07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きものの原点

私がきものの原点だと思うことが有ります。
それは、きものが天然繊維でできていて、生きているということです。
次に、手縫いされるものであるということ、これらから生まれる多くの意味を
是非お伝えしたいです。

1)絹は生きているということ

きものの多くは、絹や木綿・麻などの天然繊維でできています。
このことは、きものが「生きている」ということを意味します。
生きているとは、繊維自体が呼吸し、湿気や気温や光に対して調節機能を持ち
変化するということです。

このような天然繊維に対して、化石燃料(石油など)から人工的につくられる化
学繊維があり、化学繊維は、呼吸をせず変化が少なく安定的な状態を保ち安価で
す。化学繊維が多い洋服の世界に慣れた私達がきものに入門するときに、このこ
とに戸惑うことがあります。または、気付かない多くのことが実はあるのです。

 染めが変化すること
 寸法が変化すること

これがポイントです。

つまり、きものの状態が、動き変化するのです。

染めの場合、染め上がったり、織りあがった時からその変化は起こります。
染め上がったばかりの色は、すぐに太陽光や蛍光灯の光で焼けます。
ですから、最初の色ではなくなっているのです。

このため、きもののお手入れで、古くなったり、色焼けしたおきものを
「元の状態にしてください」と言われることがありますが、元の状態は特定できな
いのです。
おきものを室内で展示していても、蛍光灯で、特に肩の部分など
が焼けることが多いです。
ですから、ご注文いただくと、まっさきに、染め元で色やけなどの確認を行いま
す。それは、古いからとか長く展示しておくからとは限りません。
染め上がったばかりものもでも、それは起こります。

焼けやすい色と焼けにくい色も有ります。
女性が大好きな紫色は、焼けやすいので染める人に敬遠されてきました。
青も焼けやすい色です。

染色した繊維製品の色の堅牢さを現す染色堅牢度というものがあります。
日本の堅牢度は、海外よりも高い堅牢度で、きのも堅牢度表示をしているもの
が多いです。
それでも多くのものは、手仕事で染めるので、微妙な染めむらがあるのもある程
度当然で、それが手仕事の味にもつながります。
つまり、安定的で定まった状態がとても難しいといえるでしょう。

また、絹は、湿気を吸い、それを発散し、湿度を自然に調整する働きがあるので
すが、湿気が多いと収縮したり黄変することが有ります。

極端な例では、仕立てあがった反物を呉服屋さんに納めるために運送する何時間
かの間にもその変化が起こり、きものの寸法が変化することがあります。
ああ・・なんて繊細なのでしょう。
また、絹は湿気を嫌いますが虫は食いません。毛は、虫に食われやすいです。

このように、洋服を着こなし、1+1=2と割り切った生活になれた現代人にとっ
てアバウトだったり微妙な変化も受け入れざるを得ないきものの世界には
大きな包容力もいりますが、それが自然を受け入れると言うことではないかと私
は思います。

2)縫うということの意味

3)きものの表現力


きもの | 07:35:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。