07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 2)玉糸と絹を使った上質おしょうしな紬は、着まわしが効く上質紬
   首里の帯 + 組紐袋帯 + 久米島紬で応援します! 限定数お得!
   http://www.kimono-bito.com/z-110607osyo/index.htm
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 きものの格をしっかり知ろうとすると、どんな糸が使われているのか?
 という専門的な部分にまで踏み込まないと正しい判断が難しいです。

 なぜかと言いますと、織物の中で、絹糸を使ったものは光沢があり
 格が高いお席まで着ていただくことが出来ます。

 結城紬を初めとする真綿糸を使ったものは、ざっくりした風合いで
 光を吸収して光沢が無く、低い格になります。

 昔、くず繭と言われて、今は貴重な高級繭である玉糸は、絹糸と一緒に
 使われることが多いために、光沢があり、丈夫で、少し上の格まで
 着ていただけます。

 今回皆様にお薦めしている山崎世紀作おしょうしな紬は、 
 まさしく、そんな紬です。
 山形県米沢に住む草木染め絞り作家 山崎世紀先生がご自分の生涯と
 情熱を注ぎ込んで作り上げた独自の上質紬です。

 こんなに薄くて軽くて、優しい光沢で、おしゃれ着としても
 セミフォーマルなパーティにもお召しいただけるおきものは
 とても少ないです。
 しわにも強く機能性もとても高いです。

 私は、赤紫色 草木染料:茜(あかね)を着ています。

  草木染めの色合いはとても上品ですし色無地は、帯で様々な変化を出せますし
 抑えた光沢感と、おだやかな発色は、いやみが無く控えめで上品です。
 金糸が入った組紐の袋帯ともよく合います。

 50名集まる女性経営者の方々とのホテルでの夕方のお食事会や
 20名集まったフランス料理店での夕方の同好会にも着ていきました。
 http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/k/i/m/kimonobito/IMGP0457c.jpg
 http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/k/i/m/kimonobito/IMGP0455.jpg

 おきもの姿は一人だけでしたし、目立ち加減が気になる所ですが成果は上々でした。(笑)
 組紐の袋帯と合わせると、とてもおしゃれで格調高くなります。

 そんなおしょうしな紬と大人気の仲間さんの首里の九寸名古屋帯や
 組紐の袋帯に合わせていただいて、限定数だけお得です。


  上質なおしょうしな紬と、首里の帯のコーディネートを特別価格でご提供!!

   2点で1,142,400円→特別価格(税込み)966,000円

          176,400円お得!!


 お好きな色のおきものとお好きな帯を組み合わせていただけます。

 組紐の袋帯は、限定品だけ10%引き

 久米島紬もお買い得!

 今月は、お振込みと信販のご利用で更にお得です。  是非、ご活用下さい。
 ご相談やご質問は、shop@kimono-bito.comまたは、03-5652-6868まで

未分類 | 16:55:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。