10月 « 2011/11 » 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
A様のお誂えマントが出来ました!
A様のお誂えマント カシミア紫が出来ました!

IMGP1095.jpg

今の時代の流行を取り入れた最上級の縫製で、紫がお好きなA様好みの
マントが出来上がりました。
前は短めで、後ろが長い丈になっていますから、横からの姿もとても美しいです。

美しいラインをご覧下さい。
おきものは、色柄素材でお召しいただきますが
お洋服は、ラインが大切です。

おきものにも、お洋服にも使っていただける、他にはないマントの出来上がりです。

おきものの裄より3cm長い袖丈にして
首元が温かく、後ろ身頃も十分に暖かく
手を動かし易く軽快です。
おきものは、衿の後ろが高いので、マントを羽織るとそこがポコッと高くなりますが
その心配も有りません。

大きくモダンな衿で、きものの衿もすっぽり隠れてしまいます。

IMGP1080_20111130135142.jpg

後姿も優雅に、フレアーを多めに入れました。

IMGP1086_20111130135219.jpg

衿は、何種類かも止め方をしていただけます。
大きく広げるとこんな風になります。
前のステッチが綺麗にかかっています。

IMGP1090.jpg

衿を少したたんだ形です。

IMGP1093_20111130135305.jpg

もっと衿を高くして止めます。とても暖かいです。

IMGP1092.jpg
小さいボタンが衿に付いていますから、これを止めると安定します。

IMGP1096.jpg

横から見たラインもとても美しいです。

IMGP1100_20111130135506.jpg

イニシャル入り

IMGP1089.jpg

左身頃には、ボタンが4つついています。
しっかり止まるので、暖かさが逃げません。

IMGP1102_20111130135554.jpg

穴かがりの美しさも技の1つです。
縫製の労働大臣賞を受賞した作り手が縫わせていただきます。

IMGP1081.jpg

特にこの生地は、二重織のカシミアで特殊な織り方をしています。
特別な量だけ生産されているもので、市場でお求めいただくことが出来ないものです。
大変軽くて暖かいです。

これだけすぐれたマント、注文しなきゃソンソン!!

このマントは、本日24時までお得な価格になっています。
通常価格 399,000円⇒11月30日までのご注文 273,000円


スポンサーサイト
未分類 | 13:50:55 | Trackback(0) | Comments(0)
青い色無地に染め帯
昨日は、ISKコンサルティング塾頭飯塚保人先生
のお誕生会が、ホテルニューオータニのオーバカナル> で有りました。

若手経営者の方々が多い会なので、青い色無地に染め帯です。
今の季節、染め帯が嬉しいです。

やさしい気持ちになりたい季節には、織の帯の強さが気になります。
何人もの方に、きもの、良いですよね。着たいです。
と言っていただけたので、このチョイスは成功です。

その後、数日して、女将が別の会で出会った方に、私のこのときの青いきものが
良かったと言っていただけたので、やはり成功!!(笑)

さて、今夜は、自分の個性を表現できる紬が相応しい会に参加です。
また、ご報告させていただきます。
IMGP1032.jpg
IMGP1034_20111130091626.jpg
IMGP1036.jpg
IMGP1045.jpg
IMGP1052.jpg


未分類 | 09:17:12 | Trackback(0) | Comments(0)
日生劇場で、イタリアオペラ ドンジョバンニ日生劇場イタリアオペラ ドンジョバンニを鑑賞しました。
IMGP0969.jpg

その後、地下のおしゃれな創作和食の春秋ツギハギでお食事です。
IMGP0953_20111129222343.jpg

その後、人形町で飲んでいたら、隣に座られた方が、取引先の方でした。

「伊藤さんの本、読みました!」とおっしゃって、あれれ、世間は狭い!です。





未分類 | 22:26:01 | Trackback(0) | Comments(0)
ピンクの紬
来年1月22日の新年会に何を着ようかしら?というご相談をいただいています。

お持ちのものを生かして、是非何なりとご相談下さいませ。

ホテルでのパーティという場を楽しんでいただきたいです。

きもの文化普及と懇親を目的としたきもの人新年会は、今回で4年目を迎えます。

震災があった2011年は、きものを着ることの意味を再考させられた年でも有りました。

日本文化をはぐくむことが出来る喜びと使命を再確認し、新しい年を迎える喜びを、
是非多くの皆様と共に分かち合わせていただきたいです。

ご参加を心からお待ちしています。

今週は、4日連続で毎夜、集まりが有ります。
2日でもきついのですが、ここはお付き合いと割り切って 参加表明をいたしました。

昨夜は、ロータリークラブで3委員会の打ち合わせでした。

男性会員が多いので、ピンクの紬に思いっきりピンクの名古屋帯を締めて参加しましたら
大好評でした。

やっぱり男性は、ピンクです!!!!!!!!!

IMGP1001.jpg

それに対して、ご年配の同性の方は、「伊藤さんは、地味ね。もっと明るくすればいいのに」
と言って下さいました。

娘が傍に居て、「お母さん、そんな格好古臭い」とか言わなければ
年相応に、いつまでも花柄やピンクを好んでいたかもしれません。

しかし、若い人は、シックが若々しいのです。

それを相手に応じて使い分けることが望ましいと思います。

それにしても、お顔がまん丸だわ!! やせなくちゃ!!

マントは昨夜も大活躍です。

紬には、私の大好きなコートよりマントの方が合いますし
タクシーで10分の距離ですから、気軽にはおれるマントは、いつも大活躍します。

IMGP1006.jpg

その夜の、銀座スペインクラブでの会合です。

noda.jpg


ベランダに作った和風のお庭です。

IMGP0981.jpg
IMGP0973.jpg

山梨の山野をベランダに持ち込みました。









未分類 | 07:14:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ローズカラーの取り扱いを12月末で終了させていただきます。

また、帯締め・帯揚げのサイト掲載を限られたものだけとさせていただきました。

呉服の市場が小さくなり、色んなものの入手が難しくなりました。
ご了承下さいませ。

その代わり、2ケ月に1回、日本橋きもの人で

帯締め・帯揚げお買い物アドバイスを行わせていただきます。
12月16日(金)17日(土) 11:00-17:00

滝沢 晃先生のおきものが大人気で、生産が間に合いません。
このセンス、わかっていただけて嬉しいです。

12月27日(火)と28日(水)に、滝沢先生の新作展を開催いたします。
限られたすばらしいお品ですので、ご予定に入れて下さい。
ただし、きものが揃わない場合は、開催いたしません。


未分類 | 16:44:46 | Trackback(0) | Comments(0)
2月の和髪講習とブルーローズタイプ
カリスマ美容師さんから習う自分でできる和髪講習
2012年2月25日(土) 13:30-15:30 の開催が決定しました。
現在3名のお申し込みで、定員6名になり次第締め切ります。

この日は、大人気のメイクアップ講習も開催予定です。

きもののファッションタイプの中のブルーローズ
の方々に出会えば出会うほど共通性が見えてきます。

好みの色柄などと共に、身につけるものの傾向と対策
そして、男性の好みや車の運転なども共通した傾向が有るから面白いのです。

■ブルーローズタイプ

○外見
とても素朴で清純で大人しく見えます。

○個性
とても強い自我を持ち、人に頼らずに生きていくことが出来ます。
好き嫌いもはっきりしているので、5分以内で洋服を選べます。
嫌いな一言を言われたら、その人と10年間でも口をきかない強さを持っています。
一人での海外旅行も平気です。

そんな自分の強さを知っていますが、そのままを表に出すのではなく
可愛い女性として生きたいと思っています。

○色柄の好み
白に白を重ねるような着方を好み、その姿が、とても清純に見えます。
薄いピンク、藤色、水色、黄緑などが好みです。
お洋服では、黒も着ます。

柄物を着こなすのが少し苦手です。
ずっと清純派で来ているので、少しシックなものも着てみたい。
小さなドット柄が好き。
ピンクも好きだけど、オレンジが効果的です。
お顔が寂しく見える時は、オレンジの帯締めや帯揚げ
伊達衿などを加えることで明るささが出ます。


○男性との関係

冷静な目で見極めて、社会的に間違いないポジションにいる男性を選びます。
エリート銀行員とか同僚医師などです。
しかし、そんな間違いない男性でも普通のエリートではなく
はらはらさせられるほど・・・な人が好きです。
若くして独立したいとか、女性にもてて仕方ないとか
手に負えないほどやんちゃな彼でも大丈夫。
年が離れていたりせず、友人のような年の距離感です。

そんな彼に、甘く優しい声で甘えることが出来ます。
経済を彼が握っているとしても、全ては彼女の手の平です。

○その他
車は運転せず、助手席に乗る
フラメンコに興味が有り、入会するけれどやめてしまう

■旬

旬タイプの女性は、下のような着姿の女性が典型的です。

111125_210026.jpg
111125_210014.jpg

ブランドものの豹柄のトレンチコート、白いジャケット、シックで色数を抑えた柄の
シャープなワンピースやスカートなどです。



未分類 | 22:27:29 | Trackback(0) | Comments(0)
昨日のきものライフコンサルティングは、福岡から日帰りでお越し下さいました。
多くのおきものや帯などお送りいただいて
きっと、一番の問題は、個性を発見することだろうと漠然と思っていました。
どこまでお手伝い出来たことかと思いますが、
おきものは、ご自分の個性を知っていただくことが欠かせません。

遠路お越し下さいまして、ありがとうございました。

福岡のH様からのメール・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤さんのご指摘が的確で目から鱗でした。
私は逆効果のコーディネートをしていたようです。

そして自分はどうありたいのか?
が少しわかりました。
かっこよさを求めていたなんて・・・
いつも少し控えめの自分を演出していたのかな~

とおぼろげながら考えています。
今後アドバイスを元にいろいろと工夫してやって
行きたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP0742.jpg
IMGP0786.jpg
IMGP0768.jpg


未分類 | 15:16:31 | Trackback(0) | Comments(0)
素敵な赤い紬が入荷!
とても素敵な赤い紬が入荷しています。
草木染め作家大島律子さんの作品で、大変すばらしい出来栄えです。

多くの草木染め作家さんがいらっしゃいますが
大島さんは、糸選び、染料作りなどからこだわってお一人で全部なさっています。
行き着くところまで行き着いていらっしゃる本格的な作り手さんで
凛としたやさしい女らしさが有ります。

IMGP0247_20111122101304.jpg
    光沢がある糸を使った縞です。ピンク、赤、白の色が
    全て異なる色合いで並んでいます。
    ↓の紬で、コチニール、パペリーニョで染めた糸を使っています
    こちら

IMGP0257.jpg
    深い赤色がとても魅力的です。
    染料には、石垣島でやっと手に入れた”そめものいも”で染めた糸を
    使いました。
    この芋は、沖縄より南の地方の山野に自生する山芋で、食べる
    ことはできません。
    乾燥する前は本当に紅色をしていて、沖縄特産の紅芋とは異なります。
    濃い目の赤いストライプがそめものいもで、縦の黄色い色は
    しょうが科/ウコン属 で染めたものです
    

多くの紬を知れば知るほど、大島律子さんの紬のすばらしさが輝いて見えます。
素朴というより、凛とした大人の女性の風合いがある紬です。
IMGP0241.jpg
IMGP0246.jpg
IMGP0250.jpg
IMGP0251.jpg
IMGP0256.jpg
IMGP0258.jpg

きもの | 10:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
新年会の打ち合わせ
今日は、ホテルから徒歩3分の ロイヤルパークホテルに
新年会の打ち合わせに行きました。

龍というテーマで、皆様に喜んでいただけますように
楽しい企画もご用意しています。
1月に入りますとすぐに22日です。

今年中にご参加のお申し込みをお願いいたします。

IMGP0239.jpg
IMGP0237_20111121193215.jpg
IMGP0236.jpg


イベント | 19:33:55 | Trackback(0) | Comments(0)
お客様からのお声
■お客様からのお声

色無地を作られた良子様からお声をいただいています。
良子様、ありがとうございました。

・・・良子様からのメール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色無地受け取りました!(*^ー^*)
やーん素敵~。

娘と二人、うっとりです。

娘は写真でしか見ていなかったので
実際のお色にすっかり心奪われていました。

「ママ!これをきて卒業式にきてね♪」」って言われましたよ~

二人で手をきれいに洗って生地にそぉっと触れてみました。
やっぱり絹はいい!

納品の案内に従って、どこそこチェックしてみましたが、ぜーんぶOKです。

着物ハンガーにかけていて、ふと感じることがありました。
この水色、なつかしい感じがする~・・・
はっかけの模様、なにかふわっと横切るっ~・・・
そうだ。父方の祖母が好きだった色だわ!と思い出しました。

すごーい昔の記憶。30年以上も前。
着物で暮らしていた祖母でした。

おきものってすごいですね。
忘れていた記憶も呼び覚まします。

「あなたのひいあばあちゃんは、こういうお色が好きだったのよ。
着物でくらしていた人だったのよ。」って娘に少し
語ってあげることができました。

今回、色無地みたてていただいたおかげで
また一つ、しあわせな気持ちです。

素敵に仕立てていただいてありがとうございましたn(_ _ )n

早く袖を通したいな~です♪

いろいろとありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様のお声 | 16:04:34 | Trackback(0) | Comments(0)
お振袖のコンサルティング!
きものライフコンサルティング 最高のお振袖姿を実現!

成人式を迎えられるお嬢様のきもの姿を最高に素敵にご提案させていただきます。
お嬢様の個性を生かしながら、格好良く見せたいお嬢様と
かわいく見せたいご両親様達のどちらにもご満足いただける素敵な姿を
実現させていただきます。

新しくお振袖や帯をお探しすることも、
お持ちのお振袖や帯を生かして工夫することもお任せ下さい。
お持ちのものは有るけれど、どうしようかしら?
という場合は、まず、お持ちのものをお送り下さい。


■流れ
 
 お嬢様のお顔と全身がわかる写真か画像をお送り下さい。
 お母様やお嬢様のご希望をお聞かせ下さい。
 生かしたいおきものや帯、帯締め、帯揚げ、伊達衿などがあれば
 お送り下さい。
   ↓
 コーディネート画像をお送りしますから
 お好みのものをお選び下さい。


■コンサルティング費用 31,500円/回

■参考

和泉様の場合 こちら
 お母様のお振袖を、長女の方が優しい色合いでお召しになり
 今度は、青が好きな次女の和泉様がお召しになるということでアレンジ!

ももえ様の場合 こちら
 娘の来年成人式、着物はあるのですが、帯や小物の合わせ方がわかりません

起世様の場合 こちら
 振袖を2本の帯に合わせて、違う雰囲気に着こなしたいのです


コーディネート | 07:16:25 | Trackback(0) | Comments(0)
30日までのマントお誂え!
冬にまっしぐらの毎日です。
これからの防寒に最適なマントが31日まで特別ご提供になっています。

上質のカシミアとアンゴラで、形や長さをお選びいただいてお作りいたします。
少し厚手の生地が暖かく体を包んでくれて、手が自由に動かせて動きやすく
和洋兼用で使っていただけるマントです。

仮縫いという工程を経ないことで、お値段をぐんとお安くできることになりました。

通常価格 399,000円⇒11月30日までのご注文 273,000円


■形 

1)袖丈と着丈の長さ 下記からお選び下さい。 

  1)-1 袖丈と着丈共に、手の長さと同じ
  1)-2 袖丈は袖の長さで、着丈は、お尻が隠れる長さ
  1)ー3 袖丈は袖の長さで、着丈は、ひざまでの長さ (価格294,000円)

2 ) 衿のご希望

  2)-1 衿が立った形
  2)-2 衿が開いた形

3)前ボタンの部分

  3)-1 ボタンが見える形 共布くるみボタン3個
  3)-2 ボタンは中に留めて、外から見えない形

ba-sub01-1.jpg
ba-sub01-2.jpg

これは、白いカシミアを使って

1)ー3 袖丈は袖の長さで、着丈は、ひざまでの長さ (価格294,000円)
2)-1 衿が立った形
3)-2 ボタンは中に留めて、外から見えない形


次に、

IMGP2972s_20111121060254.jpg

こちらは、 

1)-1 袖丈と着丈共に、手の長さと同じ
2)-2 衿が開いた形
3)-1 ボタンが見える形 共布くるみボタン3個

約3週間で仕立てあがります。
わくわく!楽しみになさって下さいね。
詳細は、こちら





未分類 | 05:58:45 | Trackback(0) | Comments(0)
多くの感動を受けて感謝のきもちと沖縄への愛で満たされた沖縄の時間が終わりました。
これほどすばらしい時間をすごぜるとは夢にも思っていませんでしたので
ご案内下さいました方と受け入れて下さいました作り手の方々に心から感謝です。
ご参加下さいました皆様も、本当に有難うございました。


IMGP0193.jpg

思い出の、ふくぎです。綺麗な黄色の染料になります。

IMGP0195.jpg
琉球藍の木です。これから藍染めの染料を作ります。

IMGP0197.jpg
藍かめです。生き生きとしていました。

とても丁寧なご説明をいただいて、見せていただいた残布を見ていて
どんどん驚きは増しました。
IMGP0199.jpg

これは、すばらしい!これは、本当にすばらしい!!!

IMGP0200_20111119232144.jpg

究極は、先生が、奥様のために織って入選なさったきもので
LOVEというアルファベットを沖縄に古くから伝わる絣模様を組み合わせて
見事に織った藍染めでした。

IMGP0205.jpg

絣の織物でここまで自由に創作が出来るのだと、私は考えを修正させられました。
大きな衝撃です。
ずっと丁寧にお話して下さいました方が、今後人間国宝になってもおかしくない実力の先生
琉球美絣の真栄城興茂先生でした。
木綿で、これだけ精緻な柄を作れる唯一の作り手です。

先生がLOVEと織ってきものを贈った美しい奥様とお子様の3人だけで作っていらっしゃる
本当に贅沢な絣です。
ああ、これが欲しい!!(笑)

IMGP0211.jpg
シークアーサーの実がたわわに実っています。
IMGP0213.jpg

次は、芭蕉布の平良敏子先生がいらっしゃる大宜味村を訪問しました。

IMGP0218.jpg
 
IMGP0217.jpg

芭蕉の木が工房の傍で沢山育てられています。
IMGP0216.jpg

IMGP0229_20111119234026.jpg

IMGP0228.jpg
IMGP0234.jpg





未分類 | 23:19:51 | Trackback(0) | Comments(0)
沖縄滞在期間中、とてもよいお天気に恵まれています
私達が沖縄に到着する2日前まで雨、19日からも雨の予報です。
滞在期間中、幸運にも、とてもよいお天気に恵まれています。

女流紅型の第一人者宮城里子先生、男性的な大城廣四郎工房、
可愛い読谷村花織と知花花織の工房を見学して、更に沖縄芸大の
名誉教授の方のうっとりするような焼き物工房にもたどり着いて、
何とも贅沢な時間を過ごしています。

蚊取り線香、さとうきびの実り、さわやかな風、11月の沖縄は
癖になりそうです。

IMGP0104_20111118071342.jpg

沖縄は米軍基地が欠かせません。広い基地を横に見ながら車で進みます。

IMGP0115.jpg

2日目は、まず、読谷やちむんの里に行きました。読谷村の座喜味城跡の近くにあります。

IMGP0119_20111118071341.jpg
IMGP0128_20111118071340.jpg
IMGP0132_20111118071339.jpg
IMGP0133.jpg
IMGP0134.jpg
IMGP0135_20111118071526.jpg
IMGP0137_20111118071526.jpg
IMGP0138.jpg
IMGP0143_20111118071525.jpg
IMGP0147a.jpg
IMGP0149_20111118071609.jpg
IMGP0150_20111118071609.jpg
IMGP0152_20111118071608.jpg
IMGP0154.jpg
IMGP0159.jpg
IMGP0162.jpg
IMGP0172c.jpg
IMGP0184.jpg
IMGP0190_20111118071752.jpg


未分類 | 07:36:29 | Trackback(0) | Comments(0)
昨日から沖縄に来ています。
最高の時間を過ごさせていただいています。
気温27度で暑くて、半そででも良いのです。

快適な室内で過ごして屋外に出る度に、もっと楽に
していいんだよっという暖かい気持ちが良い風に
迎えられます。

お食事も地元の人たちが通う美味しいところで満喫です。

昨日は、首里と紅型の作り手達を訪問しました。
城間栄順先生や知念貞男先生にお会いしてお話できて
驚くやら光栄やら、楽しい時間です。ホホホッ

未分類 | 07:11:39 | Trackback(0) | Comments(0)
沖縄那覇で最高の時間を過ごしています
沖縄那覇で最高の時間を過ごしています。
来て実際に見て体験すること、大切ですね。

IMGP0006_20111117051023.jpg

飛行機から見た那覇の町は、穏やかで暖かく、全てを受け入れてくれるようでした。

IMGP0015_20111117051022.jpg

最初に訪問させていただいた読谷山花織の工房は、美しい織物を見ると共に
ステンドグラスの技法を使ってトレイや鏡を織物で飾っていました。

IMGP0016_20111117051022.jpg

工房の庭に、パパイアの実がたわわに成っているのが見えます。

IMGP0025_20111117051021.jpg

黄色いもこもことした飾りは、織物で余った糸を飾っているのです。

IMGP0026_20111117051021.jpg

読谷山花織の布を入れ込んだトレイ

IMGP0030_20111117051020.jpg

とても美味しかった沖縄そば 稲荷付き

IMGP0033a.jpg

首里城の入り口 門の真ん中を通れるのは王様だけでした。

IMGP0038_20111117051250.jpg

夏物の民族衣装をつけて案内して下さるガイドさん
帯は、前結びです。

IMGP0040_20111117051249.jpg

首里城の中のお茶室です。
琉球王朝にまで茶の湯が伝わっていたのですね。

IMGP0044_20111117051249.jpg

これから城間栄順先生の工房を訪問させていただきます。
先生、いらっしゃるかな~?

IMGP0049_20111117051248.jpg

工房に入ってすぐ、丁寧な説明をしてご案内下さった素敵な方が栄順先生の奥様だと
後から分かって、少しドッキリです。

IMGP0051_20111117051247.jpg

型紙も全部先生の所で作ります。

IMGP0052.jpg

糊ふせをした後、顔料を人の髪で作った刷毛で刷り込むように染めて行きます。

IMGP0054.jpg

こんなに綺麗に染め上がります。

IMGP0061a.jpg

栄順先生ご夫妻と一緒にパチリ!先生は、もくもくと手を動かして染めていらっしゃいました。
奥様は、義父である人間国宝 城間栄喜先生との思い出などを語って下さいました。

とても丁寧なご対応をいただきまして、有難うございました。

IMGP0065.jpg


次に、こちらも、大変すばらしい 紅型作家 知念貞男先生の工房を訪問させていただきました。
琉球びんがた三宗家の一つ、知念家八代目当主で、球びんがた技術保持者です。

IMGP0084a.jpg


ご一緒に写真もパチリ!
ここで、大変すばらしい紅型の訪問着なども見せていただきました。

IMGP0087.jpg
IMGP0089_20111117051641.jpg
IMGP0091.jpg

夜は、四つ竹という那覇料理のお店で、舞踊も楽しみました。
初日から盛りだくさんで大変充実した時間でした。

IMGP0097_20111117051640.jpg

未分類 | 05:21:22 | Trackback(0) | Comments(0)
お母様のお振袖をお嬢様がお召しになります

お母様のお振袖を、長女の方が優しい色合いでお召しになり
来年、次女の和泉様がお召しになるということで
小物で様々なコーディネートをさせていただきました。
和泉様は、青が好きでAKB48の大ファンです。

いかがでしょうか?

赤紫のコーディネート
IMGP0542.jpg
IMGP0545_20111115183151.jpg

濃い紫のコーディネート
IMGP9146_20111115183150.jpg

スカイブルーのコーディネート
IMGP9150_20111115183150.jpg
IMGP9153_20111115183149.jpg

青のコーディネート
IMGP9186.jpg

濃い青のコーディネート
IMGP9182.jpg

黒のコーディネート
IMGP9191.jpg
IMGP9197.jpg
IMGP9196.jpg

・・・お母様M様からのメール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

振袖の帯締めについてご相談したいと思います。
父の体調が思わしくないことは少しお話ししましたが、高齢でもあるので
娘の成人式の写真の先取りを11月27日にすることにして、
父にも見せておきたいということになりました。

着物と帯はあり、帯揚げも手持ちで何とかなりそうなのですが、悩んでいるのが帯締めです。
急なので、伊藤さんにお願いするのも、と迷っているうちにもっと切羽詰ってきてしまいました。
自分でデパートへ行って選ぼうかとも思いますが、やはりもしお願いできるものならありがたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

着物は私のもので、白地にグリーンの絞りや黄色い手描きの花が部分的に入っています。
上の娘も同じ着物を着たので、そのときの写真もご参考までに同封しました。
上の娘はピンクの帯が良いと言ったので、小物もすべてピンク系統でした。
今見ると、着物人さんで目が肥えてしまったせいか、少しもの足りなく思えます。

和泉は165センチあり、活動的なタイプなので、かなり大柄な桐の模様を刺繍した
オレンジ色の帯を使おうと思います。
本人が好きな色は水色や紺などで、AKBのファンというチャラチャラしたところもあります。

帯が違うから小物も変えなくちゃ、と上の娘の写真を見ながら考えていて、
最初「帯揚げはあるから帯締めを」という発想でした。
でも、本人の顔立ちや雰囲気、内面に合わせて着姿を調整していくためには、
帯揚げだけ最初から存在しても合わないかもしれませんね。

もし使えなければ、他のものを選んでいただけるとうれしいです。
それから伊達襟のことも私の頭から抜けていました。
できましたら、それもよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お忙しいところをお願いしてしまいましたが、楽しみでわくわくしています。
やはり自分のあてずっぽうなコーディネートにしなくてよかったと、しみじみ思っているところです。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すばらしい!
神業のような早さで、コーディネートして下さったんですね!
どれもなんて素敵な色あわせでしょうか。
娘がもう帰ってくる頃なので、一緒に選びたいと思いますが、
私としては赤紫か青のコ-ディネートが好きです。スカイブルーも惹かれるのですが、
ちょっと浮くかなあという気がして・・・
ああ、楽しみです。早く帰ってこないかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
半襟については、グレーという色は顔色が沈まないか、伊藤さんのご意見を伺いたいのですが。
本人はどちらかというと色白です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




未分類 | 18:47:54 | Trackback(0) | Comments(0)
今日の那覇
今日の那覇は、気温25度です。ウフフッ!!

東京よりずっと暖かいです。

楽しいよお・・・・・・っ!!



未分類 | 17:56:01 | Trackback(0) | Comments(0)
歌舞伎見物の染め帯
日曜日に、新橋演舞場で歌舞伎を見てきました。
尾上一門の顔見世代歌舞伎で7世梅幸さんの17回忌、2世松緑さんの23回忌の追善公演です。

私達は2階席花道の真上なので、菊五郎さんや菊之助さんが何回も立ち止まって
私達を見上げて、しばらく立ち止まって下さるのです。目が会った気になって、
よいお席でした。ホッ(笑)

人情話や踊りを堪能して、美味しいお弁当も食べて、きもの姿の沢山の方々の着姿を
参考にさせていただきました。
付け下げ、色無地、紬など様々でしたが、目立ったのは染め帯の楽しさです。

鳥獣戯画やこだわった染め帯を効果的にお召しの方が多かったです。
皆様ほっとくつろいで歌舞伎の時間を楽しんでいらっしゃる様子でした。
平和で有ってこそこんな時間を満喫できると、この秋ののどかさを嬉しく思いました。

歌舞伎見物のおきものの大いに参考になりました。
好い染め帯が欲しいなあ~。

きもの | 06:02:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コンサルティングで毎日どんどんおきものが届いて大忙しです。
明後日から沖縄に参ります!!
楽しみです。


未分類 | 14:34:33 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、コーディネート講座が有りました。
今日は、コーディネート講座が有りました。

IMGP9052.jpg

コーディネートが、全然分かりません!
いえいえ、最初に比べると、とても前進なさったと思います。

地味と格好良いの違いは、自分を客観的に見ることと
地味にならない格好良い色を知ることでしょう。

IMGP1898.jpg

これは、ご自分で考えたコーディネートです。

IMGP9077.jpg

自分らしさを出すには、もっと深く内面まで届く色を選ぶこと。

IMGP9054.jpg

今日のお召しと八寸名古屋帯が、帯締め・帯揚げで変わります。

IMGP9055.jpg
IMGP9056.jpg
IMGP9058_20111112205717.jpg


未分類 | 20:58:56 | Trackback(0) | Comments(0)
今夜24時までのお薦め!
今夜24時までのお薦め!

今日まで、とてもお得なご提供のお召しと八寸名古屋帯は
本日24時まで特別価格で、合わせてお求めいただいて、68,460円もお徳です。

詳細は、こちら

画像で、しっかりご覧下さい。
どのお召しと、どの帯の組み合わせでも可能です。
追加画像が必要な方はご連絡下さい。(20時まで)

IMGP0223.jpg
IMGP0364.jpg

綺麗な水色の細い縞お召し+ 実るほど、こうべを垂れる稲穂かな!の八寸手織り帯

IMGP0237.jpg
シックな紫の縞御お召し+白地に鳥獣戯画の八寸手織り帯

IMGP0352_20111110173549.jpg
多くの方にお似合いの青いモダンな縞お召し+おしゃれな赤い地色にメリーゴーラウンドの馬

IMGP0316_20111110173656.jpg
IMGP0300.jpg

細い線から太い線へ動きがある都会的な縞お召し+深緑地にふくろうの八寸手織り帯
不苦労(ふくろう=もう苦労しません!)

IMGP0337.jpg
IMGP0324.jpg
大人気の水色と茶色のさわやか縞お召し+優雅な大きな花の茎にキリギリスの

IMGP0270.jpg
IMGP0285.jpg

一番人気、薄茶に細い縞から太い縞へ変化がある縞お召し+黒地にたまげた の珠と下駄が楽しい帯


IMGP0247.jpg

IMGP0252.jpg

格好よい白に黒の縞お召し+楽譜と楽器が織り込まれた可愛さのある八寸手織り帯


西陣で織ったお召しは、単衣にも袷にも最適です。
西陣で織った手織り八寸名古屋帯は、とても締め易くて、
繊細な柄表現を上手く行った、飽きのこない帯です。

合わせてお求めいただくことで特別価格になります。
多くの皆様にお召しいただきたく、本日24時までの限定価格です。


未分類 | 17:41:25 | Trackback(0) | Comments(0)
おしゃれな牛首紬の後染め着尺と袋帯、本場結城紬などが
続々と入荷しています。

吉野間道は、素敵な迫力が断然強いので、色んなおきものを素敵に変身させてもくれます。
個性的で迫力がある滝沢先生の訪問着から結城紬まで合わせて締めていただけます。
帯締め・帯揚げをコーディネートしてみました。

首里の帯も、とても素敵!!

牛首紬の後染め着尺は、紬の着易さと、後染めの格の高さが有って
40歳代の働く女性の皆様に、とてもお薦めです。

IMGP8900_20111110134950.jpg
IMGP8912_20111110134949.jpg
IMGP8924_20111110134948.jpg
IMGP8943.jpg
IMGP8950.jpg
IMGP8959.jpg


未分類 | 13:52:28 | Trackback(0) | Comments(0)
今月のきものライフコンサルティング特別ご提供

■今月のきものライフコンサルティング特別ご提供

 このシーンに最適で、私を最高に素敵に見せてくれるコンサルティングをお願いします。

 特別価格 31,500円 限定2名様

 お持ちのものを生かしながら、最適な姿をお作りしましょう!
 今月中に日本橋オフィスに面談にお越し下さい。
 コンサルティングの詳細は、こちら

未分類 | 06:51:20 | Trackback(0) | Comments(0)
沖縄ツアー明日締め切りです。
沖縄ツアーは、明日締め切りです。
お申し込みの方は、明日までに参加費のお振込みをお願いいたします。

今、沖縄は、半そででも良いけれど、長袖がベターという程度の気温です。

沖縄で、沢山の紬を見られるので、とても楽しみです。

美味しいものも沢山食べましょう!!


未分類 | 16:51:28 | Trackback(0) | Comments(0)
キザミコム着姿
以前、モロッコの国に、モロッコ大使を訪問させていただいたことが有ります。
大使の友人の方がお誘い下さいました。
大使公邸を訪問させていただき、信じられない位厚いおもてなしをいただいて
心から感激いたしました。

その広瀬晴子元大使が帰国なさって、昨夜開催されたモロッコの夕べに
お招き下さいました。
銀座東武ホテルの会場には、400名以上の方々がご参加になり
アットホームな楽しい時間になりました。
IMGP8868_20111109064705.jpg

きもので作った美しいモロッコの民族衣装であるジュラバの
ファッションショーがあり、ベリーダンスあり、沢山の景品があり、
美味しいモロッコ料理も次から次に出てきて、途中から席を立たれる方も
少なかったです。立食バイキングです。
IMGP8876.jpg
IMGP8878_20111109064704.jpg
IMGP8879_20111109064703.jpg
IMGP8882_20111109064702.jpg

IMGP8888_20111109064734.jpg

なべおさみさん、小池百合子さん浜田マキ子さんなど、蒼々たる方々がお越しでした。

IMGP8869_20111109064705.jpg

広瀬元大使のすばらしいお人柄が随所に感じられ、その心使いに
感激の思いでした。
こんなにすばらしいは、接するみなさんが幸せになります。
こんな方に、ますます国政などで活躍なさっていただけたらと思います。

さて、こんな時のおきものは、室内照明の中で、暗さに対して
どんな風に刻み込むことが出来るのか?ということがポイントです。

そうです。刻み込む(キザミコム) 感覚です。

夜の暗さとスライドも上映するような暗さの中
広い混雑した室内で
カサブランカ、マラケシュ、フェズなどの町を想像させ、
大地、砂漠など、アラビア文化が香りたつ中では
4畳半文化である日本的な色柄は弱く感じられます。

色無地など染めのおきものでも、物足りないと思われます。
会場には、色無地、小紋、大島紬、訪問着の方々もいらっしゃいました。

私が選んだのは、滝沢先生が、生地からこだわって作られた訪問着です。
お召し糸の段階で染めて、富士山模様に地紋を織り込んだ生地を
その後、また市松柄に染めた訪問着です。
糸も染料もたくさん使っているので少し重いのですが
糸の間に色と光沢が刻み込まれたような風合いが有ります。

そのおきものに、イタリアの寺院模様を織り込んだ佐波理の袋帯を締めました。
色は大人しいのですが、光に対するインプット力がある着姿になったと思います。

さて、会場では?

知らない3名の方のお声をかけていただきました。
お誘い下さった方も、写真で見るより・・・と
おっしゃって、帯のお話が続きました。

今夜の着姿、大成功!!

広瀬様は、さりげなく

 これがご自慢のバッグね! と言って下さって

私の黒いローラリーバッグを見て下さっていました。

やったあ!!(笑)

秋の夜のパーティきもの攻略力、少しずつでも高めたいです。(笑)

IMGP8885.jpgIMGP8889.jpg
IMGP8893.jpg


未分類 | 06:55:06 | Trackback(0) | Comments(0)
今夜のきもの
今夜は、日本モロッコ協会主催のモロッコの夕べに行かせていただきます。
きもの人のボランティアをして下さっている節子さんのご友人が元モロッコ大使で
お声がけをして下さいました。

さあ、何か着ようかしら?っていつもの頭の痛さです。

この秋は、すすきの訪問着をまだ着ていないのですが
今日はそんな気分ではないのです。

同じ訪問着でも、立場、立場で相応しいおきものが少しずつ違います。

今日は、あの訪問着にしようっと!!


コーディネート | 14:56:36 | Trackback(0) | Comments(0)
おきものでお出かけができるスポットや教室
40代の方々がこの秋におきものでお出かけができるスポットや教室をピックアッ
プしてみました。
最近TVなどで取り上げられたスポットなども入っています。
ご参考になさって下さい。

①陶芸 (季節の器作り「雪ダルマのランプ」など) こちらこちら
場所:青山ベルコモンズ、千葉・市川

STB139 ライブレストラン(JAZZ、POPS)
場所:東京・六本木

2k540「AKI-OKA」(最近オープン。職人やデザイナーの少量生産の商業施設)
場所:秋葉原~御徒町

④Island Gallery (版画家:名嘉睦稔のギャラリー、最近TVで取り上げられま
した) こちらこちら
場所:東京・八重洲、沖縄

和菓子やさんの和菓子教室
場所:東京・中野

根津美術館 (次回の展覧:中国の陶磁・漆・青銅 )
場所:東京・青山

ディナーショー(エンタメ、これからの時期ならでは)
場所:全国各地(ホテルなど着物で出かけやすい)

庭園美術館
場所:東京・目黒

⑨その他
バレエ

没後150年 歌川国芳展

イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師-グェッリーノ・トラモンティ展

ロートレック展 

シネマ歌舞伎


未分類 | 12:22:04 | Trackback(0) | Comments(0)
氷竹文の本袋帯
この氷竹文と題名された本袋帯は、小堀好みと伝えられる桂離宮の庭を題材にしたものです。
桂離宮は、江戸初期に半世紀にわたって作られた八条宮家(後に桂宮家)の別荘です。
南に、極楽浄土の世界を現したとされる石庭の「寂光園」があって、静寂な中に、
獅子脅し(ししおどし)の音が響き、法然上人の浄土宗を顕示しています。
006613-i01_20111108091011.jpg

この庭園の畳石は、正方形の切石を配置したもので、その空間構成は以前には見
られない斬新なものです。

龍村光峯は、からっとした空気の寒い冬の日に、凍てついた、張り付くような冷
たい空気をやぶる獅子脅しの音を聞いて、その音を、石畳と獅子脅しの竹と、冷
たい氷のような空気にかけて、氷竹文と題したこの帯を作りました。

氷の冷たさが感じられる冷ややかな透明感や空気を割る音色が聞こえてきそうな
風合いです。その光景を、白、金、銀、黒の色の調和と鋭角に織り上げた
形の妙で構成しています。
桂離宮でのお茶会などで、是非締めていただきたいです。

006613-i11.jpg


未分類 | 07:52:59 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪での出会い
大阪での出会いの一つ、漆のリンクを作っていらっしゃるの響さんです。
このリンクは、和洋で使えてモダンなおしゃれ感が有ります。

コーディネートのトークショー等で大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

IMGP8734_20111108051530.jpg
IMGP8736.jpg

未分類 | 05:16:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。