fc2ブログ
 

04月 « 2024/05 » 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブルーローズタイプのかおりゅ様から
<36歳山口在住かおりゅ様から>

きもののファッションタイプでブルーローズタイプの方は
お顔がさびしく見える色がある
ということが、とても注意すべき重要な問題になります。

そんな かおりゅ様から色無地のご質問をコーディネート質問箱
いただきましたのでご紹介させていただきます。


・・かおりゅ様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めまして。数ヶ月前から着物好きが再燃した者です。

来年長男の卒園式、入学式がありますが、色無地を着たいと考えております。
入学式にはピンクの色無地と決めておりますが、
卒園式に鉛丹色はおかしいでしょうか?
赤みの強い渋柿のようなお色で、初心者の私の感覚では「暗い・強い」と思ってしまいますが・・

やはり紫・鼠・青 といったお色のみが着物の常識なのでしょうか?

また、現在「薄藤色」の色無地の購入を考えておりまして、こちらなら卒園式に問題ないかとも思いますが、もし「鉛丹色」でも可能ならば薄藤色の購入を焦らずとも良いかと思いまして、ご質問させていただきました。

もしかして「薄藤色」も卒園・業式にはおかしいでしょうか???でしたら新たにお色を再考いたします。

季節はずれの質問ではございますが、ご回答宜しくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このご質問では、赤みの強い渋柿のような色が卒園式には不適格で
紫・鼠・青ならふさわしいのか?

というように思えます。

いいえ、そんなことは有りませんよ!

とお答えするのは簡単ですが、ここでかおりゅ様のお顔と雰囲気を
拝見しますと、ブルーローズタイプでは無いか?と思えます。
CIMG0335.jpg

そのことをお聞きしますと


・・かおりゅ様から・・・・・・・・・・・・

ご指摘の通り、(きもののファッションタイプチェックシートで)ブルーローズに当てはまるものが8個あり

MATURE PINKにも同数当てはまりました。
お洋服よりもお着物の方が、肌に合わないお色は如実にその悪さが表れてしまうような
気が致します。 怖いですね。

(なかなか全身を撮る機会が無く・・・数年前のものですがあまり変わっておりません)

また、普段に着用する際の長襦袢はピンクなのですが、入卒園・業式などは
やはり白襦袢でしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とのことでした。
そこで、下記のようなアドバイスをさせていただきました。


赤みの強い渋柿のような色が「暗い・強い」ということですが
それは、かおりゅ様のお肌の色に対して暗い強いですね。

でも、暗いのは卒業式に向いています。(笑)

また、似合うかとか、TPOに向いているかということは、色だけで決められる
ことではありません。

かおりゅ様が、ブルーローズタイプの方だとすると
やさしい繊細な雰囲気をお持ちですね?
お洋服も白っぽい清楚な雰囲気がお似合いだと思います。
強さが感じられる柄や色は違和感が有りますね?

だからと言って、優しく薄い紫・鼠・青という色を選ばれても
お顔が暗くなってさびしく見えることが多くないですか?
ブルーローズの方だとすると、この点が一番問題です。

お持ちの鉛丹色をもっとお似合いになるように工夫することは
出来ると思います。

それは、伊達衿にやさしい色合いを加え
帯も帯締めも帯揚げもそんな雰囲気にすることで
おきものの色を目立たせなくすることです。

真っ白ではなく、優しいピンクやオレンジ・藤色などで
清潔感と優しさが強く感じられるようなものをお探し下さい。

○反対に、強い色にもお顔が負けてしまいます。

で少しご説明させていただいています。

帯も重要なので、優しい雰囲気があり、その帯に目が行くような
力のあるものを次にお選びになると良いですね。

1)伊達衿・帯締め・帯上げで色や雰囲気の調整する
2)次に帯を自分らしいものにして、一層素敵に自分らしくする
   (かおりゅ様の場合は、可愛く優しい自分らしさです。)
3)調整の最後は、自分らしい似合う個性を持つきものにする
   (かおりゅ様の場合は、可愛い優しさが感じられるピンクやクリームや水色のおきものなどです)

これで、素敵になります。

しかし、ベストは、この順番を逆にすることです。
そのような選び方をなされば、もっと素敵な着こなしになられることでしょう。


また、入卒園式などの長襦袢はピンクでも良いですよ。
目立つ部分では有りませんし、今回お金をかけられるとしたら
その鉛丹色のおきものを生かす帯や帯締め・帯揚げに
お金をかけられた方が宜しいと思います。

・・・かおりゅ様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご回答ありがとうございました。
アドバイスを頂きましてから、家にある伊達衿を色々と合わせてみたり、
帯や帯揚げのお色をあれこれ合わせてみたり致しまして、何とか
顔映りの良い状態に持って行くコーディネートが出来るようになりました。

この先は間違ったお買い物をしないように気をつけたいと思います。
この度はどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




コーディネート | 10:49:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する