09月 « 2012/10 » 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブログに書きたいことが多すぎて書けませんね。(笑)

ということで、今日のコーディネートです。

IMGP5965.jpg

格好よく、京都の訪問着ととなみの帯

IMGP5876.jpg

可愛く、滝沢先生の訪問着と佐波理の帯

スポンサーサイト
未分類 | 19:55:03 | Trackback(0) | Comments(0)
きものコーディネート展in仙台11月3日4日開催です
コーディネート展in仙台は、もう実質スタートしています。
宮城にお住いのM様は、お忙しいお仕事や子育ての合間に、
お茶のおけいこをなさっています。

お茶会でお召しになる訪問着や色無地は、滝沢先生に限ります。
4日にお会いするのが楽しみ!
お持ちのおきものに合わせた小物選びも進んでいます。
きものコーディネート展in仙台11月3日4日開催です。

滝沢先生の訪問着も届きました。
うふうふうふと、ルンルンの私たちです。

IMGP5801.jpg
IMGP5749_20121031064550.jpg
IMGP5789.jpg
IMGP5793_20121031064549.jpg
IMGP5799.jpg


未分類 | 06:47:34 | Trackback(0) | Comments(0)
七三五・成人式などお子様のご成長
今、お振袖のお嬢様や7歳を迎えられるお嬢様の対応をさせていただいています。

成人式や七五三で、しなやかで優しい絹に触れる体感はとても大きいでしょうし、
華やかに個性を出すおきものは、女性としての大きな喜びです。

3歳や7歳のおきもの姿を可愛いね、可愛いねと言っていただいたお嬢様は
とても豊かなものを得ることが出来ると思います。

女性は男性と違って、華やかな性です。
それをしっかりと受け止めることが出来る大切な機会だと思います。

ぐんぐん成長なさるお子様に対して、おきものは、丈を出したり
仕立て直しをしたりすことが出来て、柔軟性のある衣だと言えます。

しかし、幼い(3歳)→子供らしく可愛い(7歳)→
お姉さんらしい(13歳)→華やかに可愛い(20歳)→一人の女性として(30
才)

という過程では、それぞれ必要な可愛さの色柄、好みが大きく異なります。
このために様々な問題が出てきます。

・Aちゃんは、小学校2年で、大人まで着ることが出来る振袖を
 おあつらえで作ってもらいました。
 これがあれば万能だけど、何だかこれだけでは寂しい。

・Bちゃんは、3歳のお祝い着をおあつらえしました。
 7歳でまた作りたかったけれど、まだ十分に着られる。
 では、被布から帯に変えて変化させる?

・Cさんは、大人まで着られる7歳のお祝い着をおあつらえしました。
 22歳の今、着ようとすると、寸法は直せるけれど、柄が可愛すぎる

・Dさんは、おば様のお振袖を成人式で着て大満足でした。
 22歳の今、そのお振袖は可愛いので、せいぜい25歳程度までだとすると
 他におきものが必要。それはお振袖?訪問着?

などなど。

ご家庭によって、様々ですし、お子様の身長と対応できる反物サイズの問題も有
ります。

それらに一つ一つ心を寄せて対応していただくことが
お子様のご成長を暖かく見守って育てていらしゃる、すばらしい過程ですね。


未分類 | 06:12:05 | Trackback(0) | Comments(0)
お二人の結婚式のコーディネート
休日は、皆様からのご報告がどんどん届きますね。

まず、沢山のきものや帯をお持ちで、それを生かしたいさちこさんから

・・・さちこさんから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週、先々週と続いた結婚式が無事終わりましたのでご報告です
どちらも新郎新婦のお人柄か
とても楽しく、笑顔あふれるお式&披露宴でした。

DSCN0075.jpg

今日はみんなオシャレして最高にかわいい後輩達。

DSCN0035.jpg

DSCN0031.jpg

CIMG4751

鹿児島の写真はこれだけでした
着物姿は大満足です。コーディネートバッチリですね。

写真を改めて見るとやっぱり綸子は顔写りが悪いかな~と思います。
いかがですか?

いろいろとありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素敵なおきもの姿の上司って、豊かな格好よさがあり
若い方々のあこがれになりますね。
さちこさんのお人柄が出て、とても素敵です。

こちら と こちら もご参照下さい。

次に、おばあさまのおきものを生かしたいけいこさんです。

・・・・ けいこさんから・・・・・・・・・・・・・・・・・

お陰さまで加納幸の帯、祖母の訪問着で友人の結婚式に無事参加することができました。

IMAG0203-1.jpg

この帯で着付けの練習をすることができず、
ほぼ当日に初めて締めましたが、
締めやすいのは言うに及ばず、
しっとりと身体に落ち着く感じがあり、
上質な帯とはこういうことかと少し体験することができた気がします。

LINEcamera_share_2012-10-27-22-15-03.jpg

古い着物でしたが、先生のお力添えのお陰で
若い人に並んで自信をもって参列できたことを感謝いたします。
着物を遺してくれた祖母も天国からわらってみてくれたことでしょう。

ありがとうございました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

けいこさん、良かったですね。
きものは、伝えていただくことで多くの思い出も残してくれます。
おばあ様も喜んで下さっていることでしょう。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。



コーディネート | 09:14:03 | Trackback(0) | Comments(0)
今、どんどん色んな染めも織りも無くなって行っています。
一珍染めは、一珍に特化して染めていた染め屋さんが止めてしまいました。
一珍の訪問着が欲しいというご依頼をいただきましたがもうお作りできません。
今、残っているものだけになりました。

若々しいものが少ないのですが、こんな水色の訪問着が有ります。

IMGP5346.jpg
IMGP5354.jpg
IMGP5360_20121026175745.jpg

廃業した方々で、タクシーの運転手さんなどをなさっている方が多いです。

本場結城紬の産地では、ピーク時に年間4万反を織っていましたが
今は、年間2000反程度です。このまま下降線をたどれば
平成27年に無くなっていまう危険性が有ります。

では、どうすれば良いのでしょうか?

本場結城紬は、紬の王様で有るだけの確かな価値を持っています。

フォーマルではないだけに、一番贅沢な紬となります。

同窓会やお食事会などで、どんどんお召しいただける文化が
育つと良いですね。

未分類 | 17:58:14 | Trackback(0) | Comments(0)
仙台のコーディネート展と滝沢先生・
今日は、仙台のコーディネート展(11月3日・4日)の受付締切です。

おきものを作りたいけれど、似合うかどうかわからないとか、
コーディネートに自信がなくてお出かけが出来ないとおっしゃる方はとても多いです。

実際にお会いすることでお顔映りやライフスタイルに合うおきもののアドバイス
を行わせていただきます。是非、ご予約の上、お越し下さい。

こちら

なかなかお会いいただけない滝沢晃先生に、10月30日から11月7日の間
ただし、2日から4日以外の日程でお会いいただくことが出来ます。

十日町または、日本橋きもの人でお会いいただけますから
ご希望の方は、ご連絡下さい。こちら


11月11日(日)目黒雅叙園にきものでおでかけは、下記のように予定しています。
日曜日で婚礼シーズンですから大変混み合いますが、華やかな花嫁姿やフォーマルなおきもの
姿の方々に接することが出来ることでしょう。

下記のように集まりましょう。
レストランは6名で予約させていただきました。
キャンセル量が前日半額、当日は全額かかります。
後1名のみ 募集いたします。


 11:00 目黒雅叙園入り口集合
 13:00 中華レストラン 東京チャイニーズ「旬遊紀」にてお食事3000円+お飲み物代

コーディネート | 05:39:12 | Trackback(0) | Comments(0)
新年会
新年会のご参加予定が、ぞくぞくと決まって行きます。

奈良のN様と名古屋のE様は、前日から東京入りで週末の2日間を楽しまれます。

お召しになるお着物も決まりました。

二人のお子様ずれのK様も、今後は、この訪問着ねと大体決定です。

きっと最後まで悩むのは私たちなのです。

何を着ようかしら?




未分類 | 23:02:22 | Trackback(0) | Comments(0)
年末年始に向けて、フォーマルな袋帯のお問合せが多いです。
格調高い大庭松魚先生と市島桜魚先生の
となみの紹巴(しょうは)の袋帯は、圧倒的に人気です。

紹巴(しょうは)とは、組織 経緯ともに強撚糸を用い、細かい横の杉綾状
または山形状の地紋で、地は厚くなく上質な締め心地です。

金沢では、知らない人はいないという人間国宝大庭松魚先生の帯と
そのお弟子さんで女流作家市島桜魚先生の宙を飛ぶという黒金の
袋帯です。
鳥は、空想上の鳥とされています。
繊細さ、可愛さ、豪華さ、エレガントさが見事に表現されています。

毎年2回開催される伝統工芸展には両先生の作品が出品されています。
その柄が、帯と本当に同じなのでとても嬉しくなります。

皆様も、是非1本以上お持ち下さい。

帯は基本的に何本か織るのですが、副反が無いものもございます。

    IMGP5131_20121024202313.jpg
IMGP5145.jpg
IMGP5292.jpg
IMGP5296.jpg
IMGP5316.jpg
IMGP5415_20121026180212.jpg

未分類 | 20:23:45 | Trackback(0) | Comments(0)
新年会とお草履
新年会の準備をすることは、この1年を振り返ることにもなることが多いです。
1年前は、あっという間のようだけどかなり時間も経って
いて変化しています。

あれ?最近お会いしないとか、何月に初めてお会いしたと
か確認することになります。

出会わせていただいたこと、お世話になったこと等に大きな感謝をこめて
1月20日の新年会を開催させていただきます。

女将が発送準備をしながら、ぶつぶつ怒って文句を言っています。

なんて格好良いんだろう!!!!!!!!!!!!
こんなの無いよ!!!

私もホシイ!!

黒いハンプに銀の花緒の真綿草履、めちゃくちゃ格好よいと言っていただいています。





未分類 | 06:11:42 | Trackback(0) | Comments(0)
お子様の入学式におきものをお召しになりたい40歳代の方へ
お母様が昔作って下さった若い頃のおきものではなく
自分らしいものを何か作りたいわとおっしゃる場合

お薦めしたいのは、訪問着か付け下げになりますね。
お好みにもよりますが、優しい色合いはこんな付け下げなどでしょうか。

■全て付け下げ お仕立て代別 税込み
  
地色:薄い肌色 唐花  619,500円
IMGP4879.jpg
IMGP4877.jpg

地色:きれいな肌色 琳派草花模様  682,500円
IMGP4862.jpg
IMGP4866_20121022162654.jpg

地色:中間色の肌色 武田菱 520,800円
IMGP4858_20121022162626.jpg
IMGP4859.jpg

地色:濃い肌色に花紋 ちりめん地 花丸四君子 562,800円
IMGP4853_20121022162627.jpg
IMGP4854.jpg

地色:薄いピンクイエロー 雪輪に宝尽し 598,500円
IMGP4845_20121022162628.jpg
IMGP4846.jpg


未分類 | 16:34:19 | Trackback(0) | Comments(0)
新年会と仙台
新年会のお申し込みを続々といただいています。
着付けとヘアーセットは、お申し込み順になります。
後からのお申し込みは、早い時間にお越しいただくようになりますので
ご了解下さい。

遠路お子様3人とご一緒に前日からお越し下さいますA様
妹様とご一緒にお越し下さいますN様
ハワイから参加表明を下さったK様
ニュージーランドのS様もご参加下さると良いですね。

素敵な皆様のご参加で、ますます張り切っているきもの人です!

新年会会場のロイヤルパークホテルは、きもの人から徒歩3分の場所です。
今日は、ロータリークラブのメイクアップに行ってきました。

SBSH0046.jpg

ここは新年会のお部屋瑠璃の間がある4階です。

SBSH0047.jpg

いつも素敵に迎えてくれる、さすが!のホテルです。


また、仙台のコーディネート講座は、10月22日までにおし込みの方は、 
4,000円が3,800円!です。すべてのお申し込みは、26日18:00に締切です。
こちら

未分類 | 14:00:22 | Trackback(0) | Comments(0)
書と陶芸
気温20度って、本当に過ごしやすいです。
のんびりゆったりの秋の日です。

SBSH0040.jpg

SBSH0043.jpg

銀座の書道展、ああ、私は漢字が本当に好きだと思います。
太いごっつい漢字の書を見ると
心地よく頭をマッサージされている快感が有ります。

刻み込まれるこの迫力が好き。

書きたいなあ~!
書きたいなあ~!
筆を持ちたいなあ~!と思ってしまいます。

SBSH0039.jpg

こちらは、八ヶ岳で焼かれた陶器。
こんなの好きだなあ~!

お役立ち! | 19:40:12 | Trackback(0) | Comments(0)
A様に小物のコーディネート
龍村美術織物の帯や小物が11月から値上がりします。
早雲寺文台裂 銀の帯をお求めいただきましたA様に小物のコーディネートです。
帯締め・帯揚げで着姿が表情を変えますね。

IMGP4558.jpg
IMGP4564_20121019065927.jpg
IMGP4571_20121019065926.jpg
IMGP4579_20121019065926.jpg


未分類 | 07:00:51 | Trackback(0) | Comments(0)
きものモダン
最近、急にきものが一層モダンになってきました。
私の中では、滝沢先生を頂点とするモダンなセンスが、表現を変えた形で
力をつけてきて、方向性を見出したようにも思えます。

その一つが宝飾の訪問着であり、京都の四季の訪問着であり
サイトで公開出来ませんが、京都の老舗の訪問着でもあります。

新しい今の時代のおしゃれなきものが生まれるのは嬉しいですね。
作り手の方々は手探り状態で有ることが多いです。
作りたいものという他に、どんなものが受け入れられるか好まれるのかと
模索しながら作り上げます。
それを選ぶという形で審判するのがお客様です。

お客様の指向が、ぐっとますますモダンになってきました。
このモダンさに応じるには、まだかなり高い品質が必要です。

安価であれば有るだけ陳腐になりがちで、上品にするためには上質である
ことが力になってくれます。

そんな中で、今お薦めの刺繍の付け下げは、キャンドル、葉っぱなど
遊び心と付け下げという格もある夢のあるおきものです。こちら

きもの | 05:02:53 | Trackback(0) | Comments(0)
来年の新年会1月20日(日)に決定です。
来年の新年会が、1月20日(日)に決定です。

毎年恒例の、顧客満足度NO,1のロイヤルパークホテルで
一番人気のお部屋琥珀の間で開催させていただきます。

是非、皆様、ご参加下さいませ。

未分類 | 19:11:43 | Trackback(0) | Comments(0)
四季のお花の訪問着
上質なお品の確保がとても難しい時代になっていますが
きもの人に、どんどんモダンなおきものが入荷しています。
その1枚、四季のお花の訪問着をご覧ください。

地紋も入った薄いグレーの地色で豪華さや華やかさもあり

お茶席のきもの
親戚や職場の上司としての訪問着
お子様のご入学・ご卒業のお母様としてのきものに最適です。

京都西陣の名門 北尾の袋帯と
ローラリーバッグ白を合わせました。

IMGP3900.jpg

IMGP3912_20121017152449.jpg


このコーディネートの感想をS様がお寄せ下さいました。

・・・・S様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四季の花の訪問着、北尾の帯との組み合わせ絶妙ですね。
ローラリーのバッグもこのために誂えたようですね。

帯の亀甲がらがあそこまでモダンな感じに仕上がるとは、
織と配色と糸使いの妙でしょうか。
とてもよい目の保養をさせていただきました。
さわやかな40,50代の方に着ていただけるとよいですね。

最近のきものはやはり傾向が随分変ってきましたね。
一言で言えばモダンになりました。

昭和の頃のモダンではなく、さらりとした感じのモダン。
こんな流行の流れを貴店のメルマガで楽しませてもらえて幸せです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
S様、ありがとうございます。



右袖以外の全身前
IMGP3992_20121017152448.jpg

後ろ姿
IMGP3997.jpg

上前
IMGP3996.jpg

衿元から袖に柄がずっとつながります。
IMGP3988.jpg

こちら

きもの | 15:37:00 | Trackback(0) | Comments(0)
大島律子作 京袋帯「優しさ」
室内を和風にしつらえるのに生け花は欠かせませんし
そんなお花には、お花屋さんに売っている洋花は余り使えません。
ですから、ベランダのお庭に和の草木を植えて使っています。
今は、枯れ葉なども飾っています。
そんな日本橋きもの人に、どうぞお遊びにお越し下さい。
最近、きものを見たいです!とお越しになられる方が多いです。

IMGP4521_20121017110046.jpg

IMGP4518.jpg


さて、草木染紬作家大島律子さんが、草木染め紬の帯を織られました。
IMGP4105_20121017085934.jpg
IMGP4107_20121017085933.jpg
IMGP4114.jpg
IMGP4117.jpg

大島律子さんの作品の特徴は、女らしい繊細さや優しさとモダンな風合いです。
節のある玉糸、ざっくりした紬糸、ふんわりした真綿糸
光沢のある生糸などを厳選して縦横糸で使い分けることで
光沢感や張りなどに変化をつけられます。

身近にある樹木からとられる草木染めの材料は
大島さんの日常を染めこんでいるとも言えます。

例えば、数年前の10月、お母様と神社の森の中の櫟 ( くぬぎ ) の実を拾い
合計4kgの量を使って着尺1反分でグレーの濃淡の着物を織られました。
くぬぎは、8回煮出して染液 となります。

ある紬を織られている時は、その間中、「母」という言葉がずっと
心に出ていらしたそうです。

糸選びから草木染め、手織りのすべての段階に深い愛情をこめて
完全にお一人で作られます。
洗練された大人の上質な草木染め紬をお召しになりたい方に
一番お薦めしたい紬です。

大島さんの紬は、こちら

大島律子作 京袋帯 「優しさ」
経糸に使用した糸は 埼玉産の「いろどり」で
絹の光沢と、草木染の色合いを大事に織りました。

大島さんの機織り中の思いは、ちょっとしたお出かけ、という普段着に、
少々の華やかさを、という思いで織られています。
素材と染めと織りが上手く合わせられて、優しい帯に仕上がっています。
糸染めは、草木染で 茶色系は“けやき” オレンジは“アカネ” 
一番薄い色は“桑の葉”です。織り方は“平織り”です。

草木染の紬に合わせやすいように、芯を入れて平仕立てにしてお太鼓を1重に結
ぶ京袋帯としてお締め下さい
紬に合わせる上品な帯として活躍します。

商品ページは、こちら


ローラリーバッグを、予約も含めてお1人で10個買われる方がいらっしゃいます。

分かります!分かります!

あのバッグと比較できるものも、その上を行くバッグも有りません。

日本橋オフィスでご覧になってお求めいただいたN様からも
ローラリーバッグの感想が届きました。
N様、ありがとうございます。

・・・N様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、バッグ、届きました!!
やはり、素敵ですよね。
自宅でみても派手すぎず、今後、持つのが楽しみです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他 | 09:01:18 | Trackback(0) | Comments(0)
仙台でコーディネート講座!
11月の仙台は、秋の紅葉で美しい季節になることでしょう。

コーディネートお話会(20名)、コーディネートご相談会(無料)コーディネート講座(4000円)
花はんでの昼食(玄米うどんのいより膳かそば膳かお選び下さい。1680円)など
全て26日(金)18:00締め切りです。

コーディネートは、私が秋のコーディネートのお話などをさせていただきます。
コーディネートご相談会は、なるべくお1人お1人にアドバイスさせていただきたいのですが
お申し込みが多ければ複数ご一緒に行わせていただきます。

コーディネート講座は、定員6名までで、個性に合わせるコーディネートを
学んでいただきます。

ご相談会と講座は、内容が異なります。

ご相談会は、お持ちのおきものや帯をお持ち下さいましても結構ですが
沢山あると対応出来ません。(笑)

4日の花はんの昼食は、滝沢先生もご一緒ですから
興味深いお話を沢山お聞きいただけることでしょう。

あなたのきものライフを根本から考えさせていただく
きものライフコンサルティングをご希望の方は、
3日(土)夕方や4日朝早めの時間で行わせていただきます。

顧客満足度NO1のホテルは、会場のすぐ前です。
遠方からお越し下さる方は、シングル1部屋確保出来ていますから、
お早めにご連絡下さい。

東京エレクトロンホール宮城は、県民会館としてコンサートや演劇などが開催され
東北の文化の発信地にもなっている所です。

県庁など官庁街でもあり、三越デパートも近く
夜もにぎやかで楽しい場所です。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

未分類 | 18:02:42 | Trackback(0) | Comments(0)
素敵過ぎて目立ちすぎるかしら
おきものをお召しいただく最高の季節です。
嬉しいお声が続々と届いています。

・・A様からのお声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜(当直でしたので、あけたのは今日ですが)、訪問着や帯揚げ帯締めが
届きました。
ほんと色合いは抑えられているのにスワロフスキーがきらきらと輝いて素敵です。
となみの帯とのCDで一層素敵さが増していましたね~。

華やかなホテルでの職場忘年会で着て行ってしまおうかしら… 
素敵過ぎて目立ちすぎるかしら…と思案中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

是非、素敵すぎて目立っていただきたいです。(笑)
今日のコーディネートです。

IMGP4372.jpg
IMGP4401.jpg
IMGP4408_20121016001321.jpg
IMGP4432.jpg
IMGP4439.jpg
IMGP4504_20121016001320.jpg


コーディネート | 19:00:12 | Trackback(0) | Comments(0)
お茶会の永楽善五郎好みの帯と新年会
昨日は女将のお茶のおさらい会が有り、私もすすきの訪問
着でお邪魔しました。
小間と広間の2席で、バリ島の龍を千歳盆に見立てて野点
の雰囲気でお茶をいただき、楽しいひと時でした。

女将はお点前やお運びをさせていただいていました。
日頃の成果が出て良いですね。

永楽善五郎先生のお茶碗がお席で使われていて
先生がお道具の時にそのお話をなさいました。

女将が偶然、永楽善五郎先生の袋帯を締めていましたから
びっくりすると同時に、とても嬉しかったです。

IMGP4302_20121015190722.jpg

お茶会は、秋の風情や日本の文化の良さを感じます。

来年1月、きもの人も新年会を行わせていただきます。
日本文化やおきものの楽しさを皆様とご一緒に楽しんでいきたいです。

IMGP4274.jpg

お茶会では、いつもながら、男のきもののお手本になるTさんは、40年以上お茶のおけいこをなさっていて
今は、お家元じきじきに習っていらっしゃいます。
その所作が、とても参考になりましたのでご紹介させていただきます。
IMGP4277_20121015162542.jpg

今日は、「栗色にコーディネートして来たよ!」というお姿です。
栗の実と栗の葉色の全身です。
自分で色と生地を選んで染めてもらっていらっしゃいます。

今年のこの季節のために染めました。
同じ色で単衣と袷を作られたようです。贅沢!!

羽織紐は、リバーシブルで、どちらの色もとても素敵!

IMGP4278.jpg

お部屋に入ると、どんどん羽織を脱いで、たたんで、風呂敷を広げてしまいます。
うう・・・ん!袴も素敵!
帯の茶色の色が、ちらりと見えて、それもおしゃれです。

IMGP4280_20121015162541.jpg

こんな風に風呂敷に入れます。
IMGP4284.jpg

足袋も履き替えます。
道中は、ストレッチ足袋で楽に履いて、お座敷用にピシッとスリムな木綿の白足袋です。
1つ家紋が入った羽織でしたから、格を合わせていらっしゃるのです。

IMGP4285.jpg

この大きな木綿の風呂敷は、一時的に羽織を入れるだけで
道中は、この信玄袋を持たれるだけです。

IMGP4288.jpg

懐のお懐紙には、客用の袱紗、お運び用の袱紗、おけいこ用の袱紗の3種類がきれいに入っていました。

IMGP4289.jpg

バリ島の龍を千歳盆に見立てて野点です。
先生のセンスが大いに伝わり、どのお道具も感心するほど見事でした。

と、私は素人なりに思い、Tさんは、玄人の目で感心なさっていました。

IMGP4316_20121015162953.jpg

一期一会の掛け軸にちなんで、先生がお茶碗の作家さんとの出会いのお話をして下さいました。
どれほどご準備が大変だったことかと思います。

IMGP4317_20121015162953.jpg

IMGP4318_20121015162952.jpg
IMGP4319_20121015162952.jpg

美味しい点心に、大きなお豆と取り寄せた美味しい寄せ豆腐をいただきました。

シアワセ、ルンルン!!

IMGP4328_20121015163116.jpg

先生は、いつもきりりと優しくて、本当に素敵でいらっしゃいます。

IMGP4331.jpg

2間で、それぞれ異なるしつらえで、異なる和菓子をいただいてまたまたシアワセ!

IMGP5487_20121015163115.jpg

先生の上の大先生は、90歳になられます。
その先生が黒い訪問着に茶色の帯で、実に格好よい着姿でいらっしゃいました。

すごいなあ~とおきものばかり見とれてしまいました。(冷や汗)

秋ののどかなシアワセな1日でした。

未分類 | 05:43:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コーディネート講座土曜クラスです。
メキメキ腕を上げていらっしゃるMさんは
お母様やおばあ様の良いおきものを生かしたいですね。
IMGP4190.jpg
IMGP4231.jpg

Tさんは、ご自分でこの小紋を染めました。
一層素敵になりたいです。
IMGP4188.jpg

私は、久米島紬に、プラスのコーディネートの青い帯を締めました。
昨日のTVで寺島純子さんが、久米島をお召しになって出ていらっしゃいました。
番組の出来栄えもさることながら、寺島さんの毎回のきもの姿を楽しみになさっている視聴者も
かなりいると思います。
大いに視聴率に貢献なさっていると思いました。


こげ茶の細い縞柄で、久米島の真綿糸の優しい風合いが、
凛となさった寺島さんの美しさにとても合って、うっとりでした。

今の季節、真綿糸のほっくり感と草木染めの鈍いほんわりした色合いの深さが
とても美しく感じられます。

それに、どんなおきものを着ていらっしゃるかが、その方の知性を伝えてしまうとも思えるので
着姿って大切ですね。

IMGP4251_20121013201341.jpg

未分類 | 20:17:54 | Trackback(0) | Comments(0)
子どものためのケータイルールブック
友人の目代純平さんが、子どものためのケータイルールブック
という本を出されました。
良書なので、是非お読み下さい。amazonで販売しています。

IMGP3455_20121011151934.jpg


お役立ち! | 15:22:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コーディネート講座
コーディネート講座は、1年の途中から参加も出来ますし
スポット参加も可能です。

初めての方は、個性を知るところからスタートいたします。
分かっていると思っている自分を実はそれほど分かっていないのですね。
でも、その個性の結果として、似合うとか好きだとかいう具体的なものが
出てきます。

最近のコーディネートです。
IMGP3717_20121011065726.jpg

コーディネートには、いくつかの法則が有ります。

清色と濁色は一緒に使わない。
 一緒に使うとお互いを汚くみせます。

素敵に見えるバランスは、1.5/5段階自分の肌の色や個性から離すこと。
 肌に近い色はくすんで見えます。

似合う度合い4/5(5段階で4以上)で素敵に見える
 4以上あれば、素敵と褒めて下さる方が多いです。

きもの+帯+帯締め+帯揚げ それぞれの段階で
+していくことで前のものが一層引き立つものが上手いCDで、
変わらなければ、意味がないCDである。

などなど


コーディネート | 06:58:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コーディネート講座は私にとってもとても勉強になる時間です。
生徒さんたちの個性は様々ですから、似合うものや問題点もかなり異なります。
コーディネートの腕はみなさん、かなり高いのです。
なのに、昨日の私の大きな発見は、
あれ?みんな、自分に似合うものを選べないじゃない!ということでした。

似合うものがかなり分かっているはずなのですが
違うでしょ!というものを選んでいることが有ります。

これは、自分を客観的に見ることが出来ればかなり改善できるのですが
自分は鏡で見ることしか出来ないので、
どんな方にとってもかなり難しいかもしれません。

頭で知ることは出来ても、自分をまるごと見ることは出来ないのです。
ですから、周囲の方々の力をお借りするしかないですね。

これ、どのくらい似合うの?
そうね。3.5/5 かなと言ってくれる友人が2人は欲しいですね。(笑)

成人式などお振袖のお嬢様のコーディネートのご相談も多いです。

ページを参考にご覧下さい。


お母様のお振袖を青い小物で個性的に!振袖

振袖 起世様の万能な小物選び編 

ももえさまのお振袖コーディネイト編 

40歳代の由美子様と成人式を迎えられたお嬢様真理子様

コーディネート | 06:45:54 | Trackback(0) | Comments(0)
着付けとコーディネート講座
今日も、着付けとコーディネート講座が楽しく開催です。

IMGP5363.jpg

帯締め・帯揚げは、いつも楽しい話題になります。

IMGP5372_20121009185310.jpg

この季節、塩瀬の染め帯やうさぎ柄の帯がとても楽しくて嬉しいです。
私は、牛首紬を着ています。
この季節、途端に草木染めの美しさが際立って見えるようになります。

深い味わい深い色合いの好感度が高くなるのです。

IMGP5419.jpg

濃い色が似合わないと思っていました。
いえいえ、相性が有るのです。

IMGP5451_20121009185551.jpg

お疲れ様でした!

コーディネート | 18:57:40 | Trackback(0) | Comments(0)
お茶席のきもの
休日には、忙しく働いていらっしゃる皆様から、ほっと一息ご報告を色々といただきます。
ご多忙な中、お茶のおけいこにも精進なさっているM様から


・・・M様から・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は天然忌でした。
薄いクリーム色の色無地着て行きましたよ。

先生に、「その色、Mさんにとっても似合って、いい色ね」

と言われましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・

ようやく一息つけました。

先週1週間のうちに、献茶式(懇親会とお点前)、お客様向けセミナー、
・・連の公開討論会運営、と、準備に数年かけた行事が2つも重なりましたので・・・

でもまた、来週は静岡と東京、さ来週は長野でお話することになっています。

こんなときでもお茶のお稽古とその着物をどうしようか、と考えるのが
楽しみですね。

今日のお茶のお稽古で、

「Mさん、最近、とっても着物が似合うようになったわね」
と先生に言われました。

「献茶式の前日の懇親会のときも、とっても立ち姿が素敵だったわよ」

「継続は力なり、毎週着てきているからだんだん馴染んできたのよ」

とってもうれしい言葉でした。

糸菊の付け下げも、

「素敵な色ね。長く着れそうね」
とお褒めのことばを頂きました。


懇親会のテーブルを、写真の担当の方がまわって撮影していたのですが、
「おひとりでお撮りしますか?」

と言われました。
そんなわけで、本当にありがとうございました。

次回は11月に炉開きがありますが、滝沢先生の訪問着に、北村先生の帯か、
佐波理の帯にしようか、と思っています。

また楽しみですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

M様、有難うございます。

3人のお子様もいらっしゃって、年々お仕事の責任の幅と重さも増していらっしゃいます。

こんなお姿、女盛りって言うのでしょうね。

こんな風におきものを楽しんでいただいて嬉しいです。

さあ、今日は、着付け教室とコーディネート講座です。



未分類 | 07:00:19 | Trackback(0) | Comments(0)
K様が、きものや帯に合わせて帯締め・帯揚げをお求め下さいました。
沢山のきものや帯なので、様々なコーディネートが出来ます。

画像でお選びいただいて、ご自宅に届いて
メールを下さいました。

・・M様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さきほど荷物を受け取りました。
自分で決めておきながらまたこんなに沢山の帯締め!!!と、

思っていたのです が、どれもいい色でとっても満足です。

濃すぎないこのような色、なかなか選べなかったのです。

IMGP3416_20121007190228.jpg

IMGP2636.jpg


さすが! と思うと同時に、
セールやネットでお安く買うのに
はやっぱりそれなりの限界があるなあともつくづく感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

M様の鑑定眼もすごいのです。
M様、有難うございます。






未分類 | 18:55:59 | Trackback(0) | Comments(0)
S様の披露宴の訪問着のコーディネート
今日は、S様の披露宴の訪問着のコーディネートです。
2回分のコーディネートを考えさせていただきました。
IMGP3503.jpg

意外な帯が合うのです。

IMGP3563_20121005180736.jpg

この訪問着は、色のお顔映りは良いのですが
綸子の生地の光沢がS様には、重く感じるのです。

その重さを、軽やかでモダンな色合いの水色の伊達衿を加えることで減少させたい。

次に、おしゃれ感が高く豪華さが高くない帯の変わりに、華やかな帯を入れることで
きものの生地の強さを引き算します。

その上で、水色の帯揚げと白グレーの帯締めでモダンで格の高い雰囲気を加えます。

IMGP3545.jpg

次の訪問着は、柄のにぎやかさを白い帯で引き算します。

その上で、S様らしい女らしい藤色の帯揚げと帯締めを締めます。
帯締め・帯揚げの重要さは変わりません。

前後にご主人様が車でおきものを運んで下さいました。
ホノルルマラソンを走られるエネルギッシュなご主人様は
いつも格好よい!です。

IMGP3574_20121005180736.jpg

職場の若い女性の部下達の披露宴に列席なさるS様に求められるのは
おしゃれ感に格の高さをプラスしてあこがれられる着姿でしょう。

お越しいただきまして、ありがとうございました。


また、9日(火)は、午前(10:30-12:30)に着付け教室、午後はコーディネート講座(13:30-15:00)開催です。

スポット参加が可能ですから、是非きもの力を上げて下さい。
ご参加をお待ちしています。

コーディネート | 18:08:44 | Trackback(0) | Comments(0)
高額着物 紬の価値
紬の価値として忘れてはならないのは、その作り手の一生で
どれだけの枚数を作ることが出来るかということです。
その人の一生で作り出せる紬の数には当然制限が有りますから
一生の時間を切り刻む過程でも有るのですね。

糸選びは、私たちが思う以上に重要です。
草木染めは、色を表現する大切な部分です。
色だけではなく、柄を出すために、糸に刷り込んだり、絞ってつけたりしながら
部分的に色を染めていきます。
手織りは、何か月もの長期戦です。

当然、緻密な計算と根気の必要な作業です。
何回も失敗したり挑戦したりを繰り返します。

紬の各工程を分業で行う産地も有りますが
一人ですべてを行う所がほとんどです。
畑仕事の合間に行われてきたのです。

時々、紬に命を感じます。

特に牛首紬です。
牛首は、元気でやんちゃな紬なのかもしれません。
自分と相性が良い人を見ると私の肩をたたくような時が有ります。

牛首の出番ではないシーンなのに、ひょいと目に飛び込んで来るのです。
ああ、お似合いかも?と思うと、本当にその方にとてもお似合いになるのです。
着られたい相手を紬自身が選んでいるのですね。

絹は生きている!ということを考えると
なるほど、きものに意志が有るのかもしれません。
相性が良いエネルギーに近づこうとするのでしょう。


やわらかものや麻などから、そのような力を感じることは少ないのですが
それは、麻は植物繊維であるから大人しいとか、やわらかものは、手で糸をとってないからだとか
有るのでしょうか?

紬の力、恐るべし!です。








高額きもの | 06:47:41 | Trackback(0) | Comments(0)
高額きもの 絣
高額なきもの探しは続いています。

私がやっているのではなく、時代の要請なのかもしれません。
私は少しだけ巻き込まれている?(笑)
きっと、今の時代の高額きものが荒い出されることでしょう。

結果的に、一番高額とみなされるのは絣であろうと思われます。
染め物は、染め上った途端に照明や日差しで変色し退化しますが
織物は、草木染めの風合いが良くなるなど、価値は衰えないのです。

それどころか、こだわった技が伝承されないとか、作り手が他界したなどの理由で
価値は上がります。

しかし、それはほんの一部の絣です。

価値が分かって評価する目を持つ人によってしか、正当な価格は付けられません。

ある絣は、7200万です。
8000万では高いのです。

この違いの妥当性は、下の方で見ていたらさっぱり分かりませんね。

作り手の方が考え出した技法で、なかなか真似できない技で
完成度の高い作品を作り出されていて
ご本人が作った作品で、もう今は作れないものです。

こんなものは、簡単に販売できるものでは有りません。
国家の財産だと思います。

ある素敵な女性の作家さんが、とてもすばらしい作品を作られていて
強い情熱で前に進んでいらっしゃいます。

この方のこの情熱は、どこからくるのかしら?と思ったことが有ります。

そんな作り手の方は、その前にこのような目指すことが出来る先輩の存在が有ることが
大きなエネルギーになっているのでは無いかと思います。

絣は、一番カジュアルで華やかさや格が低いものです。
そのシーンに一番高額なきものが有るのです。


女将奮闘記を知って、

「これが、NHKの朝ドラになれば面白いのにね」とある人が言いました。


きゃあ~・・・・・・・・・・・・!!

ええええ・・・・・・・・・!!!!!




高額きもの | 06:15:01 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。