07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きもの人センス
先日、葛飾中央ロータリークラブの卓話で話させていただいた
「ロータリークラブ会員のきものの知識」は、その後も面白かったと言っていただけて
嬉しいです。

私も、このようにお話させていただくと、とても勉強になるのです。

講演、がんばりますよ!(笑)こちら

さて、旬タイプ以外の方や40歳を過ぎた方々が気をつけた方が良いのが
流行の時代性ということです。

気がつかない内に、自分の常識が古くなってしまうことが有ります。
そのことになかなか気づけないのです。

流行は、いつもそれまでの時代を否定しながら、もっと先を見せてくれますから
突拍子も無いものに見えることが多いです。

自分の生活は、もっと着実でおだやかですから、流行を取り入れる必要が有りません。

しかし、その距離を放っておくと、何だか変と思われるようになるでしょう。
そうしたら、先に進んだ時代との折り合いを付けた方が楽しい毎日を過ごせます。

私は、毎月2回ほど会う37歳の素敵な女性がいます。
九州に住んでいて、とてもおしゃれな人です。

私は、彼女で年齢と地域と時代性の確認をするようなことが多いです。
例えば、絹のスカーフは、今主流では有りません。
だけど私達の年代は必需品として愛用しています。
それがどれだけ古いのか古くないのか、私は、30歳の女将で知って、
その37歳の彼女で具体的に再度確認します。

昨日は、これだったら素敵でしょ!と思った紫のスカーフが駄目でした。(苦笑)

流行に流される必要は有りません。

しかし、それは、今の私達がときめく何かを持っているのです。

ここだ!というような、その時代に合う最も旬なものをご提案したいです。

最初、「これ、誰が使うの???」

と思った ローラローバッグは、今人気でなかなか皆様のお手元に届けられません。

佐波理の袋帯も、「この帯、どこで締めるの??」と思って、私は2年ほど箪笥に眠らせてしまいました。


今、一世を風した一竹辻が花の訪問着とのコーディネートではない
新しい締め方で大人気です。

それは、糸目友禅の滝沢先生の訪問着や格調高い色無地などとのコーディネートです。

あくまでもモダンでありたい!それは、きもの人センスに流れる基調です。

頼りがいのある滝沢先生のおきものは、来週28日(火)29日(水)とご覧いただけます。





未分類 | 06:03:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。