というか・・・あたっているところもありま
す。
 
 また、中には着物が着れるようになったら、歌舞伎を見に行きたいという方も多い
と思います。

 そんな気持ちで歌舞伎体験をしないのはもったいない!!

 そんな気持ちは今日から脱ぎすて、自由な気持ちで是非歌舞伎をみてほしいと思い
ます。

 江戸時代には、歌舞伎は庶民の最大娯楽で、
 お弁当たべたり、お酒を飲んだり楽しみながらの観劇でした。
 今はケータイやコンビニの袋のカシャカシャ音を注意され、演技中は食事をするの
はむずかしですが・・

 こんなに歌舞伎が高尚なったのは、世間一般にいわれているだけのような気がしま
す。
 歌舞伎って着物きたちょんまげゆったりしてるけどミュージカルなんですよ。
 
 東銀座の歌舞伎座をご覧になったこことは、あると思います。
 この伝統ある歌舞伎座(120年です!)2010年4月をもって、
 老朽化、再開発のために取り壊しになります。大変さびしいかぎりです。
 古いので不便もあるのですが、趣があるんですよね。
 中の照明、現在の技術をもってしても再現は難しいため、これは必見です。
 
 他のお芝居やミュージカル、コンサートに行くような気持ちで歌舞伎デビューをし
ましょう。
 
 ただ、初心者のかたは、歌舞伎好きのお友達に見やすい演目を教えてもらったほう
がよいと思います。
 そんな人いない・・・という方は、まだ、勉強中の身ですが、私が多少なりともお
手伝いさせていただきます。


2. 歌舞伎に思いっきりはまってます!

 私のご贔屓は、十八代中村勘三郎さんです。

 いわゆる追っかけに限りなく近いです・・・が・・ひょんなことから2007年NY公演
をお手伝いする機会に恵まれ、片足半分中村屋ファミーにいれてもらってます。
(と思っているのは私だけか も知れませんが)

 以前から日本舞踊を習っている友人のお供や、外人の同僚のお供で歌舞伎は年に数
回みていました。

 そのころは、それほど興味もなく、どちらかというと劇団四季やミュージカルには
まっていました。
 
 しかし・・・・・・!
 数年前、父の死、リストラ、祖母の入院など、とにかくこれでもかと悪いことが起
こりました。
 そんなどん底の気分の時に、とっても軽い気持ちで1月の浅草新春歌舞伎を見に
いったのです。
 
 ほんと気ばらしに・・でも、普通気晴らしに歌舞伎行きませんよね。
 私浅草に住んでいて、浅草歌舞伎は、散歩がてらにいけるのです。
 で、ぶらっと。これも何かのご縁ですかね。

 そこで、衝撃の出会い。

 勘三郎さんの二男、七之助の‘鏡獅子‘・・なんときれいなことか・・・・
 心うばわれ、
 劇場をでるときは、心が明るくなっていました。
 
 この時ふと、よし!今年は歌舞伎をたくさん見てみよう!
 となぜか新年の目標をたてたのでした。
 
 おしりもおりし、この年3月、勘九郎さんが勘三郎を襲名する公演が華々しく行わ
れました。
 これが私の歌舞伎大好きになるきっかけでした。
 
 見れば見るほど歌舞伎の魅力とりつかれ、
 ことに勘三郎さんのパワーには毎回たくさんの元気をもらいました。

 そして襲名披露最終の地‘京都南座‘ 忘れもしない2006年12月26日。千秋楽。
 
 その日は朝から大雨でした。
 が、南座は人・人・人・ごったがえしていました。
 2年間という襲名披露。
 息子さんの不祥事、お弟子さんの死などなど・・・
 いろいろなことがあり、襲名のご挨拶をする口上では、役者さんも観客のみんな
涙・涙・涙でした。
 
 そして最後の演目は‘娘道成寺‘ ほんときれいだった。
 今でも思い出すと涙があふれ、その時の情景がありありと浮かんできます。

 この人と同じ時代に生きていてよかった!ほんとに幸せ!最高!そう思いました。
 
 この時に心が戻るとどんなに苦しいことや辛いことがあっても元気に前向きになれ
る自分が出来上がりました。
 
と・・・自己陶酔にはいってしまいました。
まだまだ、話はたくさんあるのですが、いろいろなことが絡み合い歌舞伎に魅される
続ける私です。
 そんな感動をいっしょに体験しませんか?


みなさまも、是非ご参加下さいませ。
参加お申込みは、こちらから

未分類 | 23:07:04 | Trackback(0) | Comments(0)
11/23 歌舞伎はお早めにお申込みください
11/23の 歌舞伎はお早めにお申込みください

歌舞伎座は最近とても人気が高くて
席が取りにくくなっています。

是非お早めにお申込みください。

3階席(4200円)を20席確保していますが
定員になり次第締め切らせていただきます。

ボランティアさんのきものの無料着付けも好評です。

こちらからお申込みください。


未分類 | 16:37:57 | Trackback(0) | Comments(0)
クリスマスワインパーティ
12月の笹島先生の半衿付け講習とクリスマスワインパーティの
内容が決まりました!

是非みなさま、お越し下さいませ。

■笹島先生の半衿付け講習とクリスマスワインパーティ

 日時:12月14日(日)

   10:30~11:00 笹島先生の半衿付け講習

          美しいきこなしの最大のポイントは半衿にあり!
          とおっしゃる笹島先生に半衿付けの
          ご指導をしていただきます。
          
          (皆様にお持ちいただくもの)
           長襦袢 半衿 針と糸

           衿芯とハギレ:衿芯は特別なものなのでこちらでご用意します:1000円

   11:00~11:45 笹島先生のお手入れの仕方講習
 
          きものはベンジンでお手入れして
          毎回アイロンをかけて着ていらっしゃる笹島先生の
          お手入れ方法を実演などしていただきます。
        
          定員30名 会費:3000円

   12:00~13:30 水天宮散策
   14:00~17:00 クリスマスワインパーティ
          各自1000円程度のクリスマスプレゼントをお持ちください
          プレゼント交換が有ります。
       
          ワインソムリエ早川様のワインとお食事相性のお話が有ります。
          素敵なゲストも予定されています。

          定員30名 会費:5000円 笹島先生の講習にご参加の方は4500円
          ドレスコード:クリスマスの緑か赤の色をお召しの衣の中に
                 必ず加えてください。
         
  場所:日本橋きもの人 7階
      東京都中央区日本橋蛎殻町1-6-9
      日本橋岩山ビル
      TEL 03-5652-6868
       地図



未分類 | 10:10:52 | Trackback(0) | Comments(0)
これからきものライフコンサルティングを受けられる方々は、様々な状況でいらっしゃいます。

着姿をどうすればもっと素敵になるか分からないとおっしゃる方が多いです。

新しい何かを加えるとしたら、それがきものなのか帯なのか小物なのかも難しいところです。

ご自分のライフスタイルの中で、きものとの関係を見つめなおしていただくことが必要になります。

中には、コーディネートの上級編に入られる方もいらっしゃいます。


今日は、モロッコできもの一式を拝見させていただいた方に合う
帯締め・帯揚げを探しました。

お持ちの多くのきものと帯に対して2色の帯締めが有れば
とっても素敵に着まわしていただけると分かりました。

面白いですね~。

これは、ご自分で選ばれるきものや帯の傾向が決まっているので
その調整役としての帯締め・帯揚げの色も決まってくるということです。



未分類 | 16:52:56 | Trackback(0) | Comments(0)
11月1日は
11月1日は、WWB主催 宮崎で開催の女性起業家交流会で講師をやらせていただきます。

宮崎でご都合が付く方は、是非ご参加ください。

未分類 | 16:38:30 | Trackback(0) | Comments(0)
可愛い小紋と袋帯
今日、とっても可愛い小紋と袋帯が入荷しました。
織でこんなに繊細に可愛さをだした帯、良いですね。

IMGP0005_20081022151500.jpg
IMGP0008a.jpg
IMGP0010a.jpg

未分類 | 15:22:59 | Trackback(0) | Comments(0)
11月23日の歌舞伎
11月23日の歌舞伎は、とっても面白そうだし、連休中なので是非行きたい!っておっしゃる方が多いです。

演目は、忠臣蔵のひとつのお話を下敷きにドロドロした人間の欲得の世界を描いた四谷怪談の後日談と上方(関西系)歌舞伎のカップルの代表の一組、夕霧・伊左衛門のお話です。

お洋服ですみません!

とおっしゃる方も、もちろん結構ですが、おきものをご持参くだされば
ボランチさんのご協力を得て、無料着付けをさせていただきます。

歌舞伎座の老朽化などから、取り壊しも近いという話が聞こえます。

ぜひ、今の情緒ある歌舞伎座でご一緒に歌舞伎見物をいたしましょう。





未分類 | 13:30:43 | Trackback(0) | Comments(0)
照明
改装して広々とした空間とベランダに続く小さな庭は、本当にほっとした安らぎを与えてくれます。

この空間をなんとか和にしたいと思うのですが

照明を和にすることが難しいと判断しました。

和紙などを取り入れれば、照明の明るさに限度があり

それは仕事をする上で、明るさ不足になります。

どこまでそれが許されるかと、ずっと考えていて

やっぱり無理だと思いました。

シンプルで明るい照明になることでしょう。

光を和紙で 明かり に変えることが出来ます。

撮影などで光が必要ですが、光は 風情に乏しいのです。

私のこの想いや状況を、和紙のプロ島田先生と連日語り合っています。

島田先生は、その上で和紙をセレクトして、耐熱性などの状態を整えてくださいます。


未分類 | 08:21:15 | Trackback(0) | Comments(0)
草履選び
草履選びはどうするの?

と、言いますと、私は、その方にお似合いで
お持ちのおきものや帯に合うものを
草履の台と鼻緒でお選びしてお作りしています。

これもコーディネートなのですが、その方らしく、お持ちのきものや帯に使い回しが出来るって
いうことはとても重要なことです。
もちろん、格や、どう見せたいか?ということも含まれます。

今のままのあなた、を形にするのでは、一層素敵にならないので、
どう見せましょうか?

ということになります。

季節が変わり、日差しが変わり、必要な色が変化して
濃い色のお草履が必要になってきましたね。


未分類 | 18:52:09 | Trackback(0) | Comments(0)
12月14日クリスマス会
12月14日(日)昼 クリスマス会を日本橋きもの人で開催いたします。

ソムリエの早川さんが美味しいワインを選んでくださって
ワインの楽しみ方を教えてくださいます。

私は、料理に専念します。

ワインに合う料理って何でしょうか?

きもの姿でご参加の方もいらっしゃるでしょうから
みなさんで人形町や水天宮を少し散策してお食事会です。

クリスマスプレゼントを何かお持ち下さいませ。

是非みなさまご参加下さいませ。



未分類 | 16:44:12 | Trackback(0) | Comments(0)
照明
改装して部屋の照明とカーテンがまだ付きません。

和紙風で素材感をいかした白っぽいものにしたいのです。

天井は、和紙を周囲にまきつけるために、こんな古木のものを付けました。
この周囲に白い和紙を巻く予定です。
IMGP0625.jpg

これは天井部分の照明です。

もう1セットの古木は、床に置けるようにしました。

IMGP0628.jpg


この周りに和紙を巻きます。

耐熱性があるように和紙に柿渋を塗ったら、色が濃くなりました。

IMGP0629.jpg


白い和紙で出来ないかと思っています。



未分類 | 18:32:19 | Trackback(0) | Comments(0)
染め帯
きものライフコンサルティングを受けられたO様は、お持ちのおきものの多くに合う帯を探されました。
が、十分なものに出会うことがご予算内では難しかったので
染め帯をお作りすることになりました。

その帯が出来上がって感想をいただきました。
O様、有難うございました。

・・・・O様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大好きな着物の仕事ではありますがやはり帰りにはよれよれに疲れてしまいます。
まだまだ大先輩の着付師の方々のように余裕を持てるところまでは。。。。。。一生ないのかな。

 その疲れた頭と体、気持ちを落ち着けて(染め帯の)箱を開きました。
やっぱりすごいですね。風格があります。

このすばらしい帯がついに私のところに来たのです。
嬉しくて嬉しくて着物への力がまたまた漲ってきて明日もがんばろうと思いました。

私にこの帯との縁を与えてくださった女将さんに感謝申し上げます。
ありがとうございました。


コーディネート | 14:44:21 | Trackback(0) | Comments(0)
私がコンサルティングを行う時に一番重視して、時間がかかるのは

その方の想いとの調整です。

こうすればとてもお似合いなのに!という周囲の一致した見解と

私はこう有りたい!

という希望は必ずしも一致しないのです。

それを前者に無理に合わせることは出来ません。

ご本人の想いを尊重しながら、客観した時のご自分を少しずつ分かっていただきながら

コーディネートを進めます。

また、ご本人の言葉と想いの食い違いも大きいのです。

キャリアウーマンは、ピンクは着ません。

と言いながら、ビジネススーツとは違った優しさをきものに求めたりしますから
実はピンクを着たいことも往々にして有ります。

いったい、どっちなの??

という訳ですが、それもコンサルティングの重要な部分です。

ご自分でご自分の在りたいきもの姿をしっかりつかめるようになるまで
エスコートさせていただきます。

それが、きものライフコンサルティングです。

未分類 | 07:24:47 | Trackback(0) | Comments(0)
N様 有難うございました
土曜日の笹島先生の着付けは、いつも生徒さんに
ものすごいエネルギーを与えて下さっています。

天からの使者 織り姫様の笹島先生
いつも有難うございます。

参加者N様からのメールです。

・・・・・・N様 有難うございました。・・・・・・・

着付け教室、とても濃密な?濃厚な?時間ですね。
先生は「ピシャッとしちゃうのよね」とおっしゃってますが、
こちらは自分のやっていることに体が集中してしまっているので、

何か注意されても体が動かないので、刺激されることで動くというか、、、
まあそんな感じなのです。

かなりの興奮状態のようです。
帰りの電車の中で手がお稽古していたり。。。。

夜は寝つけなかったり。。。。
う~ん、先生のエネルギーを吸い取ってしまっているような
・・・あ~あどうしましょう(ガーン!!

先生はとてもお疲れになってしまうでしょうね。。。(涙

翌朝は筋肉痛になっていたりしますので、
やはりかなり体に力が入っているようです。。。

といいつつ今朝もまだ興奮しているようで。。。
とにかくすごいんです。

とことん先生について行きます!!

未分類 | 20:51:19 | Trackback(0) | Comments(0)
着付けとコーディネート講座
土曜日は、着付けとコーディネート講座の日でした。

コーディネート講座では、私は参加者の方々に
伝えることで多くのことを復習しなおしてもいます。

絶対に、帯から先に選んではいけません。
IMGP0585.jpg

まず、お顔映りの良いきもので
次に、貴女ときものに合う帯です。
・・・

と話しながら、自分でも、それをどんどん確信していきます。(笑)

人は、本当に鏡が必要ですね。

自分の考えなどをぶつけて、再度自分に返ってくるものがいるのです。

きものライフコンサルティング
では、私が皆様の鏡になります。

秋の特別 きものライフコンサルティング

残り1名の募集になりました。
お早めにお申込み下さい。


未分類 | 20:45:42 | Trackback(0) | Comments(0)
先着限定3名様
昨日は、私がきものライフコンサルティングをさせていただいたI 様が
そのきもの・帯・帯締め・帯揚げ・草履・バッグで綺麗にヘアと着付けをして
雑誌の撮影を受けて下さいました。

その完璧な美しさに、うっとりして感嘆するばかりでした。
周囲の方、みなさまから多くの賞賛をいただいていました。

本当に、私は嬉しかったです。

女優さん以上に美しくなられたI様に見とれていました。

IMGP0502.jpg

IMGP0467_20081018185000.jpg

IMGP0473.jpg


この感激を新たに、もっと多くの方に
秋のきものを素敵に沢山着ていただきたいので
下記のように行わせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きものライフコンサルティング

先着限定3名様
今月来社可能な方だけに

通常価格52500円を6800円で行わせていただきます。

お申込みは、shop@kimono-bito.comまでご連絡ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




未分類 | 12:20:31 | Trackback(0) | Comments(0)
和紙
モロッコから帰国して2日後に京都だったので体調が持つかしら?

と心配していたのですが

時差ぼけは全く無く、京都の日帰りもスムーズでホッ!です。

改装した部屋の明かりとブラインドを和紙にしたいと思い
ズーッと考えています。

明かりは、手すき和紙を手縫いした島田康子さんの紙を古い木枠に巻いて1つ出来ました。
とてもよい感じです。

IMGP0532.jpg

明るい窓の光をさえぎるブラインドを和紙で作りたいと島田さんと話し合っています。

未分類 | 08:15:47 | Trackback(0) | Comments(0)
きものサロンの撮影でした
今日は、京都できものサロンの撮影でした。

早朝から京都に向かい撮影です。

京都での撮影と言えば、市田ひろみ先生の美容院です。
京都ホテルの横の市田美容室で着付けとメイクを行いました。

伺ったら、ひろみ先生がいらっしゃったので、ビックリ!しました。

とてもお若くてお綺麗です。

撮影は、由緒ある染め屋さんで行いました。

気候がよく、とても快適な中、ルンルン気分で撮影が進みました。

11月20日発売のきものサロンに掲載です。
IMGP0494.jpg

IMGP0508.jpg

IMGP0513.jpg

4カットの撮影で、玄関や屋外での撮影もありました。
近所の方々が見に来て下さいました。

終日お世話になった染め屋さん
東京から駆けつけて下さったみなさま、
市田美容室の皆様、カメラマンさん
みなさま、本当に有難うございました。


未分類 | 21:56:47 | Trackback(0) | Comments(0)
モロッコ
モロッコから帰国しました。東京は雨の夜です。

今回の旅行は、今までで一番快適な旅になりました。

エスコートしていただいた節子さんの友人でモロッコ全権特命大使の広瀬さんに大変お世話になり
首都ラバトやフェズを見学しました。

フェズの旧市街を案内してくれた日本語ガイドさんは、「私たちは今、21世紀に居ます。あの門の向こうは13世紀です」と言いました。
本当にそこは、別世界でした。

国民のほとんどがイスラム教徒で、コーランのお祈りを1日5回行います。
大人の女性は、頭からすっぽり民族衣装を着ています。

町は、観光で反映する21世紀と、先住民族ベンベル人の古い生活が混沌としています。

宗教・風土・国家・産業・衣装など多くのことを感じさせてくれた旅でした。

RIMG0012.jpg
RIMG0017_20081014230646.jpg
RIMG0025_20081014230709.jpg
RIMG0035.jpg
RIMG0050_20081014230833.jpg
RIMG0052.jpg
RIMG0123.jpg
RIMG0346.jpg
RIMG0362.jpg
RIMG0420.jpg
RIMG0460.jpg

未分類 | 22:39:23 | Trackback(0) | Comments(0)
morokko
morokko ni tukimashita

hikouki wa totemo jyuncyou ni tobimashita

kikou wa kaiteki de sawayaka desu

kyou hotel no soto wo arukimashita

chian mo yokute omoshiroi zakka ga takusan arimasu

silver seihin ya kawa no surippa ga tanoshii desu

PC ga tukaemasen

kyou wa morokko taishikan ni idou simasu


未分類 | 13:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
歌舞伎のときのきものを
歌舞伎のときのきものを何を着ていくか?と言いますと
かなり難しい問題かもしれません。

訪問着や付け下げで華やかになさる方もいらっしゃいます。
歌舞伎見物は、華やかな晴れの遊びの場所でもあります。
役者の目を引きたい方々は
舞台の役者さんから目立つ訪問着であったり付け下げだったりします。

どれだけ自分がファンであるかを舞台の役者さんにアピールしたいということも有ります。

しかし、役者さんの奥様たちは控えめな小紋感覚のおきものですし
自分らしさをそこなわず、一層私らしくて素敵!
を出していくには、いろいろに気回しができる小紋感覚のきものをまず用意することです。

まず、自分らしさを大切にして気回しが効く小紋などがお薦めです。

次に、季節や歌舞伎の演目に合った帯や小物で
歌舞伎座にふさわしい自分らしさを一層作り上げて行くことです。

演目とご自分らしさを考えて
その作りこみをして行きます。

例えば、歌舞伎の演目にあう帯は、海老蔵さんにちなんだ↓の帯のようなものです。
http://www.kimono-bito.com/gds/0002/004287.htm

しかし、この帯を締めてもその方らしくなければ、素敵なコーディネートになりません。

着られる方ときものや帯の個性を近づけるのが
きものライフコンサルティングです。

このような作業をして、ご自分らしいきものや帯、小物を増やしていかれると
他のシーンでも、実に多くの出番が、この「選ばれたものたち」には有ります。

30倍使えます!という使い勝手になってくれます。

私自身も、このように追及した小物は大いに活用できるのですが、追及せずに選んだものは
出番が少ないという 当然の結果になっています。




未分類 | 13:48:52 | Trackback(0) | Comments(0)
紙子の島田康子先生
改装が終わり、6階が広々としました。

今度は、仙台で紙子を作っていらっしゃる島田康子先生の和紙を使わせていただき
和紙の照明をつけようとしています。

カーテンも和紙が希望です。

歌舞伎見物に行くときのきもの!を今、作りこんでいます。
あるモデルさんが11月の歌舞伎座にきもの姿でいらっしゃるという
ファッション雑誌掲載の内容です。

着られる方と歌舞伎見物というシーンのきものや帯の個性を調和させるというのが私の役割です。
これは、とてもとても楽しいことです。

11月23日(日)の歌舞伎見物には、是非皆様お越し下さいませ。
回数を重ねて、ますます きもので歌舞伎を見るコツが良く分かって参ります。


今日から14日までモロッコに行って参ります。
モロッコのきものは、華やかなお召しと思っていましたが、
モロッコ色の江戸小紋になりました。

私は自分のきものの支度がとても遅いのです。
その解決策を今回発見しました。

それは、自分のことと思わず 第三者のコーディネートと思って
旅行用のきものを選ぶことです。(苦笑)

未分類 | 11:52:36 | Trackback(0) | Comments(0)
M様から熱いメールをいただきました。
M様から熱いメールをいただきました。
M様メールを有難うございます。

■きもの人で購入したきものや帯

 主人と子供たちが早く眠りにつきましたので、両親もいないことですし、
 女将さんからお勧めいただいて購入しました着物と帯を
 じっくり眺めることができました。

 ほんとに、ほんとにすばらしかったです!!

 まずは、伊勢型の訪問着は、一度お送りいただいた時や到着直後も
 拝見しましたけれども、

 改めて、その柄の細かさ、精緻さに感動しました。
 どんな型紙を使っているのかと驚きます。

 しかも、その紐の部分の柄と色が違うのですよね。

 八掛にも霰の柄が入っていて、ほんとにすばらしいと思います。
 同じ人間国宝の中村勇治郎さんの「古代菊」も見たことがありますが、
 人間国宝の方の作品、というのは、こういうものなのでしょうね。

 紐のデザインが、やはり、どこにもない、斬新なものだと思います。

 11/22に、JCの宮城ブロックの卒業式が仙台であるのですが、
 このときには、この訪問着を着ようと思います。

 また、先日伺ったときに、女将さんから、↑このときには、
 永楽善五郎さん好みの帯をしたらいいんじゃないとアドバイスを頂きましたので、
 さっそく合わせてみました。

 金銀の菱形の模様のほうがいいか、黒地のほうがいいか、
 訪問着に合わせてみたのですが、

 金銀の菱形の模様のほうにして、少し黒地が見えるように
 お腹に来る部分を多めに出すといいかも!と思いました。
 これもとても素敵でした。

 そして組紐の帯

 これも合わせてみました。これも素敵です。
 これも、早く締めてみたいです。

 こういう帯は、今まで締めている人を見たことがありません
 (永楽さんのほうもですが)。

 でも、女将さんだと、「この合わせ方は”普通の素敵”ですね」と
 言われそうですね。

 10/26の前橋汀子さんのコンサートのときには、
 クリーム色の付下げにこれを締めていきたいと思います。

 私が着物に目覚めた(?)のは、去年の9月頃で、

 天然忌に色無地を着るのに、締める帯はどんなものがいいか、
 分からなくて、着物屋さんに飛び込んだことがきっかけでした。

 それ以前も、少しはいろいろな着物屋さんに行ったりしていましたが、
 母がたくさん買っていてくれているので、

 それを合わせればいいかな、くらいに考えていたのでした。

 そして、いろいろな着物雑誌を読んで、
 そのときは、妊娠中だったので、憧れ程度に考えていたのですが、
 知識はそれで少しはついたと思います。

 また、着物屋さんやデパートにも出入りして、
 お店の人に覚えていただけるようになって、
 少しバージョンアップしたように思います。

 大きくバージョンアップしたな、と思いましたのは、
 女将さんにメール診断をお願いしたあとのように思います。

 きものライフコンサルティングを受け、さらに何度か伺って、
 滝沢先生にもお会いして、
 さらにワンランク、2ランク、バージョンアップしたと思います。

 ■きものライフコンサルティングクローゼットの感想


 コンサルティングと電子クローゼットは、同時にお願いするほうが効率的ですし、
 また、より深いコンサルティングにつながると思います。

 どちらにしろ、着物をお送りするのですから一緒に作業していただけますし、
 また、持っているものを把握していただいているので、

 コンサルティング後に女将さんとお話をするときには大変スムーズだと思います。

 また、やはり、他のお店では、「自分に合わせた○○」とか
 「これからどう見せたいか」という部分のアドバイスはないことがほとんどだと
 思いますので、その点がほんとにまったく違う部分だと思います。

 「自分(現在と未来)」と「持っているもの」に合わせたご提案が
 あるというのは、コンサルティングとクローゼットの両方があるからだと思っています。

 ライフコンサルティングでは、自分が思っている「自分」というのは、
 小さい頃からの自分を引きずっているために、

 「過去」を切り離した「今の自分」(初対面で与えるイメージのようなもの)
 が客観的に分からないと思いますが、

 そのことを教えていただけるということがいちばんの収穫だと思います。

 着物を着て誰かに会う時には、ふだんお会いするような人であれば、
 「普段のあなたと違う」と言われたほうがいいと思いますし

(実際、6月に付下げのコーディネートをアドバイスして
 いただいて、叙勲の祝賀会に出席したときには、こんな感じでした)、

 また、初めて会ってしかもこれからも会うことがないような方には、
 過去の自分は関係ないわけですから、
 そのシーンに合わせて自分を演出したほうが(時には大胆さも必要かもしれません)
 いいと思います。


 私は、いつも「優しいイメージ」と言われて、優しい色や柄をお勧めいただくことが
 多いのですが、女将さんや滝沢先生から、
 「モダン」というテーマをいただきとても良かったと思っています。

 そして、それが、ちょっとおおげさかもしれませんが、
 自分のこれからの生き方(着物だけに限らず)にも
 つながるんではないかな、と思っています。

 母が揃えてくれた着物も素敵なのですが、
 それを生かしながらも、自分の道を進むというような・・・
 うまく言えませんが・・・
 

 クローゼットは、かなり頭の整理に役立っていると思います。
 着物や帯を見たときに、頭の中が整理されていないと、
 すぐに欲しいものを手に入れたくなってしまいますが、
 
 ワードローブの中で不足しているものとそうでないもの
 (袷・単衣・夏物、礼装・カジュアル、というだけでなく、柄とかイメージとか
 そこまで含んでいるもの)を把握しているので、

 買わなくてもいいものを買うことがなくなります。

 また、コンサルティングで、自分の方向性を示して頂いているので、
 そのイメージに合わないものは、初めから目に入らなくなります。

 着物をお送りしたときには、大変だな、と思いましたけれど、
 ほんとにクローゼットを作っていただいてよかったと思っています。
 実際に、毎週のお茶のお稽古のときには、これをかなり参考にしています。

 どちらも、皆さんに、ぜひお勧めしたいです。

未分類 | 17:19:34 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、世界的なバイオリニスト徳江尚子様を訪問させていただきました。

DCF_0151.jpg

徳江様は、今回訪問させていただくモロッコ大使広瀬さんの友人の奥様でいらっしゃいます。
また、ローラリーバッグのファンでいらっしゃいます。
バイオリンの名器を持たれる徳江さんがバイオリンをバッグの傍に置くと
何ともいえず、すばらしい気品でした。

華やかな1日になりました。

DCF_0152.jpg
DCF_0168.jpg
DCF_0158.jpg

未分類 | 16:36:43 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。