07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天蚕きもの
長野県安曇野で天然の繭100%を使ったきものを織り続けています。
IMGP9334.jpg

くぬぎ林で飼育している天然の蚕を使い、8軒の農家で繭をそだてています。 
織り手は1人だけです。
限られた量と人ですから、年間4反しか出来ません。

また、天然の繭は、年に1回だけ春に一番上質なものだけをとります。
座繰りという糸取りが大変難しいのです。この糸取りは現在、3名だけしか出来ません。
この1かせの糸を取るのに半日かかります。

IMGP9337.jpg

たて糸もよこ糸も全部この糸を使って手織りするのでなかなか織りあがりません。
大変美しく輝く光沢が有ります。

紬ではなく生糸で、上品な輝きが有ります。
皇室に献上していたというこのおきものは、絶品の希少価値が有ります。
年に4反というのは、普通の販売が出来ません。

ご注文いただいて、何ヶ月か待っていただくことも有ります。
現在、1反だけ織り上っています。

IMGP9333.jpg

朝ドラ おひさま で安曇野が放映されたこともあり、今、脚光を浴びています。

これは、その天蚕100%のショールです。
IMGP9343_20111019134323.jpg

この他に、天蚕100%ではなく、紬糸と合わせて織る手織り紬も大変すばらしいです。
1人の方しか織れません。

IMGP9326.jpg

縞・格子などで色んな色で織り上がりますが、1人の方が草木染めの材料取りから染色
手織りまで行いますので、年4反以上は出来ません。

IMGP9349.jpg
この紬は、こんなに鮮やかで上品です。

限られた紬ですが、ご興味がおありの方は、ご連絡下さい。




未分類 | 13:55:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。