fc2ブログ
 

04月 « 2024/05 » 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

越後上布の産地、塩沢を訪問
昨日は、越後上布の産地、塩沢に行って重要無形文化財に指定されている
越後上布を実際に作るところを見せていただきました。

IMGP8809_20100706112534.jpg
IMGP8815.jpg

先日の結城紬も同じですが、頭が下がるほど、原始的で緻密な仕事を
繰り返しています。
江戸時代から変わらないその手法は、守る人がいなければ
絶えてしまいそうな、手間ひまがかかる、とても緻密な仕事でした。

IMGP8817.jpg
IMGP8818.jpg

この麻を、爪でとても細かく裂いて、1本の糸を作り
その糸を結んでつなぎます。

IMGP8820.jpg

糸作りの後は、回転させて撚糸をかけ

IMGP8822.jpg

ふ糊を通して、糊付けをします。

IMGP8823.jpg

糸を整える作業も、気が遠くなるようで

IMGP8825.jpg
IMGP8827.jpg

織っている所は、更に、とても細い糸なので
織り上がりまで何ケ月もかかります。

IMGP8830.jpg

織りあがったものは、このようにすばらしい夏の麻のきものになります。

重要無形文化財に指定されているもので、年間10反以下の生産量です。

受注生産することがベターではないかと私は思いました。


江戸時代から、ほとんどその製法は変わっていません。
糸に合わせて仕事をしています!

とおっしゃる姿がとても印象的でした。
この製法を伝えて下さる方々に感謝の気持ちで一杯になった1日でした。

未分類 | 06:29:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する