07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大場松魚の帯
となみの帯の中に、私の大好きな帯が有ります。
何本も好きなのですが、ダントツ! と言えば、この帯です。

大場松魚さんの箔を使った帯で
東京織物卸商業組合理事長賞を受賞しています。

大場松魚さんは、1916年(大正 5年) 3月15日生。
1982年(昭和57年)、重要無形文化財「蒔絵」の保持者(人間国宝)に認定されています。
金沢美術工芸大学教授、輪島漆芸技術研修所名誉所長。石川県金沢市出身です。
松魚さんは、現在95歳で現役、金沢大学名誉教授でもあり、
 中尊寺金色堂の修復作業にもかかわっている

この帯は、 からすうりとひよ鳥を描いたもので、大場さんが研究室から
窓の外を見たら、木にからすうりが成っていて、ひよ鳥が来て鳴いていたそうです。
それを蒔絵の文箱の柄として作りました。
IMGP6988.jpg
IMGP6991s_20110914180938.jpg

その図柄を写し取って帯に図案化したものです。

作るときに、現物の蒔絵に忠実に作るために
特注した色箔(和紙に漆を塗って細く裂いたもの)と絹糸をたて糸とよこ糸として
使用しました。細い糸を3600本以上使っています。

軽さと薄さを出すために、ドンスに近い織り方で平坦織っています。
ひよ鳥の部分は金ですが、とても上品で可愛くて、いやみが有りません。
とてもおしゃれに感じます。

色無地から訪問着まで、また、紬の訪問着にも合わせられるすばらしい袋帯です。

未分類 | 18:30:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。