05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
逸品展開催
書店で手にした本を参考に、毎朝お顔のマッサージをしています。
そうしたら、驚き!あごのラインが随分変わりました。
二重あごが解消されます。
写真を撮ると良く分かるのです。(涙)

毎月何回か行っているエステサロンでお顔のマッサージをしていただいたら、
「そのマッサージの性か、お顔にモチモチ感が出てきました。」と言っていただけました。

ウレシーです。よい刺激とコンスタントな努力と確認が大切ですね。

さて、滝沢先生のいらっしゃる十日町は、今日1日で70-80cmの雪が積もりました。
計2.5mほどの積雪だそうです。

そんな十日町で、滝沢先生の最高作品 ステンドグラスの新バージョンが
今、作られています。

今度のステンドグラスは、一層すごい!!のです。

地がほとんど無く、友禅が全面に描かれます。

その手間と完成させる技は、通常の染めの世界では難しいです。

流通に載せて売ろうとする作品には、これほどの力を入れられません。

10年ほど前、滝沢先生の工房を初めて訪問させていただいたときのことを思い出します。

先生の最高作品は何ですか?

とお聞きして やっと聞き出したのが、このステンドグラスでした。

でも、こんな作品は、もう作れないよ って先生がおっしゃったのです。

それが、様々な流れや時間の中で、また作られることになったのは
ひとえに、滝沢先生の染めに対する情熱の性だと思います。

あのステンドグラスが無かったら、私がこれほど滝沢先生、滝沢先生と言うことは無かったかもしれません。

ステンドグラスのきものは、誰にでも似合うものでは無いけれど
その芸術性や技の高さの応用が、多くのものを作りだすのだと思います。

私は、いつも作り手の方に 最高の品を見せて欲しいと言います。

それによって、何が出来るか出来ないか、どこまでのものが作り出せるのかが分かります。

1月29日(日)から31日(火)まで、逸品内覧会を行います。

サイト掲載出来ない織の名品(丸帯、本袋帯)や振袖、絞りなどをご覧いただけます。





イベント | 17:43:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。