fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

男性経営者の方々が多い会のきもの
昨日は、男性経営者の方々が多く集まる夜の忘年会に出席いたしました。
東京産業人クラブの忘年会です。

IMGP1419.jpg

日ごろ参加させていただいてる女性部会が属する全体部会で男の方が圧倒的に多
いと思われる会でした。銀座飛雁閣という中華料理
屋さんで開催です。

こんな場面のおきものとして求められるものは、下記のように思えました。

1)絶対にやわらかものであること
2)男性受けするやさしさがあるきものの色であること
3)会場から判断して、つけ下げや訪問着は大げさであること
4)ご年配の経営者の方々と言うメンバー構成から判断して
  それなりの技が現れたきものや帯であること
5)冬の夜の色合いに相応しいものであること

一旦、中間色の青い江戸小紋と思いましたが、江戸小紋は、1度染めであるため
に色の訴求力が弱いのと、私にはお顔映りが、3/5程度なので、泣く泣く却下い
たしました。
次に、真っ青の色無地も、ご年配の経営者の方々に対しては、色柄が単調すぎる
ので却下。
小紋も迫力に欠け(私の場合、小紋は、いつも出番を逸します。)
滝沢先生の柄の少ない訪問着だと仰々しすぎて生意気に見えかねません。

結局、選んだのは、滝沢先生に染めていただいた
青に墨色をぼかした無地感覚のおきものでした。
これに、シックながらピンク・オレンジ・青・緑などの色が入った
組紐の袋帯です。組紐の袋帯は、こんな会でいつも大活躍します。

しかし、これだけでは、甘さに欠けるので、帯締め・帯揚げをピンクにしました。

さて、成果は?
IMGP1410.jpg

数名の女性社長たちは赤いスーツでした。これは、後からクリスマスソングを歌うためと分かりました。

IMGP1411.jpg

他の女性の皆様は、ほとんど黒っぽいお洋服です。

席は、急遽、各テーブルに女性の方々が分散して座るように変更されていました。
これは、結果的に成功だったと思います。

私は、メディカルメイツの三浦玲子社長とジュエリーデザイナー桜井みどりさんと
仲良く女子会ムードでお話を楽しませていただきました。

IMGP1420_20111214095225.jpg

IMGP1408.jpg

それで、おきものの成果は?

大合格でした!!(よかった)

浮かず、控えめすぎず、何人もの男女の方々に、褒めていただけました。

今日は良いかも?と思った時、

並んでお話していた方が急に無言で、私の後ろに行って帯のお太鼓をご覧になっ
たり、隣のお席の方が、急に後ろに来て、やはりお太鼓をご覧になったりする現
象が起こります。(笑)

昨日もそんな場面が有りました。
他にも色々です。

何よりも、私は他の方々のお顔と名前を覚えるのが精一杯ですが
大抵の場合、きもの姿の私は、その分だけ目立っていて覚えていただけるので
名刺代わりのおきもの姿になっています。

ある女性社長さんは、すれ違う時に

今日のおきもの、とてもやさしくて良いわね!

と言って下さいました。

私にとっては、このおきものは、色が濁っていてやさしい感じもしないのですが
そうでは無いのですね。
おきものは、人が羽織った時に、その方との調和で新しいセンスと価値を生み出
します。その価値を客観的に知って、それらを見極めながら着分けることが必要
です。
IMGP1405.jpg

また、自分にとって価値が高いものを、普段からきちんと見つけておく必要が有
りますね。それは、作家さんの価値とは違い、自分との調和において生まれてく
る価値です。

私のきものたんすには、残念ながら着ることがほとんど無いおきものも多いです。
そんなおきものは、娘が、新しい価値を引き出しながら着てくれています。
これだからきものライフは楽しいと思わずにいられません。

コーディネート | 06:44:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する