05月 « 2009/06 » 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘアー講習
人の髪質って本当に違うのですね。
それから、他の方が見る感想と自分の想いって
案外異なるのです。

IMGP0678_20090615150637.jpg
IMGP0680.jpg

髪質に合わせたブローやムースの使い方や、まとめた髪の処理の仕方が
私バージョンで分かりました!

IMGP0702.jpg
IMGP0706.jpg

伸びた襟足も、上に軽く上げて、軽快なショートの和髪です。

IMGP5652.jpg
IMGP5669.jpg

パーマがかかったショートヘアにヘアーピースを付けて和風にチェンジ!

IMGP5677.jpg

IMGP0682.jpg
前髪を下ろすとおろさないで、こんなに雰囲気が変わります。



未分類 | 15:11:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コーディネート講座
コーディネート講座は、いつも楽しいです。
と、自分で言っても仕方ないのですが
きもの達の中で、色々に遊べます。

帯のコーディネートを行いました。

IMGP0624.jpg
IMGP0626.jpg

Y様にとって、この似た雰囲気の紬2枚は、お肌に対して、とても発色が異なって見えます。
地色の色と、柄の持つ色の配合やバランスがかなり異なるので
片方は、生き生きとして見えて、片方はしずんで見えます。

IMGP0629_20090615150334.jpg

店長は、この紬を好んだのですが、

IMGP0635_20090615150349.jpg

一層似合うのは、同じ柄のこの色でした。

この帯を、「可愛いっ!!」と言ってキャア、キャア言っていました。


IMGP0636.jpg

この花柄の方が、若さが有って可愛いと周囲の大人たちは思うのですが
本人は、前の帯の方がずっと可愛いと言うのです。

この差は何?(笑)

未分類 | 15:04:58 | Trackback(0) | Comments(0)
土曜日は、着付け・コーディネート講座・ヘアー講習と盛りだくさんの内容で開催されて
にぎやかでした。
着付けは、新しい発見が沢山の楽しい時間です。
コーディネート講座は、自分を客観的に見ることの難しさに、どなたもがぶつかります。
これは、他の方にとっての似合うを沢山見ることで、鏡の中の自分を捕らえるこ
とがかなり出来てきます。しかし、最終的にやはり自分は他人よりも分かりにく
いものです。
ですから、常にそれを意識することが必要です。このことはヘアー講習でも
言えました。周囲の多くの方が似合うと思う髪型を、「えっ!でもお・・」と
ご自分では思われるのです。
カリスマ美容師くにさんのアドバイスは、本当に高い技術の方のものでした。
大変充実した1日でした。

未分類 | 06:55:40 | Trackback(0) | Comments(0)
全てが柄の真綿紬染め訪問着が入荷しました。

この訪問着は、ものすごく難しい仕事をこなした紬の訪問着です。

「地色が無いきもの」ということが出来ます。

普通の小紋でも訪問着でも、柄の部分とそれ以外の地色の部分が有ります。
しかし、このきものは、全てが柄になっています。
IMGP0496.jpg

柄の部分だけ柄を描いて、残りを地色として処理していないのです。
全部の面を、台形のような四角い柄を手仕事で染めています。

それも、台形のような四角い柄の色を全て変えています。
IMGP0498_20090612224131.jpg

色の変化を付けるときは、良く薄い色を最初に染めて、その上から部分的に
濃い色を重ねます。

しかし、このきものの隣り合う色あいは、色が異なるので、
1マスずつ染めるしか有りません。

その上、染め上がったら全体の色の調和が取れている必要が有ります。

また、両方の衿と 隣り合う脇の柄が全て柄が合うように計算して染めました。

ものすごく手間がかかることですね。

裾と肩と袖に描かれた花の柄は、桔梗、桜、なでしこなどの四季の花を糸目友禅で染めています。

このように、一般的な訪問着の何倍もの手間がかけて作ったこの作品は
京都の職人が最高の技を見せたといえるでしょう。

生地は、縦糸も横糸も真綿糸を使っています。
ふっくらした優しさがある着心地の紬の訪問着です。

色柄的には、単衣にも仕立てられますが
真綿が優しく体にまとわり付くので、裏を付けて袷仕立てお召しになることを
お勧めいたします。その方が着やすいでしょう。

絶品!真綿の訪問着です。
IMGP0502_20090612224144.jpg
IMGP0506.jpg
IMGP0512.jpg
IMGP0522.jpg

未分類 | 22:50:23 | Trackback(0) | Comments(0)
深川立教会
私は、深川立教会に入れていただいています。

深川立教会のHPを作らせていただきました。→こちら
 
深川立教会30周年記念総会が下記のように開催されます。


  日時 : 平成21年7月5日

  場所 : 東天紅 深川店
       江東区門前仲町2-10-1
       TEL 03-3641-0125
       東西線 門前仲町駅 6番出口直結

  会費 : 8,000円(年会費2,000円を含みます)
     同伴5,000円(中学生以上)


未分類 | 19:29:32 | Trackback(0) | Comments(0)
日経パソコンの取材と撮影
今日は、日経パソコンの取材と撮影があり
朝から夏のきものを着ています。
これから取材です。

雑誌の撮影で秋物を着たり、夏や単衣、袷が混在化した毎日です。

IMGP0550_20090612161055.jpg


IMGP0560_20090612161255.jpg

記者の田村さんとカメラマンの中村さんです。

田村さんは、浦和の頃のお客様のご主人様で、サイトを時々見て下さっていました。
感謝!です。

日経パソコンに女性やきものが載る事って、とても少ないそうです。

IT業界で活躍する“人”に焦点を当てて、その方の考えや成功の秘訣、
取り組みの様子などをご紹介して下さる「クローズアップ」というコーナー
見開き2ページのインタビュー欄で
7月13日号(7月7日発売)に掲載予定です。


未分類 | 14:08:06 | Trackback(0) | Comments(2)
オールアバウトに掲載されました。
オールアバウトに掲載されました。

挙式と黒留袖

着付けとお食事会

オールアバウト | 10:18:16 | Trackback(0) | Comments(0)
出版パーティのレンタル詳細
出版パーティのきものレンタルの詳細が決まりました!

ご希望の方に、夏のきもののレンタルを行います。
~先着限定20名様~

① 着付け          無料
② レンタル着物+ヘアセット 15,000円 
③ レンタル着物のみ     12,000円
④ ヘアセットのみ     3,500円

★レンタルきものの内容★
きもの、帯、帯締め、帯揚げ、(長襦袢)が付きます。

肌着、草履、バッグ、紐、枕などの道具は付きません。
年齢、訪問着や紬などきものの種類、色の濃さなど大雑把なお好みをお聞かせいただき
後はお任せいただきます。


先着順になりますから、是非、お早めに こちらからお申し込み下さい。



未分類 | 16:03:24 | Trackback(0) | Comments(0)
雨草履が、製造中止になりました。
雨草履が、製造中止になりました。
これまでご注文をいただいているお品は、当然大丈夫なのですが
今後のご注文をお受けすることが出来なくなりました。

せっかく良い草履だったのに、残念です。

新たな雨草履をご提案出来るよう努力をしていますので
もう少しお待ち下さい。

また、気になるものがございましたら、是非、お早めにお求め下さい。

未分類 | 11:38:02 | Trackback(0) | Comments(0)
お茶の世界の通夜の装い
関東も入梅して、今日は朝から雨になりました。
昨日、お茶の大先生のお通夜が有りました。

表千家のその先生のお通夜には、お茶関係の先生が沢山お越しになっていて、
おきもの姿が多かったです。
多くの方が色無地に黒い名古屋帯をなさっていました。

髪はご自分で、きれいにまとめている方が多かったです。

お茶の世界のきものの雰囲気が良く分りました。

090610_190608.jpg

川口のこの大きなお寺が先生の菩提寺で、ここで通夜と葬儀です。
このお寺は、以前大きな茶会が開催され、私は先生の友人としてお供をさせていただきました。

常に正客になる先生は、ほがらかでウイットに富んだ楽しい話題を提供なさって
多くの方を和ませて下さいました。

お茶の先生がお弟子さんに慕われる理由は、そのお人柄によることが多いですが
本当に多くの方に慕われる大先生でした。

お会いすると、いつも幼子が遊び友達を見つけたようなうれしい顔をして迎えて下さいました。

「今度は何を食べましょうか?」と、とんかつや中華を一緒に食べに行きました。

私がアメリカ進出したいと言うと、おしゃれな長襦袢を考案して、何枚か縫って下さいました。

私に和裁も教えて下さったのに、長襦袢は、ほとんど先生が縫って下さいました。

私の友人たちの中で、一番の「遊び友達」と言える方でした。

常に、「楽しみましょう!」と体中から発していらっしゃいました。

その楽しみの基本にきものが有り、牛首紬を日常着になさっていました。

通夜にかけつけると、「きもの美人」のページを喪主であるお孫さんが印刷して
皆様が持ち帰られるようにして下さっていました。

hashimoto10-1.jpg

先生、本当に有難うございました。




未分類 | 09:18:51 | Trackback(0) | Comments(0)
嫁入りしたく
次に、適齢期の娘を持つ母として、「嫁入りしたく」についてもずっと考えているのです。

お母さんのきものを着ましょう!でお分かりのように
娘は、私のきものを良く着ます。

私が若い頃着ていたきものや帯など、「可愛くてお嬢さんらしい」きものは帯は、全然好まず、
今、私が着ているきものを、「格好いい!」と言って好んで着るのです。

先日も、とっても可愛い帯が有って、「この帯、可愛いね」と言うと、「全然興味ない!」と言われてしまいました。

私たちの年代が、「着てほしい」とか、「こんなきものや帯が可愛くて、絶対に着た方が良いわよっ!」と思うものが、逆に、「着たくない」と思われるのです。

ということなので、私が買ってあげたいとか、用意しておいてあげたい

という気持ちは叶わないのです。

先日友人のお子さんが結婚しました。
友人は、義母として、色んなことをしてあげたい様でした。

でも、きっと好みも違うし、口を出しすぎると若い二人に悪いからと控えめにしていました。
私は、ああ・・もっと色々としてあげたそう・・・と思って見ていました。

じゃあ・・娘の嫁入りしたくやお嫁さんの準備はどうしたら良いのでしょうか?

1つはっきりしているのは、母親の好みだけでしたくをしてしまっては、
好んで着てもらうきもののおしたくは難しいと言う事です。

自分のことを考えても、私が成人式の時、両親や親戚が選んでくれるきものは
「絶対に着たくないきもの」でした。

私は、赤やピンクの振袖ではなくて、紫の付け下げを自分で選んだのです。
「えっ、こんなきものを着るの?」と言われましたが、そう言われれば言われるほど
周囲は理解してくれないと思いましたし、

また、その1歩が有ったので、その次の自分のセンスを深めて行けたのです。

というようなことを考えますと

嫁入りのきものしたくは、花嫁の好みを尊重しながら、お母様や周囲の方とのコミュニケーションを
一層深くとりながら、お互いを一層知るための機会と捕らえた方が良いのでは無いでしょうか。

モノのおしたく ではなく
 
お互いが一層知り合い親しくなる 心の交流という したくの場と捕らえて

嫁入りのモノを ご準備なさればいいのだろうと思います。









未分類 | 07:20:49 | Trackback(0) | Comments(0)
子供の結婚と黒留袖
私の頭の中にずっとひっかかっていることが有って
それは、「子供の結婚の時のきものしたく」ということです。

しかし、相手が決まらないと・・と思うし、今の時代は、きものは日常着ではな
いのですからと優先順位をつけていくと、

結局、母親である私の黒留袖が一番重要!という勝手な結論に至っています。(笑)

それも、これだけ挙式が簡素化している中で、黒留袖の必要性は薄くなっているので、
「じゃあ、色留袖?」とも思います。

この問題は、結論を出して準備しておくべき事柄なのです。
だって、だれもそれを考えてくれないのですもの!

それに、黒留袖を作るとなると、十分に事前の選考をしたいです。
私の友人は、第一子の男の子が生まれて、しばらくして、黒留袖を作りました。
「この子が結婚する時に!」です。
黒留袖は、それほどのものだと思います。

しかし!しかし!最近出席させていただく披露宴を見ると、
以外や以外!黒留袖をお召しの方がとっても!多いのです。
ホテルの披露宴ではなく、レストランウエディングでも黒留袖の方が素敵に目立ちました。

黒留袖をお召しの方は、挙式・披露宴の流れの中で、しっかりと
日本の心を表現して下さるような格調高さが有ります。

凛とした、その姿の美しさは比べるものが無いですね。

ご両親や親戚の方の黒留袖は、文句なし!に素敵です。
最近友人たちの披露宴に良く出席している娘も、黒留袖の多さと素敵さを口にしています。

ああ・・やっぱり、黒留袖ね! です。(笑)

この結論に至って、よかった!と思います。


次に、この起こるのが、「どんな黒留袖?」ということになります。

京都も加賀もそれぞれの特徴が有って、素敵なのです。

ううう・・・・ん!と考え込んでしまいました。

京都は、とっても格調高いです。
滝沢先生は、ものすごいです。

やっぱり!滝沢先生に、「私のために、一番すごいのをお願いします!」ってお願いするのが
一番の贅沢で光栄なことなのだと思います。

油が乗り切っている今の滝沢先生に作っていただくほど、ラッキーなことは無いですね。

どんな内容かって?

ということで、我が家の歴史などを考えて行ったりするのが、
また、おあつらえの楽しさです。



未分類 | 06:34:50 | Trackback(0) | Comments(0)
笹島先生とのお食事会
今日は、着付け教室や笹島先生とのお食事会がありました。

ルンルンルン!

みなさま、とっても楽しそうでした。

IMGP5549.jpg
IMGP5533.jpg
IMGP5536.jpg
IMGP5537.jpg
IMGP5539_20090610170805.jpg
IMGP5541.jpg

未分類 | 17:12:58 | Trackback(0) | Comments(0)
出版記念パーティを行う会場
7月4日に開催の出版記念パーティを行う会場は
とっても素敵な場所です。

1.jpg

まず、ここが外苑前の4a出口です。
出てすぐ右を向くと、隣がレクサスです。

2.jpg

これが、レクサスです。

3.jpg

その向こうに、第一園芸が見えますが、INの矢印の方へ歩いて下さい。徒歩1分の場所がレストランです。

4.jpg

右手に レスサス本社です。このお店は、いつも趣向を凝らしたおしゃれな車をディスプレーしています。目を奪われますよ。

5.jpg

左手に 第一園芸を見ながら奥に進みます。
この第一園芸も本店で、おしゃれな鉢物などが並んでいます。
私は、しっかりここで鉢物を購入しました。

6.jpg

ほら、向こうに見える木の下の入り口が、そのレストランです。

7.jpg


その日は、ちょうど披露宴が終わったばかりでした。

8.jpg

これは、中に入って、受付のテーブルです。
ここで、皆様の受付をして、名札なをお渡しいたします。

9-1.jpg

受付の前はクロークになっていて、向こうにバーが見えます。
バーの横に、おしゃれな控え室が有って、そこがヘアーセットのお部屋です。

9.jpg


受付の斜め横のこの部屋は、着付けを行う控え室です。
数名の方が入っていただけます。

10.jpg

ここがパーティ会場です。
今は、テーブルが沢山有りますが、当日は立食パーティで広々と使わせていただきます。

11.jpg

このテーブルは、窓際にある、備え付けのテーブルといすです。
この他にも、小さなテーブルや椅子を適宜出していただきます。

お料理も、とっても美しくて食べやすいものが沢山揃いますし
ドリンクはお好みのものをどうぞ!

14:30までのパーティで、その後、徒歩5分の場所で2次会を設営しています。
芸能人が出入りするというお洒落でおいしいお店で
デザートとお茶をご一緒に楽しみましょう!




未分類 | 16:24:04 | Trackback(0) | Comments(0)
K様
今日のK様です。

この絞りの浴衣が、本当にお似合いです。

似合うって、こういうことなのだと良く分りますよね。

IMGP0492.jpg

IMGP0491.jpg


未分類 | 16:06:33 | Trackback(0) | Comments(0)
新タイプ 肌ごこち が出来ました!
夏の涼しくて水に強い長襦袢 新タイプ 肌ごこち が出来ました!

この生地の特徴は、洗って収縮しずらいことです。

絹100% 細い糸を合わせて1本にしてよりをかけたもので
一旦 練ってセリシンを落として、また練っています。
縦糸は、二重になって左右にからませています。

練りを2回かけるという、普通はやらない丁寧な作業をしているので
1反織るのに2日かかります。1日で1反織れません。

技術的に難しくて1軒しか織れる機屋さんが有りません。

仕立て代込み:126,000円

モニターを募集いたします。
この肌ごこちの長襦袢を作っていただいて、ご着用の感想をお聞かせ下さい。


感想をお寄せ下さるモニターさん価格:88,200円 3名募集!!

shop@kimono-bito.comまでご連絡ください。

IMGP0519.jpg


IMGP0504.jpg

凛!とした風合いで、とても涼しくて、お手入れが楽です。






未分類 | 15:51:20 | Trackback(0) | Comments(0)
7月4日の出版記念パーティ
7月4日の出版記念パーティは、皆様とご一緒に、夏のきものを楽しむ時間になり
そうです。

これよ!!これよ!!という感じですね。(笑)

盛夏になりますので夏のきものを楽しんでください。
お昼の会ですから、紬でも結構ですし、ご希望の方には
きもののレンタルも行わせていただきたいと思っています。

レンタルは数と柄などが限られますが、夏のきものを十分に楽しんでいただける
と思います。
着付けとヘアーのご用意も行わせていただけると思います。

さあ、皆様、是非、7月4日の12:30-14:30青山外苑前のアクアヴィットで
素敵な時間を作りましょうね!ご参加をお待ちしています。
お申し込みは、こちら からお願いいたします。

未分類 | 06:15:45 | Trackback(0) | Comments(0)
出版記念パーティが行われるAQUAVIT アクアヴィットは、本当に素敵な会場です。
外苑前4a出口を出るとすぐ右が レクサスです。
そのすぐ中にあって、大きな樹木の下にある建物は、「おやっ??」と思うほどおしゃ
れです。なかなか予約できないというその会場を貸切って、素敵な時間を皆様と
ご一緒に過ごしたいと思います。
090607_162911.jpg
090607_163012.jpg
090607_164231.jpg

出版記念パーティというと、メインは、参加者との異業種交流のような懇親会に
なることが多いです。本当は、出版された方ともっとお話したいし交流したいの
だけれど、参加者が多くて話せない!ということがほとんどなのです。

今回は、60-80名程度の会になりますし、一体感がある会場なので
スクリーンを使ったりして、皆様と沢山交流できるようにしたいと思っています。
是非、皆様の、ご参加をお待ちしています。おきものでご参加の方は、会場内の
おしゃれな着替え室で、無料着付けボランティアの皆様がエスコートして下さい
ます。
お申し込みなど、こちら からお願いいたします。

未分類 | 06:55:18 | Trackback(0) | Comments(0)
秋華洞さんのメルマガ
 昨日配信された秋華洞さんのメルマガを読んでびっくり!しました。
 きゃあ!私のことが書いてある!です。
 
━━━━秋華洞さんのメルマガから ━━━━

 もう、猛烈お姉様伊藤康子さんの猛チャージに答えて、
 
 伊藤さんがネットショップ成功の秘訣として書いているのは、
 要するに自分のドラを売りなさい、という事だろうと思います。
 伊藤さんの店で着物を買う人は、伊藤さん、というドラマに共感し、
 応援しているのではないでしょうか。
 で、応援してもらえるように、頑張る。表現する。
 時代はネット、ネットは 人ですよね。

━━━━  ━━━━  ━━━━  ━━━━

ですって!ホント!田中さん、私より分かっていらっしゃる!
有難うございます。
皆様も、是非、秋華洞さんのメルマガをお読みくださいませ。

こちらからご登録ください。

未分類 | 07:03:45 | Trackback(0) | Comments(1)
出版記念パーティ 参加者募集開始!
発起人の方々に後押ししていただいて、出版記念パーティを開催することになりました。

ご参加の皆様には、大変好評でした、本には書かれていないページ作成のノウハ
ウである「ボールペンを使うように、ページ修正が簡単に出来る!」 PDF
をプレゼントさせていただきます。

沢山のネットショップの方々や起業を目指す方がお越し下さると思いますので
きっと、素敵な出会いがあることでしょう。

会場は、なかなか予約が取れない人気の北欧レストランです。
外苑前から徒歩1分で、とってもおしゃれな場所です。

皆様のご参加を心からお待ちしています。


■出版記念パーティ 参加者募集開始!

伊藤康子著 ~ネットショップ成功の極意~
800万円のきものを千円のTシャツのように売る技術

日時:7月4日(土)12:30-14:30

場所:AQUAVIT  アクアヴィット
    東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F
    最寄駅 東京メトロ銀座線 外苑前駅 直結
   地図:
会費:8000円(本とPDFをプレゼント)


未分類 | 22:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
出版記念パーティと細見美術館
出版記念パーティは、7月4日(土)昼の2時間になります。
とっても素敵な会場がもうすぐ決まりますので、正式なご案内をさせていただきます。

今日、日本橋高島屋で開催の「日本の美と出会う」で細見美術館所蔵の作品の数々を見てきました。
090607_233637-640.jpg

細見家が3代に渡って集めた作品は桃山時代から江戸にかけての掛け軸やお茶の茶碗、屏風など見事でした。

葛飾北斎の「夜鷹図」の女性は凛として、惚れ惚れと見とれてしまいました。
酒井抱一の「白連図」も良かったです。

神坂雪佳の草花図は、その帯を思い出しました。
こんな帯が有ればいいなあ~と思って、すばらしいコレクションの図録を買ってきて、ご招待下さった方に連絡すると、そんな願望もかなうかもしれないようでした。

きものって、これだから楽しいです。

未分類 | 21:14:27 | Trackback(0) | Comments(3)
水泳
水泳の個人レッスンを受けています。

浦和では、北島康介さんと一緒に泳いでいる先生が、クロールには、バタ足が重要だと教えてくださって、私は、その途端に、すごいスピードが出たのです。
やっぱりすごいなあ~!と思いました。

先日は、木原美智子さんの後継者の先生で、基本動作を教えて下さって、これも
さすがあ~!と思ったのです。

が、今日の先生は、全く違いました。
私の呼吸法を直して、手の動きを大きく直して下さいました。

今まで見えていなかったものが見えたようで、ものすごい成果でした。

うれしい~。

クロールからバタフライまで行きたいのです。


未分類 | 13:46:36 | Trackback(0) | Comments(0)
本日入荷しました!
とても、とても可愛い帯たちが沢山入荷いたしました!

IMGP4369.jpg
IMGP4393.jpg
この付け下げも、ものすごく素敵です。

未分類 | 17:00:48 | Trackback(0) | Comments(0)
□なかなか出会えない あなたに似合う素敵なきもの

  初めてのきものでも!
  何枚目のきものでも!

似合うきものに出会うことは、とっても難しいです。

特に、似合う色!を探すのが本当に大変なのです。
それに、似合う色に出会ったら、いつもその色!になることが多く
マンネリ化してしまいます。

しかし、 大変贅沢なことなのですが

  私に最高に似合うものを作り出して下さい!!

と滝沢晃先生にお願いしたら、
滝沢先生は、その期待に大きく応えてくださいます。


□色無地を2枚お願いします!

最近、私は、滝沢先生に2枚のきものを作っていただきました。

  色無地を2枚お願いします!

とお願いしたら、1枚は、完全な色無地で、
もう1枚は、ろうたたきの小紋で染め上がりました。

染め上がった色は、私がこれまで着たことが無い
とっても綺麗な、青みがかった水色と
やはり青紫とグレーが入ったろうたたきでした。

いつも沢山のきものを見ていますが
どちらも、私にとってはすごく新鮮でした。

なかなか出会えない微妙な色合ですし
私に似合う色は、どこに有るものでも有りません。

ろうたたきの方は、少し落ち着いていてかなり豪華に見えます。

私は、お客様に対して、少し引いていて、
だけど他には無いようなものを着ていたらいいなというような立場です。
そんな役割に、とってもふさわしいきものが出来たのです。

6月に撮影するきものサロン秋号で着るきものとして
染めていただきましたが、その目的にとってもよく合い
それ以外の活用も沢山出来そうなきものに染めあがりましたので
私は大喜びなのです。

滝沢先生は、着られる方の立場や目的を実に良く考えてくださった上
これまで着ていない色を探してくださいます。
ですから、出来上がったきものの活用度と満足度は本当に高いです。


ヒラリークリントンさんから直接感謝状が届く作家、滝沢晃先生は、
今、油が乗り切っています。

あなたのために作ってくださるお誂えは、絶対に後々まで
高いご満足感を得ていただけるものになることでしょう!

大きなご満足のお声は、こちらからご覧下さい。

○あなたのきものをお誂えいたしましょう!

是非、あなたも、あなたに最高に似合う滝沢先生のきものをお誂え下さい。

 色無地や小紋、訪問着、黒留袖、振袖など

大変すばらしい最高の作品を生み出して下さるに違い有りません。

先生の作品は、下記をご参照下さい。
訪問着:色無地:

滝沢先生が、あなたのお誂えをなさる時は、必ず実際にお会いして
確実にお似合いになるものを考えられますので
滝沢先生にお会いする日程を調整させていただきます。

東京日本橋のきもの人オフィスでお会いいただいたり
http://www.kimono-bito.com/z-41115map/
新潟十日町の工房訪問で先生にお会い下さい。
素敵な袱紗をつくる 糸目友禅体験(実費3000円)や
十日町の山菜料理を楽しんでいただけます。
十日町は、東京から半日コースです。

さあ、まずは、滝沢先生の作品を知る!ことからスタートなさってください。


未分類 | 15:04:10 | Trackback(0) | Comments(0)
きもの普及ボランティア募集
1)きもの普及ボランティア募集

きもの普及のために、日本文化ときものについてサイトで発信していただけるボランティアを募集します。
下記の内容で、文章やきものの着姿などを伴った画像を定期的に送ってくださる方が
いらっしゃいましたらご連絡下さい。

 茶道ときもの
 生け花ときもの
 踊りときもの
 海外でのきもの
 日常生活のきもの
 パーティのきもの
 和裁ときもの
 礼法ときもの

 その他、 ・・・ときものがございましたら、ご連絡下さい

2)きものの着姿を集めます!

沢山の方のきもの姿を皆様にご紹介させていただきたいので
是非、きものの着姿を画像でお送り下さい!

簡単なコメントを添えてあなたのきもの姿を送ってください。
毎月素敵な着姿の方1名を選ばせていただき、
きもの人からプレゼントを差し上げます。

募集期間:毎月1日から月末まで

今月の素敵な着姿発表:翌月6日

プレゼント:きもの人商品券1万円分

お一人で何枚でもお送りいただけます。
ただし、こちらで選ばせていただくことが有ります。

上記、いずれも shop@kimono-bito.comまでお願いいたします。



未分類 | 11:35:29 | Trackback(0) | Comments(0)
親子で着る事が出来るので、きものは、本当に便利です
昨日は、店長と一緒にきもの姿で出かけました。
店長は、私が昨日着ていた黄八丈になりました。
親子で着る事が出来るので、きものは、本当に便利です。

IMGP4208.jpg
IMGP4212.jpg
IMGP4215.jpg

未分類 | 10:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
遠州茶道宗家小堀宗慶さんの「心に残る名椀」
日経新聞文化欄に掲載の遠州茶道宗家小堀宗慶さんの「心に残る名椀」は、大変すばらしい評論だと、いつも珠玉の文章を読む気持ちで接しています。

評論とは、その作品を自分の経験や思いとミックスさせて生み出すものだと思います。

宗慶さんは、シベリア抑留という想像を絶する体験と、家に伝わる茶の湯の道の追及と
茶碗への素朴な、「この茶碗で飲みたい!」という強い欲求を織り交ぜて
卓越した文章力で毎回書かれています。

「すばらしい茶碗」も、ただ、そこに有るだけでは、掴み取る意味合いは様々です。

こんな見方もあり、こんな風に私は受け取っています!という語り部の道案内が有って
初めて伝わって来ることも多いです。

すばらしいのは、「どうしても飲みたい!」「どうしても手にとって見たいと念願してきた」という
宗慶さんの熱い想いです。

それが強いエネルギーとなって多くのものを揺り動かすのだと思います。

私もきものを皆様にご紹介させていただく語り部の役割が有りますし
最近、これほどすばらしい文章に接することが少ないので
大いに参考にさせていただき、学ばせていただいています。
有難うございます。


未分類 | 08:41:07 | Trackback(0) | Comments(2)
出版記念パーティ
出版記念パーティを開催することになりました。
7月の初め土曜日を予定しています。

すてきな会場を予定しています。

未分類 | 18:28:29 | Trackback(0) | Comments(0)
絞りって本当に良いですね
絞りの浴衣がどんどん仕立てあがって参りました。
絞りって本当に良いですね。

春田先生の着付け教室でさっそく、浴衣の着付け練習が行われました。

ほら、ほら、もうここに、おしゃれな夏がやってきたようです。

IMGP4175.jpg
IMGP4179.jpg

未分類 | 06:18:19 | Trackback(0) | Comments(0)
黄八丈
今日は、黄八丈を着ました。
単衣の時期になると、毎年このきものを着るのが楽しみです。
全然上等ではないのですが、この色の明るさが日差しに対して
ちょうど良いのです。

心が晴れる色合いです。
IMGP4066.jpg

帯は、単衣・夏用に染めたススキの柄です。
IMGP4067.jpg

きものって、季節と共に過ごすものなので
その時に着るきものの味わいが深いです。

洋服には、こんな感覚はほとんど有りませんね。

きものを着る時は、うきうきして、本当に楽しいです。

未分類 | 18:33:08 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。