03月 « 2012/04 » 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
似合うを知る!5月3日4日
似合うを知る!5月3日4日は、40分の中で、その方のおきものの問題点を
可能な限り解決しましょう。という時間です。

きものと帯の格使いが間違っている方が多いですし
合わせる帯に自信がないとか
ご自分のきものが似合っているかどうか分からないという方が多いです。

本格的で総合的な解決には、きものライフコンサルティングがベストなのですが
その短縮版がこの 似合うを知る40分だと言えます。

きものライフコンサルティングは、事前に問題点を把握して
コンサルティングの時間で確認と問題解決に向かいます。
ですから、スピードも速いし、内容が濃いと思います。

似合うを知るは、その時に問題をお聞きして
出来るだけの解決を行います。

5月3日と4日の似合うを知るは
お早く申し込みいただければ、それだけ事前準備が出来ますから
お早めにお申し込み下さい。

IMGP1079.jpg

こちらは、好みのセンスの確認をなさりたい方でした。
この縞お召しもとてもお似合いなのですが
ご本人は、ものすごくこだわったものがお好きなのです。

IMGP1118_20120429100457.jpg

これほど細かく繊細な結城紬のようなものがお好みです。
その確認をさせていただいた40分でした。

似合うものを教えて下さいというよりは、その嗜好に対して
理由や妥当性を私が鏡の役割をしてお伝えしたような時間でした。

似合うを知るのお申し込み期限は、明日30日です。こちら

スポンサーサイト
コーディネート | 10:08:27 | Trackback(0) | Comments(0)
高橋宏光さんの版画と帯
今日は最高に楽しい1日でした。
たのしい・・!!って何回も言っちゃいました。

この連休が9日間だとしたら、9日分以上の楽しさを味わった感じでした。

こんぴら歌舞伎が継続して、この楽しさを運んでくれたのです。

こんぴら歌舞伎のきものの展示会で、型絵染めのすばらしい帯に出会いました。

工芸家添田 敏子さんと、そのご子息で50歳代の高橋宏光さんです。

IMGP9103.jpg
これは、添田 敏子さんの帯です。全通で明るいエメラルド色の地色に
華やかな色合いで 「五条の夜 エメラルド」と題されています。

お二人は、版画家として作品を作っていらっしゃるので、きものや帯を作ることはほとんどなく
大変珍しいものとして、お二人の染め帯が有りました。

一方私は、ずっと満足出来る染め帯を探していて
なかなか出会えず、型染めが力強い表現力を持っていることにとても引かれていたのです。

しかし、だからと言って、展示会場で一目見て、お二人の作品に引き付けられた訳では有りません。

他のきものや帯など全体を見て、やっぱり引き付けられたお二人の染め帯の1つが
高橋宏光さんの歌舞伎の絵柄でした。

私は、若い頃から集めている絵画は、人の絵ばかりという人物好きなのです。

何回見ても、力が有るその染め帯をいただくことにしました。
その理由は、今まで持っていない雰囲気でした。
この帯なら歌舞伎見物にも最適です。

そんな風に出会った高橋宏光さんの版画は、トールマンさんという方がコレクションなさっているとお聞きしました。

そのトールマンコレクションを、今日訪問して、高橋宏光さんの版画と出会ってきたのです。

浜松町の隠れ家のような民家をギャラリーにして、外人向けに作られたスペースでした。
200枚近く見せていただいたかもしれません。

こんなに多くをご覧いただくことは有りません。

と言われながら、

だって、見なくちゃわからないじゃない!と思うのです。

面白い!面白い!細胞がうずうずしてきます。(笑)

ぎゃははは!!こんなに面白いのは久しぶりです。

京橋や銀座の画廊の絵画からも、これほど感性をゆすぶられません。
今日は、ボストン美術館日本の至宝展にも行こうと思っていたのですが
絶対にこちらの方が面白いと思いました。

30歳前から高橋宏光さんが作ってきた版画を見て、
単色から多色刷りになり、カッパ刷りという紙を切り抜いて型紙を作る技法の中で
年を重ねられるほどタッチが冴えてくるのがよくわかりました。

歌舞伎だけを描く
女性より男性が上手い!
日本の古典的な色使いをする
紫、墨黒、赤、緑の色が得意

と、1枚1枚見続ける内に、段々見えてきます。

作者の全体を知る
特徴を判断する
自分の好きと作者の特徴の合致する部分を見極める
壁に掛けて見飽きないか判断する
つまりそれだけの力があり、相性がよいか見極める

これが必要になるのです。

120428_1535251.jpg

これは、高橋宏光さんらしい上手く出来た作品で最後まで候補に残ったものの1つです。
紫の色使いも好きです。
でも、ずっと好きになれると思えませんでした。

120428_1528301.jpg

これは、とても気品高い作品でした。
くらくらするほど素敵だと思いました。
しかし、何回か見た最後に、他の作品に負けました。

壁にかける絵は、さりげなく見ているようですが
実は感性と感性のぶつかりあいだと思います。

さらりとしすぎているよりは、何かを刺激して欲しいのです。

という訳で、選んだのは、この絵です。

120428_1740561_20120428234856.jpg

大きな躍動感と赤と紫の色の小気味が良いです。
黒い線で縁取るカッパ刷りの強さも好きです。
良い刺激が伝わって来そうです。

これだけのものを作る方の大変さと、絶え間ないご努力に頭が下がる気がします。
これだけのものを完成させるところに行き着くまで
どれほど大変なことかと思います。

それらを比べてあれこれ言っている私の気楽さよと思います。

ああ・・・面白かった。

この楽しさや物選びは、きもの選びにとても似ていると思って
ますます楽しくなりました。

人は、既知のものでは、わくわくしないのです。
新しい自分や、新しい感性に出会うためには、自分の常識を超えるものとの出会いが必要です。
でも、自分の常識を超えているから、その良さを認めるのに少し時間がかかるし
本当にこれで良いの?と思うのです。

その距離感やタイミングや方向性がとても難しいです。

その違和感に決着をつけたり自分を納得させるためにも
少し時間がかかるのですが
沢山版画を見せていただいている間に、それが解決しました。

私の常識にない世界観です。(笑)

目の前で、何枚も版画をめくって下さる方が、

この人は、どうする気かしら?

と思っていらっしゃるだろうことにも決着が着きました。(笑)

額装をどうしようとご相談した結果、銀座の伊東屋さんが良いということで
行ってみたら、本当に沢山の額が有りました。

120428_1728151_20120428235432.jpg

120428_1736081.jpg

白いきものに対して真っ白いマットでは色がくすむので、少しクリームがかった色合いのマットを
7cm程度入れて、数種類の中から選んだ黒い木枠の額に入れて、10日程度で額装されて出来上がってきます。

まあ、嬉しい!!

白い助六と題されたこの絵を見て

歌舞伎の絵柄が染められた帯を締めて

香川のこんぴら歌舞伎が導いてくれた高橋宏光さんの作品達との出会いが
とても良い思い出になります。

こんな贅沢が有るから、きものは楽しいと思わずにいられません。

これが、私の帯です。
IMGP9175_20120430105908.jpg

IMGP9177_20120430110026.jpg

IMGP2607.jpg

人物が強調され過ぎず、多くの色合いで
主張する迫力と溶け合う調和の両方を持っている帯ですね。

と、ひたすら自己満足です。


きもの | 23:02:29 | Trackback(0) | Comments(2)
ゴールデンウィーク中だけのお薦め!第3弾!
東京は、夕方までずうううううううううう・・・と雨だったのに
京都に電話をしたら、朝からずっと良いお天気だったそうです。
やっぱり違いますね。

さて、ゴールデンウィーク中だけのお薦め!第3弾!は、
豪華に牛首紬の訪問着と袋帯です。

IMGP8268.jpg
IMGP8277_20120427192123.jpg

裾と袖に向けて、ベージュの色が横段になって段々濃くなって行きます。
衿元の色合いも、日本人の多くの方のお顔を明るくシャープに見せてくれる色合いですし
上品な柄の入り方は、柄で仰々しくしたくない方に最適です。
品格有る色柄です。

IMGP8273_20120427192615.jpg

そこに、何とも風合いと柄行きの良い袋帯を合わせます。
IMGP8299.jpg

金銀が入っていないので、様々なシーンに合います。
こだわった更紗柄と力強いオシャレ感が有ります。

後は、帯締め・帯揚げで、色々にコーディネートを楽しんでいただけます。

IMGP8293.jpg

同窓会などに最適ですし、歌舞伎や観劇、音楽会なども楽しんでいただけます。
牛首紬の後染めの訪問着は、艶やかで上品な光沢と紬の着易さで
ご利用シーンがとても広いです。
紬、紬の訪問着、色無地、小紋、付け下げ、訪問着まで合わせていただけます。

また、一方、帯に金が入ったものに変えると、おきものを豪華なパーティ一でもお召しいただけます。

■価格

牛首紬の訪問着ベージュ 裾に横線
 945,000円+特選お仕立て代(袷)半額48,563円=993,563円

袋帯 都製 カトリーヌ 273,000円+お仕立て代半額4,200円=277,200円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
計 1,270,763円

10回の信販の場合 初回127,763円 2回目以降 127,000円×9回

10回以上の信販をお使いの場合、10枚までの手数料を引かせていただきます。

こちらからお申し込み下さい。


コーディネート | 19:16:31 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴールデンウィーク中だけのお薦め!第2弾!
ゴールデンウィーク中だけのお薦め!第2弾!

単衣に最適な本塩沢絣とおしゃれな八寸名古屋帯です。

IMGP9117.jpg
IMGP9112_20120427182445.jpg

黒に近いほどの紺色は、とてもカリッとして格好よいのです。
ああ、、私も麻の葉の塩沢絣を持っているのですが、こっちの方がずっといいわ!!

と嘆いてみてもはじまらない!のです。(グスン!)

それほど良い風合いです。

毎年、単衣の季節にこの塩沢を着るのが楽しみになることでしょう。

その理由は、横糸に強撚糸を使って2500回転させているからです。
これによって、とても繊細でからりとした風合いを作り出すことに成功していま
す。端正できりりとしたしぼ(凹凸)があるので、蒸し暑い単衣にも
さらりと着ていただけます。
一般的な塩沢の回転は、1800回転なので、こちらの方が、よりキリリとする風合いになるはずです。
肌にしゃっきりして、着心地が良いです。

もちろん、裏をつけて袷にも適しますが、ベストは単衣でしょうね。

本塩沢絣は、厳選した2種類の中からお選び下さい。

有栖川の大きな模様が縦にならんだこの柄は、衿元にどちらの柄を出すのか楽しみです。
IMGP9120.jpg
もう1反は、シンプルだけど、おしゃれの定番、麻の葉の模様です。
IMGP9107.jpg
IMGP9109.jpg


どちらも欲しくなるほど好きです。

それから、この帯は、絶対に素敵!

私は、結城紬に合わせて、この八寸帯を締めていますが
とてもとても締め易くて、いつまでもいとおしいです。

■価格
本塩沢絣 378,000円+特選仕立て代半額26,775円=404,775円
八寸名古屋帯 296,100円+かがり半額3,150円=299,250円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 計  704,025円

10回の信販の場合 初回70,425円 2回目以降 70.400円

10回以上の信販をお使いの場合、10枚までの手数料を引かせていただきます。


未分類 | 18:29:49 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴールデンウィーク中だけのお薦め!
ゴールデンウィーク中だけのお薦め!がスタートします。

今日から5月6日24時まで期間限定、おしゃれなコーディネートを特別ご提供です。

 10回までの信販手数料当社負担
 お仕立て代半額サービス

第一弾!

きもの人特選お召しと、冬以外に締めていただける絞りの名古屋帯ひまわりです。

IMGP9078.jpg
IMGP9081.jpg
IMGP9089.jpg
IMGP9085.jpg
上質なスーツのようなこのお召しは、京都西陣で丁寧に少量ずつ織られています。
IMGP3115_20120427173142.jpg

絹糸を先に染めてから織ります。
が、その前に、絹糸を引っ張ってねじって糊で固ます。
それによってお召しの風合いが出ます。
引っ張った糸を1m当たり250回転させたものを糊で固めた後、
湯のしで収縮させるのです。

この収縮によってしぼが出来て、このお召しらしい風合いが出ます、
きもの人特選お召しの特徴は、このしぼが高いことです。
しぼが、凹凸が程よく大きくて、ぺたっとしていません。

4月5月の明るい日差しに光沢や着心地が良く合います。
また、単衣にも適した、さわやかな生地です。

帯は、特別に作った生紬を、絞りで絞って柄を出してものです。
こだわった可愛さが大胆に表現されています。

□価格

きもの人特選お召し 126,000円+ 普通仕立て・付属代半額(袷の場合)24,780円=150,780円
 お召しは、お好みの色柄に変えていただくことも出来ます。

九寸名古屋帯 ひまわり341,250円+お仕立て代半額4,725円=345,975円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 計 496,755円

10回の信販の場合、初回50,355円 2回目以降49,600円×9回




未分類 | 17:36:11 | Trackback(0) | Comments(0)
色々とお問いあわせをいただきます。

ナュラルに見せてきものに負けない
おしゃれ度抜群!メイクアップ講習 こちら
2012年5月27日(日)10:30-12:30募集中!

銀座の和髪と併せて受けていただけます。こちら

未分類 | 14:55:39 | Trackback(0) | Comments(0)
昨日は、ボイストレーニングの日でした。
声にも若さが有るということです。
気をつけなくちゃ!

さて、新潟十日町の滝沢工房(6月2日)で、何より私が楽しみにしているのは、
新しく染め上がったステンドグラスのお振袖です。
今度のステンドグラスは、シックモダンだということです。
もしかしたら、年齢に関係なくお召しいただけるのかもしれませんね。

新たに作り出される芸術的な作品との出会いって
本当にわくわくいたします。

滝沢先生の新作訪問着です。
IMGP8562.jpg

未分類 | 06:54:40 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴールデンウィーク中の似合うを知る40分!
ゴールデンウィーク中に、似合うを知る40分!を開催します。

日時:

5月3日(木・祝)
 4日(金・祝)

2日とも

11:00-11:40
13:00-13:40
14:00-14:40
15:00-15:40
16:00-16:40

募集締め切り 4月30日(月)

似合うを知るは、40分の中で、あなたのきものの問題点を
伊藤康子が解決するものです。
詳細は、こちら

未分類 | 10:21:41 | Trackback(0) | Comments(0)
6月十日町滝沢工房訪問と山菜採り!
先日、滝沢先生がお越し下さいまして
十日町にご招待下さいました。

今年の新潟は、とても雪が多くて、まだ桜も咲きませんが
これから、どんどん春の美しさになってまいります。

そんな新潟十日町を楽しんでいただいて、滝沢工房で糸目友禅体験や
滝沢先生のおきものを見せていただいく楽しい時間を過ごしていただけます。
山菜採りの季節になりますから、リゾートホテルベルナティオの近くで
蕨などの山菜採りもしていただくことが出来ます。

是非、ご参加下さい。

日時:6月2日(土)3日(日)

   2日(土)滝沢工房訪問

      東京から新幹線で1時間の越後湯沢駅から
      ほくほく線で30分の場所にある十日町駅集合

      お昼頃 滝沢工房訪問 
          お食事

      16:30頃 日帰りの方は帰路へ
           宿泊の方は、リゾートホテルベルナティオへ

   3日(日)朝から山菜採りや十日町を楽しむ

午後 帰路へ

  参加お申し込みは、こちらからお願いします。

未分類 | 12:54:57 | Trackback(0) | Comments(0)
四国香川のこんぴら歌舞伎
四国香川のこんぴら歌舞伎から、一昨日帰ってきました。
江戸時代に立てられた芝居小屋で500名も入らない小さな会場は、とても大きな
はりが渡り、戸外の風を取り入れたり、ちょうちんの素朴な明かりが嬉しいとこ
ろです。

こんぴらに行って、旅行の時のきものについて考えました。
今回、1泊2日の旅行で、着替える時間もほとんど無い旅程だったので、
1枚のきものに帯2本で荷物を減らしました。

コートは雨コートのみ。これは正解でした。
旅行の時は、とにかく楽しもうと思うので、コーディネートが派手になります。(笑)
それだけ自由で良いのだと、荷物を詰めながらわくわく楽しんでいました。

讃岐うどんは、足で踏むからあれだけ腰が出るのですね。
腰の強いうどんは、一層大好きになりました。

IMGP2464.jpg

羽田で集合!東京から70分であっという間に、自然がのどかな美しい香川に着きました。
少し肌寒くて、翌日は雨も心配されました。

IMGP2467.jpg

迎えてくれたのは、何と言っても讃岐うどんです。
腰が強いのは、足で10分以上踏みつけるのだと、初めて知りました。
美味しいです!

IMGP2468.jpg
IMGP2470.jpg

高松は、四国の中でも一番雨が少ない県なので、溜池が沢山作られていました。

IMGP2494.jpg
IMGP2495.jpg

昼食後、旅館に入って、金丸座に移動します。
歩いても行ける距離ですが、少しのぼり坂です。
道沿いの両脇に、おみやげ物やさんや旅館が並んでいました。

IMGP2479_20120424110307.jpg

金丸座に着きました。
江戸時代に建てられた建物を修復して村おこしとして、毎年、年に一回
この季節に歌舞伎公演が有ります。

IMGP8712_20120424111116.jpg

入り口は、こんなに低くなっています。
が、中は快適です。
ボランティアの学生さんと思われる方々が沢山居て
パンフレットや靴入れのビニールなどを配っています。

IMGP2483.jpg

金丸座の中は、大きな梁が渡り、ちょうちょんがぶら下がり
屋外の光や風を取り入れた、江戸時代や日本の古来の建築をしのばせるすばらしいものでした。

IMGP8713.jpg

人間国宝中村吉右衛門さんの艶やかな芝居や襲名披露の口上など存分に楽しめました。
おきもの姿の方が多かったです。
20120128_00043105m0k.jpg

私は、今回襲名なさった種之助さんが何と言っても素敵に見えました。
かなりファンになりました。(笑)

IMGP8718.jpg

「こんなところで、おきものを着たいわ」というお声もどこからか聞こえていました。
飛行機の中やおみやげ物やさんなどで、

「おきものでどちらへ?」とか
「こんぴら歌舞伎ですか?」

等とお声をかけていただきました。

IMGP8727.jpg

IMGP2503.jpg

IMGP2509.jpg

IMGP2512.jpg

旅館は、お料理がすばらしく、朝もお昼の懐石も夜の懐石も
とても美味しかったです。

IMGP2530.jpg

おきものは、京都の染めや全国の紬などと素敵に楽しく出会わせていただきました。
旅とおきものが一緒になった、楽しい思い出になりました。

IMGP8734_20120424111111.jpg
IMGP2565_20120424111117.jpg

翌朝は、千秋楽だけのお楽しみです。
歌舞伎役者さんたちが金丸座の前でもちつきをして配って下さいます。
もちつきも、男らしい格好よいものですね。

女役を美しく演じていた役者さんが、背広姿で出てきて下さるのは嬉しいです。

楽しい思い出を、ご参加いただきました皆様、お世話になりました皆様
本当にありがとうございました。



イベント | 11:12:50 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢先生とこんぴら歌舞伎
昨日は、久々に滝沢先生がお越しになりました。
お孫さんの産着のお話や、最新作のステンドグラスのお話など、日本のきものを
リードして下さっている先生の近況は、いちいち興味深いものでした。

お持ち下さいました数少ない訪問着も、それぞれ大変個性的で大きな表現力を持ち、
うっとりするような時間を過ごすことが出来ました。

滝沢先生の訪問着に出会えて幸せ。
着て褒められて、木には登りませんが(笑)感性を大きくゆすられて幸せ!

甘酒横丁で見つけたたわわな八重桜です。

120418_1719241.jpg

今週末のこんぴら歌舞伎は、下記の三部構成です。
襲名披露がとても楽しみです。

『戻駕色相肩』 もどりかごいろにあいかた

 京都紫野の菜の花畑。満開の桜が咲く中、浪花の次郎作と吾妻の与四郎が担ぐ駕籠が島原から戻って来ます。次郎作と与四郎が駕籠を降ろして一休みをするところ、ふたりは互いに上方と江戸のお国自慢を始めます。その後、ふたりは駕籠の中にいる島原の遊女小車太夫の禿たよりを呼び出します。そして、次郎作は大坂新町、禿たよりは京の島原、与四郎は江戸の吉原と、それぞれの廓話を語っていきます。そのうち、次郎作と与四郎の懐から連判状と香炉が落ちて・・・

 与四郎は白塗りの粋な姿であるのに対して、次郎作は赤面風で堂々とした出で立ちです。そこに禿が入ることで、舞台は華やかさを増します。見どころは、三人によるそれぞれの廓話を踊り分ける場面。最後は、次郎作が石川五右衛門、与四郎が真柴久吉だったということがわかる意外な展開となります。常磐津舞踊の名曲をお楽しみください。

『襲名披露口上』 しゅうめいひろうこうじょう
 平成23年9月、東京の新橋演舞場において、三代目中村歌昇が三代目中村又五郎の名を、四代目中村種太郎が四代目中村歌昇の名を襲名いたしました。親子同時の襲名は、大きな話題となり、その後、御園座、24年3月には南座において襲名披露公演を行います。播磨屋一門にとって大事な名跡を継承することになった又五郎と歌昇が、幹部俳優と共に皆様の前で襲名披露の御挨拶をさせて頂きます。

『義経千本桜』 よしつねせんぼんざくら

 吉野の川連法眼の館では、源義経が匿われています。ここへ義経の家臣で故郷に戻っていた佐藤忠信が訪ねて来ます。伏見稲荷鳥居前で忠信に静御前を預けた義経は、静御前の行方を聞いても知らないと言う忠信を怪しみます。そこへ忠信と吉野山を同行した静御前が現れます。すでに義経のもとにいるもう一人の忠信を見て驚く静御前は、初音の鼓を打つと必ず忠信が現れると語ります。これを聞いた義経は、静御前に鼓を渡して忠信の詮議を命じます。やがて、静御前が鼓を打つと、何処からか忠信が現れます。実は、この忠信は狐。初音の鼓に使われた雌狐と雄狐の子で、親を慕って、忠信の姿に化けて鼓を持つ静御前を守護していたのでした。これを聞いた義経は・・・

 三大名作のひとつ『義経千本桜』の中でも「四の切」と呼ばれる有名な場面で、人間に化けた狐の親子の情を描いた名作です。狐言葉や狐手、階段抜けなど趣向を凝らした一幕です。


きもの | 05:58:01 | Trackback(0) | Comments(0)
滝沢先生のおきものはすごい!です。
今日は、滝沢先生が久しぶりにお越しになっています。
やっぱり滝沢先生のおきものはすごい!です。

楽しい!楽しい!です。

私も、滝沢先生の訪問着を着て、組紐の帯をしめました。

キャア~!キャア~!と、楽しい悲鳴が上がっています。

IMGP8470_20120419185338.jpg
IMGP8473.jpg
IMGP8389.jpg
IMGP8408_20120419185339.jpg

未分類 | 18:55:46 | Trackback(0) | Comments(0)
Keiko様から
きものライフコンサルティングを受けていただいたkeiko様から
メールをいただきました。

Keiko様から・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサルティング当日は余りの速さに少し頭がついていけず
もう一度アドバイスを受けたほうが良いか・・・と思っていましたが
自宅に戻り落ち着いて小物の使用画像を確認しますと
私らしさをだす小物は十分ご紹介いただいておりました。

特にしゃれものの小物は絶妙です。
上品、かわいらしさ、粋、遊び心など小物を使い分けることで
すべて表現できますね。
塩瀬の帯は特に気に入っています。
理由はよくわかりませんが、このような帯は自分では発掘できなかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMGP7824a.jpg

お母様のおきものをもっと生かしたい
この紬をもっと色々に着まわせないの?

と思われるKeiko様には
ご自分らしい帯締め・帯揚げや伊達衿の使い回しは必須でした。

また、同じような帯をお持ちで、色数も少ない
おしゃれ感が少ないという状況でした。

ご自分の今の状況を正確に知っていただくことやその特徴を知り
少し離れてご自分の傾向を知ることで補正すべきものが分かり、
足りないものや求めるものをプラスしていくさじ加減やバランスが分かるのです。

2時間という限られた時間の中でかなり濃厚に行わせていただきます。
スピードが速いので、ビデオ撮影をお薦めします。

これからのkeiko様は、お召しになるものの幅が広がって
新しいご自分をどんどん発見していかれることと思います。
楽しみですね。


未分類 | 12:35:54 | Trackback(0) | Comments(0)
M様から
宮城で被災なさったM様のご長男様の入学式が有りました。
東日本大震災から1年経って、無事に入学式を迎えていただけることや
おきものをお召しいただける平和に大きな喜びと安らぎを覚えますね。

M様、心からおめでとうございます。

・・・M様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お蔭様で、何とか長男の(小学校の)入学式と家族写真の撮影ができました。
長男のクラスは28名でしたが、着物のお母さんは3名でした。
他のお2人の方は、クリーム色の訪問着でしたよ。

母や叔母には、「(年齢的には)これくらいの色のがいいわね」
着付けをお願いした美容院の方には、「光線の具合で、雰囲気が
変わる、素敵な着物ですね」
「流されたのも素敵なものばっかりだったけど、今回のもいいもの
ですね」と言われましたよ。

クラスごとの集合写真では、写真屋さんに、「お着物の方が隠れてしまいますので」
と、わざわざ前の段に立っていたお母さんを後ろの段にしていただいて
見える位置に立たせていただきました。(ごめんなさい)

長男も、何とか毎日長女と一緒に登校して、すぐにお友達ができたようです。
本当に、生かしていただいているお陰ですね。
多くのご支援をいただいている皆様に、感謝いたしております。


お客様のお声 | 09:17:28 | Trackback(0) | Comments(0)
爪のお手入れをしたくて、ネイルサロンに行ったら、流れでジェルのコースに
突入していまいました。あれ?私、ジェルはしないのです。
と言っても遅かったのです。
ネイルがしたかったのですが、ここは、ジェル専門店でした。
短い爪は、なるべく目立たせたくない部分なのです。

と、いいながら、バラのお花をいただきました。
バラは美しいですね。
120418_0507161.jpg

爪は、どちらかというとコンプレックスの部分ですが
こうしたらよいのよと私の気持ちを分かってくれて
解説してくれるところがあれば良いですねって、贅沢かもしれません。

おきものは、もっとハードルが高いのではないかと思いました。
コンサルティングにいらっしゃるほとんどの方の本当の意思は、
言葉になっていない部分にあることが多いです。

この帯の使い方を教えて下さい

とか

優しく見せたいのです。

って、でも、時々、本当かしら?(笑)
と思いながら準備をすることも多いです。

だって、その方らしくないからです。

ご自分でも気付いていない部分であることが多く
また、そのことを言葉に出さない方も多いです。

それを軌道修正してあるべき道を進んでいただくのが
私の役割だと思います。

見えない部分が多いのですが
数をこなせば分かってくるのですよ。(笑)

未分類 | 06:58:42 | Trackback(0) | Comments(0)
小野順子先生の新作の塩瀬の染め帯が染め上がりました。
小野順子の九寸名古屋帯塩瀬 青い梅 
     IMGP8082.jpg
     IMGP8086.jpg
     青と言う1色で、これほど繊細で柔らかく可愛いニュアンスを絞り
     で表現することが出来ている小野順子先生の人間力の高さに触れる
     ことが出来る作品です。小野先生のお人柄とお花を愛する心を感じ
     ます。

小野順子の九寸名古屋帯塩瀬 薔薇のつぼみ
     IMGP8027.jpg
     IMGP8029.jpg
     IMGP8023.jpg
     IMGP8030.jpg
     塩瀬というツルンとした張りのある生地を絞ることが出来ること
     自体がすごい技です。その技の中で、このように薔薇のつぼみの
     ふっくらとした曲線やふくらみや幼さを表現する小野先生の今と言
     う時代を一緒に歩めることが幸せです。

この帯の作者 小野順子は、日本を代表する辻が花の大家小倉建亮(おぐらけんすけ)のただ一人の女流弟子です。
小倉建亮は、一時撲滅した本辻が花の復元者です。

本辻が花とは、室町時代の染の技法として栄えました。
その時代は、まだ友禅のような技法はなく、辻が花が大きな染色技法の1つだったのです。

その特徴は、しぼりで柄を作り、つけ染めで表現することです。
本辻が花は、染めの際に、まとまって白を多く残すように防染します。
その上で、【カチン染め】と言って筆で描きます。

その他 | 17:51:46 | Trackback(0) | Comments(0)
土曜日は、コンサルティングとコーディネート講座でした。
コンサルティングは、いつものことですが
これを使ってこうしたいのですとおっしゃることと
実際に求めていらっしゃることが少し違うのですね。(笑)

言葉にならないそんな実際に求めていらっしゃることを
受け止めることも大切なことです。

きものライフコンサルティングは、お持ちのおきものや帯を活かしたい場合は
それらを日本橋のきもの人まで送っていただいた後
お越しいただいて、実際にお顔映りを確認したり
コーディネートの方法をお伝えしたりしながら
求めていらっしゃるきものライフに、ストレートに導くものです。

自分がありたいきもの姿に導かせていただきます。
なりたい姿に気づいていない方が多いので
気づいていただいて、足りないものの補足や技術的なアドバイスを
させていただきます。

コーディネート講座

ご本人がCDしたものがこちら
IMGP2277.jpg

修正したものがこちら 
IMGP2283.jpg
 
で、2パターンです。

コーディネート講座は大人気で、今後定員4名に変更させていただきます。
また、火曜クラスは定員になっていますので募集を締め切ります。
今後は、スポット参加の方だけ事前に登録していただいて
空きが合った時にご連絡させていただきます。

土曜クラスは、まだご参加可能です。
是非ご参加下さい。

京都のコーディネート講座や似合うを知るも
続々とお申し込みいただいていますので
定員になり次第締め切らせていただきます。

IMGP2272_20120416160134.jpg
IMGP7843.jpg
IMGP7769_20120416160133.jpg

イベント | 16:04:35 | Trackback(0) | Comments(0)
ローラリーバッグ アブソルートリィ白のことを Eiko 様が下記のように
言ってくださっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入学式もそうですし、学校行事ってスリッパ持参とか、色々と書類を受け取ったり
とか、ついつい荷物が増えますが、そのためのサブバッグが必要ない、収納力
にも優れた理想的バッグが“アブソルートリィ”なのです。
まさに才色兼備!! その名の如く 絶対的なバッグで、ここぞと言う時に満足度が
高いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未分類 | 12:26:50 | Trackback(0) | Comments(0)
きものライフコンサルティング
写真を撮ると思ってもいないというか、全然把握できてない自分がそこにいるので
まざまざと現実を見つめなおされるという感じです。
定期的に写真を撮って自分を見つめなおすことは必要ですね。

さて、きものライフコンサルティングは、下記の順序で行わせていただきます。

1:ライフスタイルの確認

2:お持ちのものの全体把握
  格の点検
  おきもののお顔映り確認
  帯の個性とTPO確認
  帯締め・帯揚げの活用度確認
  
3:修正作業
  帯締め・帯揚げで似合うに近づけて格を調整する
  帯を変えて変化を知る
  似合うきものの色合い、風合いを知る
  
4:今後の方向性や技術習得
  お持ちのものの様々なコーディネートを知る
  今、一番必要なことの確認
  今後のきものライフ計画を立てる  

また、これら全部を時間内に行うことは難しいので
望まれることの重要度に合わせて調整しながら行います。

おきものが多い方やコーディネート術をもっと知りたいなどの場合は
2回目、3回目とお受けいただくことが出来ますし
初回まとめて2回受けられる方も多いです。
その場合1回12,000円(2時間)です。

さて、明日は雨のようです。

IMGP7753.jpg



コーディネート | 19:44:42 | Trackback(0) | Comments(0)
夏が待ち遠しくてたまりません
夏の紬に染め帯をCDいたしました。
ぶたやすいか、うちわ等
こんなきものや帯だったら、夏が待ち遠しくてたまりません。

IMGP7518_20120412150946.jpg
IMGP7522_20120412150944.jpg
IMGP7530_20120412150943.jpg
IMGP7533_20120412150942.jpg
IMGP7534_20120412150941.jpg
IMGP7536.jpg
IMGP7547.jpg


その他 | 15:11:38 | Trackback(0) | Comments(0)
京都のホテル確保しています。
○5月19日20日、京都できもの人デー 

 きものライフコンサルティング 
 コーディネート講座
40分を知る!
 を京都で受けていただけます。

 また、京都の染め物、組紐、紬などをご覧にお越し下さい。

 京都のホテルも確保いたしました。ご利用いただけます。

  京都法華ホテル 18日(金)19日(土)Wベッド2部屋 16,380円
  
  京都ガーデンホテル 18日(金)19日(土)ツイン2名10500円から14700円
   
  ウェスティン都ホテル京都   南禅寺まで徒歩5分 
  〒605-0052 京都府京都市東山区三条けあげ(京都)
  TEL : 075-771-7111
     18日(金)デラックスルーム 朝食付き室料26,700円 ×2部屋
     20日(日)同上             24,700円 ×2部屋

イベント | 09:22:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コンサルティングとコーディネート講座
一方、Keiko様のコンサルティングも進んでいます。

Keiko様は、ブルーローズタイプの方です。
ブルーローズに典型的に見られるのは、お顔が暗く見えてしまわないかということかもしれません。

コンサルティングでは、なるべく早く理想の着姿に近づいていただけるお手伝いをさせていただきます。

理想とは、ご自分の満足度も高く周囲の方々の賞賛度も高いことです。

このために、ご自分が周囲からどう見られているのかということを知る必要が有ります。

ご自分が当たり前だと思っていることが、他の方々にとっては当たり前ではないのです。

しかし、こうですよと答えを押し付けても仕方のないことで
それをやり取りの中で徐々に理解していただきます。

きものライフコンサルティングは、マンツーマンで、貴女のお持ちのものを最大限に使って
行き着きたい場所にストレートに導かせていただきます。

コーディネート講座では、コーディネート術を学び、他者の目を実感していただきます。

昨日の講座受講のYukiko様(タイプ:Viaje)の感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お授業は想像以上に楽しく、大変勉強になりました。
着物のコーディネイトを通して、着物以外のいろいろなものが学べた気がします。
今後が益々楽しみです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日のコーディネート講座、若干名追加参加可能です。



コーディネート | 07:07:51 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は、着付け教室とCD講座でした。
ファッションタイプがみんな異なる方々でしたので
驚きの発見が沢山有ったようです。

私が絶対に選ばないものをあの方は選んで、それがお似合いなのね!
もっと違うものもお似合いなのに!

と、自分の想いや他者の目を意識することがスタートしました。

IMGP2161_20120410212520.jpg
IMGP2169.jpg
IMGP7457.jpg
IMGP7459.jpg
IMGP2173_20120410212518.jpg
IMGP7453_20120411071405.jpg

コーディネート | 21:29:33 | Trackback(0) | Comments(0)
入学式とゲック!
桜を満喫した週末でした。
画像は女将が沢山アップすることでしょう。

おきもの姿の方々が、あちらこちらにとても多かったです。
中間的なお色のコートをお召しの方々がほとんどでした。

さて、もうすぐのこんぴら歌舞伎の宿 琴参閣は、とてもすばらしいです。

地域一番の格式を誇って、広い施設に豊かな温泉がいくつも有って
美味しいお料理をお召し上がりいただけます。
皆様とご一緒出来るのが楽しみです。

Eiko様の入学式の滝沢先生の色無地は、とても美しいですね。
さっと、お顔に目が行きますね。

コーディネートが良く出来ている時は、そうなります。
きものが素敵とか帯が素敵ではなく、あなたが素敵!です。

そして、コーディネートは調和なので、
桜という背景と、明るい日差しと、ご子息様が主役という立場と
すべてのものに対してコーディネートしています。

これには、何をどう着ようかしら?という知恵が必要なので
かなり高度なテクニックかもしれません。

そして、当日のお天気などに合わせる必要が有るので
更に腕を試されるのです。

おはしょりなどのことを書かれていますが
それは、とても無理の無いことです。

動く動作の中で、平面のきものや帯を立体的に体に巻きつけて
紐でしばりつけているのですから完璧は有り得ません。

それも受け入れる余裕も、簡単に思うように行ってくれないきものの扱いの一つです。

ローラリーバッグ アブソルートリィ・白 を持って下さっているところが
流行の最先端を、しなやかに進む方、という好意印象ですね。

Eiko様 K君、おめでとうございます。

ゲック!ゲック!と女将が何回もうるさく言うのです。

なによ、それ?

って何回か聞いて、やっと頭に入りました。

月曜9時のドラマだそうです。

大野君主演のゲックのきもの提供で女将さんがてんてこ舞いしています。


きもの | 10:08:59 | Trackback(0) | Comments(0)
藍田正雄さんの江戸小紋
大切なきものライフにぜひ加えていただきたい頼れるおきものと帯が入荷いたしました。
日本工芸正会員 小紋師藍田正雄さんの江戸小紋です。
江戸小紋と言えば、藍田正雄さんの技が何と言っても高く評価されています。

IMG_3188.jpg

この色は、とても貴重です。着やすい紬で、贅沢ですが、コートにしたら良いですね。
引っぱりだこになりそうな色柄です。

IMG_3201.jpg

こんなにこだわった柄がお似合いになれば、最高の気分になれるでしょう。

IMG_3205.jpg
IMG_3215.jpg

この柄は 「大根おろし」です。お料理が上手になれるということで、お嫁に行かれる方や
お料理好きな方々にお勧めします。

IMG_3230.jpg

この藤色は、一番人気かもしれません。
贅沢な格好良さです。

IMG_3236.jpg

可愛いきつねが沢山! きつねは、商売繁盛の柄です。


その藍田正雄作江戸小紋は、柔らかい生地に染めたものと
紬地に石灰や鉄で媒染したものの2種類が有ります。

お茶会などでやわらかものと
街着や同窓会で紬地をと、大活躍いたします。

遠目で見て無地で、近づくと伊勢型紙をつかったこだわりの柄を染め出していま
す。
初夢と題された帯には、富士山、茄子、鷹がとても小さく染められています。
狐の柄、小花、毛万独鈷縞(1毛所だけ縦に1本線が入っています)

また、九寸名古屋帯も、独特の世界を作り上げています。

IMG_3257.jpg
IMG_3282.jpg
IMG_3300.jpg
IMG_3332.jpg

型紙で細かい縦縞を付け、部分的に生地を引っ張ってずらし、その上に同じ縞を重ねて置く
ことで生み出される縞のずれで作り出す杢目と呼ばれる流麗な模様。

細やかに刻まれた江戸小紋のきりっとした地模様と、金網の上から丸刷毛で染液を霧状に
擦り落として柔らかなぼかし効果を表す深山染めなど藍田先生ならではの作品です。

70才を超え、熟練の藍田正雄さんの技は一層高く評価され
次回入荷分からは、10万円以上お値段が上がることが予測されます。
来週火曜日10日まで、日本橋きもの人で実際にご覧いただけます。

■染め師 江戸小紋師 藍田正雄先生の経歴

群馬県 重要無形文化財保持者 日本工芸会会員
文化庁長官賞受賞、朝日新聞社賞受賞、日経新聞者賞受賞
三笠宮百合子殿下伝統工芸文化賞受賞など多数

1998年には、天皇皇后両陛下に江戸小紋深山染めを実演公開し
それを行ったのは、江戸小紋としては藍田正雄だけです。



きもの | 09:16:11 | Trackback(0) | Comments(0)
昨日は、東京産業人倶楽部女性部会でした。

IMGP6946_2012040<br />5215600.jpg

日刊工業新聞社井上社長のインドネシアのお話がありました。
インドネシアをはじめ、アジア各国の産業について大変参考になるお話をお聞きしました。

また、18歳の韓国の歌手 JIWONさんが、郷ひろみのように歌って踊ってくれました。
とても上手い!です。

IMGP6953_20120405215136.jpg

こちらは、今日のホテルニューオータニ傍です。

IMGP6955.jpg
IMGP6957.jpg

桜が八分咲きです。


今日のロータリークラブです。

IMGP6962.jpg
ハワイからお越しの田中さんやゲストの岡村さんを囲んで。
ハワイに行きたいですねえ~!と盛り上がりました。



未分類 | 22:06:35 | Trackback(0) | Comments(0)
入学式
今週末がお子様の入学式であるお母様が多いと思います。

桜満開の日に、お喜びの入学式に相応しい帯をご紹介いたします。

<爽やかな可愛さがお好きな方に!>

IMGP6979.jpg
IMGP6977.jpg
IMGP6975.jpg

IMGP6998.jpg

IMGP6992.jpg


IMGP6972.jpg

IMGP6967.jpg

<シャープな格好よさがお好みの方に!>

IMGP6989.jpg
IMGP6985.jpg


未分類 | 15:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
こちらは、男物の浴衣を格好よくお召しになる場合の浴衣CDです。
男性の広幅の浴衣ですから、もちろん、男性もお召しいただけます。

ご購入は、こちら

IMGP6735.jpg
IMGP6732.jpg
IMGP6738_20120404184808.jpg
IMGP6751_20120404184807.jpg
IMGP6757.jpg
IMGP6762_20120404184806.jpg


未分類 | 18:49:59 | Trackback(0) | Comments(0)
きものを着ること
きものを着るときって、とても楽しいです。

自分の身に、どのきものを羽織るのかと決めてから
長襦袢を選び、半衿を確かめて、
必要ならアイロンもかけ

今日の日差しを考えながら
これから会う方々を考えながら
今日という日を意識して
きものや帯の確認もします。

その確認とは、調和して自分らしくそれなりに素敵に見え
訴求したい何かを伝えられて
結果的に、素敵でしたねって言われるためのもの。

それらのアイテムを箪笥から探し出して
色々と考えながら身に巻いていくのです。

洋服のように簡単に着てしまえないのだけれど
だからこそ、その時間の中で色んなものと対話出来ます。

今の私は、今夜参加する女性部会の場面でした。

桜が満開に近い今夜
50名中、男性は数名だけなので
本来ならば、格好よくこだわって!が必要だけれど
こんな桜に酔いしれたい様な夜には、桜色以外は必要ない!

であれば、ピンクグレーの紬にピンクの帯になりました。

紬の硬さと染め帯の柔らかさと
やはり今夜も、先日の観桜会で使ったピンク藤色の色が少し目立つ帯揚げが大活躍!

この帯揚げが主役のコーディネートになりました。

これほど面白いことがあるでしょうか!(笑)

今の世の中で、こんなことを楽しめる私達女性のシアワセを実感します。

忙しい方々は、着付けを無理に習わずに、着付けていただいたら良いと思います。

そして、時間と心の余裕が出来てきたら、是非、着付けをしっかり習って下さい。
時間がかかるかもしれませんが、それも楽しさ。
英会話よりも役に立つ武器になるかもしれません。(笑)

7日(土)から、着付け土曜クラスがスタートします。










きもの | 17:36:52 | Trackback(0) | Comments(0)
夏のきものや浴衣選びは、どんどん進んでいます。
こちらは、きれいなピンクの夏の訪問着に合わせた
黒い名古屋帯に合わせるCDです。

おきものは、薄いピンクの訪問着で仕立て中なので
帯揚げを暫定においています。

帯締め・帯揚げの色の変化でとても着姿が変わります。

IMGP6919.jpg
IMGP6921.jpg
IMGP6925.jpg
IMGP6928.jpg
IMGP6930.jpg
IMGP6932.jpg
IMGP6934.jpg
IMGP6935_20120404152052.jpg
IMGP6939_20120404152052.jpg
IMGP6941.jpg


コーディネート | 15:32:34 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。