07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コーディネート講座で学ぶ帯締め・帯揚げ
コーディネート講座5月19日(土) タイプ別帯締め・帯揚げの選び方が終了しました。

その内容を少し、ご紹介させていただきます。

最終目標は、似合うを知って、いつでもどこでも、自分に似合うきものを間違いなく選ぶことが出来る
ようになる!です。

●帯締め・帯揚げは、きもの・帯の次に着姿を決める重要なアイテム

帯締めは、人の顔の唇と同様の重要な役割
帯揚げよりも帯締めを先に選ぶ 理由:帯締めの方が選びにくくて重要
帯締め・帯揚げを加えることで、一層素敵にならなければならない

帯締めで、まだコーディネートが完成しなければ、求める効果が強い雰囲気を加える

帯締めでコーディネートが完成していれば、きものと帯の間を一層素敵に埋めて、
 着姿がグレードアップする帯締めを選ぶ
  例:白い帯締めを加えて、強さを和らげる
    黒いきものと白い帯に、薄いピンクの帯締めで女らしさを加える

帯締めは、色・素材感・柄が重要で、その色や柄の繊細さが、個性に通じる

帯締め・帯揚げは、きもの・帯に対する調整力を強く求められるアイテムなので
実際に、きものや帯と自分の個性に合わせて帯締め・帯揚げを厳密に選ぶことが大切

帯揚げは、帯締めの次に、最終調整する役割
帯揚げは、帯の横から見える色を意識する

出会った帯締めや帯揚げが素敵だからと言って買わないこと!!

実際のきものや帯と自分の個性に合わせて選ぶ帯締め・帯揚げは、驚くほど
他のきものや帯に合い、ものすごく使いまわしが出来るはず

●帯締め・帯揚げの色の基本となる色

第一の基本色:ローズかオレンジ(色白はピンク系 オークル系はオレンジ)
第二の色  :白(夏や単衣の時期)・水色・黄緑色・朱赤
第三の色  :青・黒・茶・赤

この他に、個性が持つ繊細さと、調整役として必要な役割によって
求められる帯締めの色・柄・雰囲気が決まる

●ファッションタイプ別

1) 永遠にキュートな女性 MATURE PINK(マチュアピンク)
2) 優しく洗練されて可愛い ブルーローズ           
3) 日本的な明るさと華やかさ SUN(サン)
4) 憧れのファッションリーダー 旬(しゅん)         
5 ) 本物志向の大人の女性 多が紫羅(たがしら)

A様は、黒白きっぱり!の旬タイプの方です。
色数が少なく、女らしい雰囲気にあこがれます。

こんな方は、帯締めなど小物にピンクを入れること!
そして、帯などにもっと柄や色で繊細なニュアンスのあるものを加えられることです。

IMGP7940.jpg

B様は、ご自分のお顔を考えずに、きものと帯に対して、沢山の色の帯締め・帯揚げを
加えがちです。これは、すっきりせず、可愛さや優しさがやぼたくなります。

色数を減らして、洗練さを加えましょう!

IMGP7948.jpg

C様は、帯締め・帯揚げが、とっても地味だったのです。
おしゃれに見えるシックと地味な色は異なります。

これは、お洋服の世界とおきものの世界で異なるので、難しい部分かもしれませんね。

IMGP7947.jpg
IMGP7941.jpg


次回:7月17日(土)シーンに合わせる着こなし
お申し込みは、こちらから



未分類 | 09:40:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。