07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
七五三と十三参りのきものアドバイス
子供の十三参りのおきもののこと、考えたいのだけど忙しすぎます!

っておっしゃるA様!

既に、D様は、11月28日をお嬢様の3歳のお参りの日と決めて、着付け・ヘアーの用意もお済です。

IMGP1163.jpg

IMGP9931_20100902191528.jpg


可愛い刺繍半衿も、髪飾りも決まりました!

IMGP1248.jpg


その様子は、女将さんのブログでもご覧下さい。

だって、美容院と着付けの先生は、今から確保しないと一杯になりますよ。

お持ちのおきものを生かして、最高の着姿で素敵なご家族の思い出を作りましょう!

伊藤康子が、あなたがお持ちのおきものや帯・小物を拝見して
コーディネートをアドバイスいたします。

新しいものをお探しする必要がある場合は、
忙しいあなたに代わって、それを行わせていただきます。
商品価格+お探し費用(商品価格の15%)

1)七五三のお母様・お子様達のおきものアドバイス 3万円

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝うって神社やお寺
などに詣でる日本の年中行事です。天和元年(1681年)11月15日、館林城主、徳
川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに
詣でます。本来は数え年ですが、現在は満年齢で行われる場合も多いです。
現在では北海道を除いた全国で盛んに行われていますが、元来は関東圏における
地方風俗でした。

3歳のお嬢様は、おきものに紐を付けて、帯なしで、上から被布を着ることが多
いです。
5歳のお坊ちゃまは、おきもの、羽織、袴で格好よく・可愛く着ます。


2)十三参りのお母様・お子様のおきものアドバイス 3万円

十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、
数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これか
ら先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事です。
それで別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも言います。
初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着ることになり、事前に肩上げをしてお
いて着用します。
13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承さまし
た。関西では七五三よりも、こちらの方が盛んで、
中でも、京都嵐山の法輪寺・奈良の弘仁寺が有名です。
最近では関東でも徐々に盛んになりつつあります。

十三参りのお嬢様は、お母様のおきものでピンクの色無地や小紋を
コーディネートで可愛くしたりすることも考えられます。

小学6年生の 彩乃ちゃんは、お母様良子様の小紋と名古屋帯を
こんな素敵にお召しになりました

img499.jpg

img4029.jpg


良子様と彩乃ちゃんのお喜びは、ひとしおでした。
こんな着方もございます。

お持ちのどのおきものと帯などが、お嬢様に最適で
どんな小物を使えば良いのかアドバイスさせていただきます。

また、十三歳のおきものとなれば、大人と同じ大きさになりますから
この機会に、二十歳程度まで毎年お召しいただけるおきものをお作りになるのも
宜しいでしょう。

亜紀ちゃんは、十三参り用にとお誂えになったおきものが、小学4年生から
ずっと着られるおきものになりました。

お袖や着丈を伸ばしならが、成人式が過ぎてもずっとお召しになれます。
毎年、小物(伊達衿・帯締め・帯揚げ)の変化で楽しんで下さっています。

img359.jpg
20090125223143_20100902203605.jpg


男のお子様も、お茶を習っていらっしゃるような方は
長くお召しになれるおきものを作られるのにも良い機会です。

お母様は、お子様が主役ですから、おしゃれ過ぎるおきものではなく
少し控えめが最適です。
とは言え、お持ちのものの中から、そんなおきものを探し出せたら良いですね。

思い出に残したいその日のために、あなたとそのご家族の皆様の立場に立って
最適な方法を考えてご提案いたしましょう。

10月から11月にかけての行事ですから
早々に着手なさることをお薦めいたします。

実際方法:最善は、実際にお会いして、お持ちのおきものや帯、小物も
      拝見した上で、アドバイスさせていただきたいです。
      遠方であれば、メールやお電話でご希望などをお聞きして
      お持ちのおきものなどは、一旦送っていただいて
      アドバイスさせていただきます。


夏のきものショーの第二部動画がアップされました。

未分類 | 18:37:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。