09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今夜、結城紬!
今夜、結城紬の館の館長さんがTVで結城紬のことをわかり易く丁寧にお話して下さいます。
BS日本テレビ 20:00-です。
是非、ご覧下さいね。

結城紬は、紬の中でも他の追随を許さないすばらしさが有ります。
太い縦糸のざっくりした真綿の風合い、絣の細かさ、着るたびに幸せになります。

多くの方が名前は知っていても、なかなか本物の結城紬を
ご覧になったことが無いようです。

是非、実際にご覧いただきたいですし
この風合いをまとってみていただきたいです。

さて、単衣のきものに衣替えなさいましたか?

夏から単衣の季節に変わったので、きものと帯は変えますが、
長襦袢と半衿も変わります。これがいつも大変(笑)。

きれいな長襦袢が有ったかしら?
半衿はつけていたかしら?

そんな時にいつも大活躍するのは、竹すがたの長襦袢です。
洗える天然繊維の長襦袢は、本当にありがたくて幸せになります。
今日もざぶざぶ洗っています。

秋の単衣は、どんどん日差しが内向きに変化してきますから、
その日差しに合わせて着る色を変えます。

そんなに沢山きものが有りませんっておっしゃるかもしれません。
その場合は、フォーマルかおしゃれかで持たれるきものの種類を決めて、
着まわしがし易い色合いでおつくりになると良いですね。

単衣のきものは、裏がついていないだけではなくて
単衣に相応しい生地というのが有ります。
絶対条件は、軽すぎてぺらぺらしないことです。
裏地がつかないので、軽すぎる生地は、ふわふわして着ずらいです。

秋らしい兎やお月見やすすきの柄とか、温かみのある色合いという選択も有りま
すが、それよりも、どのようなシーンで着られることが多いのか?

ということからきものの種類(やわらかものか紬か等)をしっかりと把握なさって
着まわしが利く組み合わせでお持ち下さいね。

未分類 | 05:31:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。