08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄那覇で最高の時間を過ごしています
沖縄那覇で最高の時間を過ごしています。
来て実際に見て体験すること、大切ですね。

IMGP0006_20111117051023.jpg

飛行機から見た那覇の町は、穏やかで暖かく、全てを受け入れてくれるようでした。

IMGP0015_20111117051022.jpg

最初に訪問させていただいた読谷山花織の工房は、美しい織物を見ると共に
ステンドグラスの技法を使ってトレイや鏡を織物で飾っていました。

IMGP0016_20111117051022.jpg

工房の庭に、パパイアの実がたわわに成っているのが見えます。

IMGP0025_20111117051021.jpg

黄色いもこもことした飾りは、織物で余った糸を飾っているのです。

IMGP0026_20111117051021.jpg

読谷山花織の布を入れ込んだトレイ

IMGP0030_20111117051020.jpg

とても美味しかった沖縄そば 稲荷付き

IMGP0033a.jpg

首里城の入り口 門の真ん中を通れるのは王様だけでした。

IMGP0038_20111117051250.jpg

夏物の民族衣装をつけて案内して下さるガイドさん
帯は、前結びです。

IMGP0040_20111117051249.jpg

首里城の中のお茶室です。
琉球王朝にまで茶の湯が伝わっていたのですね。

IMGP0044_20111117051249.jpg

これから城間栄順先生の工房を訪問させていただきます。
先生、いらっしゃるかな~?

IMGP0049_20111117051248.jpg

工房に入ってすぐ、丁寧な説明をしてご案内下さった素敵な方が栄順先生の奥様だと
後から分かって、少しドッキリです。

IMGP0051_20111117051247.jpg

型紙も全部先生の所で作ります。

IMGP0052.jpg

糊ふせをした後、顔料を人の髪で作った刷毛で刷り込むように染めて行きます。

IMGP0054.jpg

こんなに綺麗に染め上がります。

IMGP0061a.jpg

栄順先生ご夫妻と一緒にパチリ!先生は、もくもくと手を動かして染めていらっしゃいました。
奥様は、義父である人間国宝 城間栄喜先生との思い出などを語って下さいました。

とても丁寧なご対応をいただきまして、有難うございました。

IMGP0065.jpg


次に、こちらも、大変すばらしい 紅型作家 知念貞男先生の工房を訪問させていただきました。
琉球びんがた三宗家の一つ、知念家八代目当主で、球びんがた技術保持者です。

IMGP0084a.jpg


ご一緒に写真もパチリ!
ここで、大変すばらしい紅型の訪問着なども見せていただきました。

IMGP0087.jpg
IMGP0089_20111117051641.jpg
IMGP0091.jpg

夜は、四つ竹という那覇料理のお店で、舞踊も楽しみました。
初日から盛りだくさんで大変充実した時間でした。

IMGP0097_20111117051640.jpg

未分類 | 05:21:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。