05月 « 2009/06 » 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
水に強い夏を中心とした絹の長襦袢 肌ごこち

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 3)水に強い夏を中心とした絹の長襦袢   
新 肌ごこちのモニター残り1名募集!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

○洗うことが出来る絹の夏用長襦袢が欲しい!

 洗うことが出来る絹の夏用長襦袢が欲しい!

 という長年の願望に応えてくださる機屋さんが見つかって
 やっと絹の夏用長襦袢 新肌ごこちが完成しました。

 私はこの問題を2000年からずっと扱ってきました。

 洗える絹の素材を探しても、そんなものは有りません。
 似たものが有っても、表面に化学処理をしています。

 天然の絹を洗って何も変化しないことを求めると
 そんなことは出来ない!と誰も取り合ってくれません。


○天然の絹を使って洗うことなんて出来ないさ!

 特に呉服業界の男性達はこんな話に見向きもしません。

 だって、天然である絹が洗うことでまったく変化しないはずは無いのです。

 洗うと収縮して風合いが変わるから洗えない!ということになります。

 その解決策を探して、ついに到着したのがこの新 肌ごこちです。

○絹の特徴と問題点

 絹は、冬暖かくて夏涼しく、吸湿性と発汗性が抜群で抗酸化作用もあり
 常に体を清潔に快適にしてくれます。
 しかし、水を通すことで、横糸と縦糸が収縮し、特に縦糸の収縮率が高いのです。

○新肌ごこちの特徴

 この絹の良さをしっかり取り入れるために、織の高い技術を取り入れました。

 新肌ごこちは、絹100%で細い糸を合わせて1本にしてよりをかけたもので
 一旦 練ってセリシンを落として、また練っています。
 縦糸は、二重になって左右にからませています。

 練りを2回かけるという、普通はやらない丁寧な作業をしているので
 1反織るのに2日かかります。1日で1反織れません。
 技術的に大変難しい織り方です。

 このために、水分に対する収縮率がとても低いです。

 また、適度な太さの糸を少し荒めに織って、風通しも良くしています。
 少しの透け感が有り、見た目にも涼やかです。

 色は白で、水玉模様です。

 透け感は有りますが、素材的に1年中使っていただけます。
 ご希望があれば、お好みの色に染めることが出来ます。
 (プラス10500円)

 涼しさを求める方に是非お使いいただきたいです。

 もし、ご自宅で洗う場合は、手洗い程度にして下さい。
 洗濯機でごしごし洗って皺になったまま乾燥させると収縮する可能性が有ります。
 半渇きのままアイロンを当てるなどしてください。
 (ただし、皺になりにくい生地です) 

 ご自宅で何回も洗うと、少し黄色っぽい色になる可能性が有ります。
 (これは、どの絹でも言えることですし、黄変加工をすれば一定期間防ぐことが
  出来ますが洗ったら段々加工が落ちます。)

 肌ごこちは、洗える絹です!という言い方はいたしません。
 そのことが100%変化しないことを意味してしまう可能性が有るからです。
 生きている絹である以上、まったく変化しないことは有り得ません。

 
○モニターさんにお願いしたいこと

 100%変化しない洗える絹を求めることは無理です。
 しかし、それをあきらめれば、絹の大きな心地よさと体に良いメリットを
 享受することは出来ません。

 モニターさんには、下記をお願いいたします。

 製造段階での収縮性や耐久性は十分に確認できているので
 今度は、お使いいただいて、その着心地やお手入れによる変化などを
 報告していただきたいのです。

 実際に肌ごこちをお召しいただいて、下記を2回以上お答え下さい。

 □着心地

   裾さばきや涼しさや肌ざわりなどをお教え下さい

 □きもののお手入れの状態と結果

  肌ごこちのお手入れは、きもののお手入れ職人が行う丸洗いに出して
  いただくことがベターです。
  http://www.kimono-bito.com/z-70206oteire/index.htm

  クリーニングやご自宅で手洗いなさるような場合も含めて
  お手入れの状態や結果などをご報告下さい。

 モニターのお申し込みは、残り1名です。

 お申し込みは shop@kimono-bito.comまでご連絡下さい。


スポンサーサイト
きもの | 22:32:47 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。