07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パンチのある可愛さ
今日は、パンチがある可愛さがある方のコーディネートを行いました。
若々しくて可愛い方で、メリハリが利いた小気味良い上質さを求められる方にお勧めします。

IMGP1072_20101221181349.jpg

この紬は、袷で沢山お召しいただきたいです。
野蚕の糸を格子状に織り込んで染めています。その部分だけ、染め残って薄いグレーになって
格子状の模様が出来ています。

そんな上質な日常着の紬を、締めやすい八寸名古屋帯の色々でコーディネートしました。
ピンクの帯は、可愛い大人色だし、赤・グレーもキュート!

締めやすさと格は反比例して、この帯の格は一番低いのですが
こんなきものの着方こそ、今、一番ハイセンスだと思います。

楽しさを追求した着方です。

ざぐりという、手で糸を引いていますから、糸に風合いが有ります。
手織りなので、一層味わい深いです。

IMGP1075.jpg

ここでご紹介している八寸名古屋帯は、夏も、単衣も冬も、1年を通じて締めていただけます。

IMGP1083.jpg
IMGP1086_20101221181346.jpg
IMGP1091_20101221181345.jpg

この白い帯も、とってもおしゃれです。
重要無形の越後上布を織る方が織りました。

帯締めは、赤と青、この色がパンチの大きなミソ!です。


IMGP1097_20101221181344.jpg
IMGP1102.jpg

この黄緑の紬は、野蚕(人が飼って育てたのではなく、自然界で育った蚕という意味です。)の糸を
まず、柿渋で染めて、その後、美しい黄緑に染めています。

柿渋は、天然のすばらしいコーティング財でも有ります。
黄土色に染まると共に、しわになりにくくて、丈夫な糸になっています。
その上に染められた黄緑の色合いと調和して、大人の優雅な色合いに染まっています。

ある方は、この紬の色違いを単衣に仕立てて法事でお召しになっています。
落ち着いたマットな発色は、様々にお召しいただけそうです。

袷でも単衣でもお勧めです。



IMGP1104.jpg
IMGP1106.jpg
IMGP1111.jpg

この紬は、単衣と夏を通して、6月から9月までずっとお召しいただける機能性が高い
上質な紬です。
やはり ざぐり糸を使った手織り紬です。
出会いにくい上質なこれらの紬と帯は、もう、糸の入手が出来ないので、今後の生産が出来ません。
IMGP1115.jpg


おしゃれなこの九寸名古屋帯は、袷の季節以外、単衣と夏に締めていただけます。
紬を絞った、おしゃれな帯です。


未分類 | 18:16:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。