09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分らしさの基準を作ること!
先日のコーディネート集中講座は、とても実り多いものでした。

通常のコーディネート講座は、ご自分のものを持参いただくことは無いのですが
集中講座では、ご持参いただきました。

A様は、お母様のおきものや帯を沢山受け継いでいらっしゃって
私が拝見すると、完璧に近くお召しになっています。

でも、ご自分の着姿に自信が無いのだとおっしゃいます。
自分に似合っているかどうか分からないもやっとした感じがいつもあり、
自分の力でコーディネートの組み合わせが出来るようになりたい
というご希望です。

そこで、お持ちになったきものや帯、帯締め・帯揚げを
見せていただくと、色の違いが浮き上がって来ました。

こちらは、気に入って購入した帯締めです。
IMGP5400_20101209203606.jpg

帯締め1本の色を変えると、同じ着姿がとても変わります。
似た色ですが、明度の高い色に変えると、こんなに若々しくなります。
IMGP5399.jpg

次に、この青い帯締めは、お召しになっていた小紋の八掛けが青かったことから
選んだ色です。
IMGP5392c.jpg

このように、ちらりと見える裏地の色と帯締めの色を合わせるのも
きものならではのおしゃれです。
IMGP5402c.jpg

こんなピンクを私が使っても良いのですか?と嬉しいお声でおっしゃっていました。
これは、大人だからこそ素敵に似合うピンクです。(金が入っています。)
IMGP5404c.jpg

こちらは、金が入らない、単衣にも使える薄いピンクと白の帯締め
帯締めには、第一の色、第二の色などが有ります。
こちら
IMGP5410c.jpg

これは、赤茶色の帯揚げも合いますね!ということから
選んだ赤茶の帯締めです。金が少し強すぎますが、もう少し金が弱ければ
このコーディネートが成立します。
そして、お顔がとても明るく若々しく元気に見えます。

これまでは、帯揚げの色を生かせていなかったようです。
同系色の色で埋没してしまっていたのですね。

暖かい色の帯揚げを発見し、手放さないほど
「この帯揚げにすると、途端に変わりますね!」とおっしゃいます。
IMGP5389sc.jpg

そうだったのですね。
A様が求めていたのは、この色を使うようなご自分の着姿なのでした。
嬉しい発見です。

また、帯をきものと同化させてしまう、お洋服的な
コーディネートをなさっていました。
これも、問題点として把握できたことで解決出来ることでしょう。

きもの姿に自信が無い方は、きものが分からないのではなく
ご自分が本当に好きだと思えるものの要素がその着姿の中に少ないのでは
ないかと思われます。

そんな時は、こんな私が大好き!と思って、自分自身のベースになる
着姿を1セット持たれることが良いかもしれません。

帯締め1本、帯揚げ1枚の工夫でも、その姿に近づけますが
これが自分よ!と思えるようなきもの姿になるまで時間がかかります。

次回、コーディネート講座は、1月15日
着付けの集中講座は、12月18日と19日です。

未分類 | 17:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。