07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きものを作るということには、多くの方々の専門性と時間が注ぎ込まれています。
特に染め物の場合、下絵を書いたり、のりを引いたり、それを、蒸したり、洗ったり、染めたり
各種加工や仕上げをしたりという工程が何十回も繰り返されます。
一人では到底出来ない仕事です。

ある染め屋さんが、「うちほど仕上げの技を持っているおころは無いですよ。」

と言っていました。

仕上げの技が、染めの出来栄えを左右する要素でも有るのです。

最近、京都の蒸し屋さんが一軒廃業なさることになりました。

断然上手な、その蒸し屋さんが仕事をしてくださるので、
京都の上質の染め物を維持出来たと言われます。



いくら上手に描いても、蒸すことが上手くいかないと、生地質も色も風合いも
思い通りのものになりません。
上等なものを作ったつもりが中級以下になってしまうそうです。

それは、生地の違いを知って、色の性格や、気温や湿度の状態を判断して
京都の上質な水で、匠のわざと感で仕事をして下さっていたからできた事です。
大量生産している蒸し屋さんは、これだけの知識と技が有りません。

京都の染めが、この一軒の蒸し屋さんの廃業で大きな壁にぶつかっています。

蒸しの重要性をこれほど痛感させられる状態に来ているとは、本当にこの先
きものは、どうなってしまうの?と思わずにいられません。
もうこれほどの染め物はできません。と今日、作り手は、言いました。

また、このように、上質なものが急速にできなくなっているので
良いものが引く手あまたの状態です。

十日町の滝沢先生の工房でも、とても深刻な状態です。
ゴム糸目を使っていた滝沢先生がいらっしゃる十日町で
糊の処理をするドライクリーニングの公害規制が厳しくなって
ゴム糊を使うことが困難になってきました。

このため、滝沢先生は、お盆前から真糊に変えられました。

初代 由水十久(ゆうすいとく)先生の指導を受けていらっしゃる滝沢先生は
繊細な線に強いゴム糸目を使っていらっしゃったのです。

従来真糊で仕事をなさっていた滝沢先生には、懐かしい仕事でも有るのですが
真糊は、もち米の粉とうるち米の粉を使って、1日がかりで作り
その管理も技術的も手間も何倍もかかります。

この問題はきもの業界全体の問題でも有るので
ゴムで糸目友禅を行っていたところは、真糊という本物志向に転向するか
海外生産に移ることでしょう。

つまり、普通のものが無くなり
海外生産の大量生産品と、職人さんを確保できている少量生産の本物だけが残ることになるでしょう。

この本物を作る所は、もうすでに、染め上がったら売れてしまう品不足状態です。

そんな中で、群を抜いて、ダントツ最上級の滝沢先生は、周辺環境に追い込まれるようにして
ますます力を出さざるを得ない状況になっています。

昨年から今年にかけて、滝沢先生は、糸目友禅技法だけではなく、ろうけつや蒔き糊技法も
使われています。

その完成度もすばらしいもので、

 こんなろうけつ、見たことが無いです!!

という程のものです。

滝沢先生の糸目友禅は、薄い色でも4回以上染めるので
色の迫力が出ますが
ろうけつは、また違った迫力ですし
先生は、ろうけつと糸目の併用という、一層困難なことをなさいます。

そうやって染め上がったおきものが、どれほどお召しになる方を美しくしてきたことでしょう。

なかなかお似合いになるおきものが無かった方が、そのおきもので途端に
お顔が変わりました。その変化は、驚くほどです。

滝沢先生のきものは、
従来の枠にとらわれずに、見たこともない柄行きを作り出し
誰が着るの?と思わせる大胆な構図でさえも
羽織った途端に、着る人を最高に美しくすることが出来るきものです。

広い会場で、ダントツ素敵さが際立つ色を出せる色の魔術士でも有ります。

それは、きものだけを見ているのではなく
人を見て、お似合いになる色とその上を行く色を作り出せる力が有るからです。
このことがどれだけすごいかは、皆様が想像する以上です。

私はこれが出来る人を他に知りません。
出来上がっている色から選ぶことが出来ても
似合う色を布で、いや、柄まで取り込んだきもので作り出すことは
ものすごく大変なことです。

また、滝沢先生は、今の時代をリードするような大胆な柄も染められますが
琳派の古典柄も作られます。
それは、古典なんだけど古典じゃないです。

完全に、今の時代の古典です。

上品さと時代を超える正当さ感が有ります。

古典を作る方々が、古いものを守るだけではなく
今の時代の古典に昇華させることって、大きな力が求められるので
なかなか出来ません。

それが出来るのが滝沢晃先生です。

ですから、滝沢先生の新作をご覧にお越しになる方々は、毎回毎回
わくわく、キャー、キャー言っていらっしゃいます。

だって、ものすごく楽しいんですもの。

今週末は、そんな時間です。
是非、お遊びにお越し下さい。

滝沢 晃新作発表会日時 :8月27日(土) 10:30-15:00
     28日(日) 10:30-17:00

場所 :日本橋きもの人     



未分類 | 17:00:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。