05月 « 2009/06 » 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
黒い柿泥絣
昨日仕立て上がった黒い柿泥絣の紬は本当にすばらしくて感動が治まりません。

細い絹糸を透けるように織って、絣も入っています。

その絹糸は上質な駒糸です。

それを一旦柿渋で染めて天日で乾かして、色を濃くします。

何日も天候と色の変化を見ながら色を出します。

IMGP5754.jpg
IMGP5752.jpg
その次に、泥でばい染します。

と言っても、泥に漬けるのではなく、その地域の地下水は鉄分を沢山含んでいるので
井戸水につけることで色が薄茶色から鉄色に徐々に変化します。

この画像をご覧下さい。
IMGP5757.jpg
IMGP5755.jpg

駐車場も道路の白いアスファルトもこのようにすぐに鉄色に染まってしまいます。
これは、地中に沢山の鉄分が含まれているからです。

その鉄分が含まれた地下水を掘って、その水につけることで鉄ばい染するのです。

井戸水につけて、欲しい色の濃さになるように色の変化を待って、染め止まります。
DSCN0801.jpg
DSCN0802.jpg

赤や黄色などの色合いは、その上から化学染料で染めます。

そうやって出す色合いのセンスが抜群です。

新潟の地で二代目として育った40歳代の若社長は、抜群のセンスで小さい会社をきりもりしています。

端正できりりとした姿勢と若々しくモダンなセンスと高い技術力で、すばらしいものが
少しずつ作り出されています。

柿渋と鉄分で初められたこの黒い紬の色合いは本当に深くて美しいです。
そして薄い生地でとても奇麗に透けます。

透けるのに、しわにはほとんどなりません。

作り手の方が、「しわにはなりません」とおっしゃって、私はびっくりしました。

だって、夏大島も・・紬も透ける素材は、パリパリしてしわになるのです。

しかし、本当にこの紬は、ほとんどしわになりません。

この理由は、柿渋で染めることでしっかり糸をコーティングしているからです。

すばらしい!です。

この緑の色の色合いの美しい配色は、今の呉服の世界の色々を探しても
なかなか出会えません。

昨日お会いした作り手の方が、今の呉服業界では、本当に良いものはほとんど無くなってしまって
作れなくなりました。
表面だけつくろったものが多いとおっしゃっていました。

本当に、良いものが無くなってしまっています。
でも、必死で作っているすばらしいものを探して、きもの人好みのセンスで選んで
サイトでご紹介させていただいているのです。

ここに有る物は本物だと思っています。

IMGP6130.jpg
IMGP6361.jpg
IMGP6276.jpg

スポンサーサイト
未分類 | 12:25:16 | Trackback(0) | Comments(0)
出版記念パーティ
出版記念パーティがどんどん盛り上がっています。
スライドでご覧いただく色々が決まり、昨日は、素敵な尺八演奏も追加になりま
した。高い天井に尺八の洋の曲がモダンに響くことでしょう。

土曜のお昼の2時間だから来ていただき易いようです。
京都からお越しいただく伝統の家の皆様が誘い合って沢山お越し下さいそうです。

初めてお越し下さる素敵な方々からも続々とご連絡が届いて、
当日お会いできるのが本当に楽しみにしています。
レンタルきもの は30日までお申し込みいただけますし、さあ、皆様も是非、ご参
加ください。

オールアバウトに掲載されました。
適齢期の娘を持つ母にとっての黒留袖

未分類 | 07:47:02 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。