fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

おばあ様のおきものの整理
■おばあ様のおきものの整理

昨日は、40歳代のW様のお宅を訪問しました。

W様は、着付けがとてもお上手です。
子供の頃から日舞を習い、成人式の振袖は、お母様、お父様、おばあ様
達から合計5枚プレゼントされたという恵まれたきもの環境で育ちました。

おばあ様が亡くなられて、そのおきものの整理のお手伝いです。

桐箪笥何竿分もあるものを、どうやって整理をしたら良いか分らないのと
親戚の方々が、「帯を2本位欲しいのだけど」等とおっしゃるのだそうです。

どの程度の価値がある物か?
自分が着る事が出来るのか?
もう処分してよいのか?

というような判断が難しいです。
ということで、お手伝いに伺いました。

こんな時は、最終目標を何にするかを決めることが大切です。(笑)

W様は、「何にも考えていません」とおっしゃるので
「では、この山を無くしましょう!」と決めました。

うずたかく詰まれたきものや帯、下着などの山を見て
たとう紙を開いて、中のきものを出し、

 汚れ
 寸法
 W様が、着る事が出来るかどうか?(地味・派手)
 きものの価値

などを判断しました。

そして、

1)着られるもの
 袷のきもの、単衣のきもの、夏のきもの、 帯

2)汚れが有って、お手入れをした方が良いもの

3)布として取っておくもの

4)処分するもの

に分けました。

寸法は、W様が羽織って見て、着丈の長さや裄の長さ
身幅などの大体の確認です。
ここで細かい寸法に入ってしまうと迷宮に入り込みます。(笑)

ここまでやって行くと、ご自分のおきものが別に沢山有ることが分りました。
それは、20代に用意されたものが多いのです。

しかし、ご自分のものが有るのなら、おばあさまのおきものを
ご自分がすぐにお召しになる必要も無いのです。

という訳で、おばあ様のシックな色無地などに
W様の若々しい帯や帯締めを置いてコーディネートしてみました。
大人しいおきものが、一変に格好よいコーディネートに変わりました。

お召しになる時は、このようになされば良いですね。


おばあ様は、お茶の大先生でしたので

家紋付の落ち着いた色合いの色無地が沢山あり
帯は、無地のつづれが多いです。
普段着として、牛首紬などの紬を贅沢にお召しでした。

なるほど・・お茶の方のきものライフが私にはとても参考になりました。

という訳で、おばあ様のおきものの整理第一弾は終わりました。

W様、お疲れ様でした!

IMGP9731.jpg
IMGP9728.jpg
IMGP9725.jpg
IMGP9723.jpg

IMGP9719.jpg
IMGP9732.jpg

未分類 | 09:27:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する