07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
椿や龍の帯
今日は、新らたに織りあがった山崎世紀先生の紬と組紐の袋帯を合わせて
キャアー・キャーと叫んでおりました。

折りしも、税務調査のマッサイ中!なのですが
ちょっとね!(笑)

IMGP5817_20101126194316.jpg

これは、紬ではなく、光沢のある絹で織った格子の無地でとても綺麗です。
美奈子さんもうっとり!です。

それに、この組紐の袋帯は、とっても力強くてモダンです。

IMGP5796.jpg

女将は、草木染めの絞りのきものに、筒羅の組紐を合わせました。
紬と金が入った組紐の帯の格合わせが難しいですが
この紬は、紬色の節がほとんど無く、さわやかで光沢が有ります。

また、筒羅の組紐は、とっても上品な金の入り方ですから
この程度の紬にも合わせていただけます。


IMGP5786.jpg

これは、和紙の袋帯です。女将が、とても気に入っています。

IMGP5804.jpg

こちらも和紙の帯で、柄は、龍です。

帯は個性を表現するアイテムですし、帯を変えることで、お着物が随分変化しますね。

だから、きものって、面白いです。


未分類 | 20:05:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。