08月 « 2010/09 » 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
20日までのお品
きもの人センスが大好きな、多くの方が絶賛する首里の帯や黄八丈のきものが
20日までのお品になります。

何と言っても、山下八百子さんのこの黄八丈は、ものすごく素敵です。

IMGP1476.jpg

こんなに素敵なおきものは、またとないものなので
私だったら、親子でバンバン着ちゃいます!
黄色の黄八丈は多いのですが、この鳶色は本当に少ないのです。

この黄八丈は、20日まで!

それから、この琉球絣も、個性的で可愛いです。

IMGP9970.jpg

女将さんにも!

IMGP1439_20100917173807.jpg

IMGP1441.jpg

ウメキタイプさんにも、よく合います。

はっきりした可愛さが合う方にお薦めです。





スポンサーサイト
未分類 | 16:24:38 | Trackback(0) | Comments(0)
お召し美人になりましょう!
白い縞お召しは、単衣の季節に大活躍します。
袷になさっても、おしゃれにお召しいただけますよ。
旬タイプさんに最適! SUNタイプにも合いますよ。

100917-2t-300.jpg


このお召しは、こちらのお品です

海大好きで、はっきりした個性が好きなウメキな人は、こちらです
005948-i01.jpg


あなたも、お召し美人になりましょう!

未分類 | 15:41:41 | Trackback(0) | Comments(0)
29歳、真っ赤なお振袖ってOK?
きものコーディネート質問箱にかわら様からご質問をいただきました。

・・・<かわら様からのご質問>・・・・・・・・・・・・・

年齢 = 29
都道府県 = 東京都
ご相談内容 =
帯揚げと帯締めのコーディネートについておうかがいしたいと思います。
11月末に京都である友人の結婚式で振袖を着たいと思っています。
この年で真っ赤な振袖を着てもよいのか迷ったのですが、もっと大人な雰囲気で
着こなせるような色合いがあれば、お教えいただけますと幸甚に存じます。柄も
幼いかんじなので、やはり今着るのは難しいでしょうか?

1c.jpg
01260025s.jpg

・<伊藤から>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは ご質問を有難うございます。
お写真を拝見いたしました。

29歳ですね。
この赤いお振袖は、柄が幼いのですが
赤い色を着こなしていらっしゃるように思います。
また、柄が少ないので、コーディネート次第でまだ
お召しいただけることでしょう。

かわら様は、眼球の色がかなり黒いですか?
それから、お肌に赤みが有るのでしょうか?

眼球と髪の黒さから?、赤や黒のはっきりした色を
シャープに着こなして、可愛い柄もお似合いだと思います。

後は、コーディネートで大人の雰囲気を加えて行きましょう。

この帯を生かされるとすると、帯締め・帯揚げは全部シックなものに変えましょ
う!
茶色系のコーディネートや紫系のコーディネートになさると素敵です。

そのような色を、帯締め・帯揚げ・伊達襟でお探しになってください。

また、帯を他のものになさることでも雰囲気が変わります。
この帯は、完全に振袖の帯ですが、訪問着になさるようなものにすると
落ち着いた上品さになります。

帯の色が違うだけで、かなり雰囲気の異なるものになるでしょう。

しかし、この帯でも、小物を変えるだけで十分、一層素敵に変身なさって
このおきものが一層お好きになられることでしょう。

髪は、美容院でもう少しボリュームを出されるとよいですね。

未分類 | 12:34:17 | Trackback(0) | Comments(0)
先日の滝沢晃先生の会は、最高に楽しかったです。

滝沢先生の訪問着は、その柄に合わせて長襦袢を先生に染めていただくことも
可能です。

訪問着の柄に合わせて、同じ柄を、長襦袢の袖口と上前に入れて
おきものの色に合わせた色合いの長襦袢になります。

IMGP1640.jpg IMGP1635.jpg
IMGP1633.jpg IMGP1631c.jpg

これぞ、お誂え!感を存分に味わっていただけます。

未分類 | 11:49:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。