09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きものの格あわせ
きものの格あわせってとても難しいですね。

間違い易いのは、八寸名古屋帯を柔らかいおきものに合わせてしまうことです。
八寸は、格が一番低いので紬程度の格になります。
つづれの八寸以外の八寸を柔らかものに使うことは気をつけましょう。

柔らかものには、九寸名古屋帯が最適なのです。
ところが九寸名古屋帯でなかなか良いものが少ないです。

おしゃれな方々が、困った末に、八寸をやりくりしながら柔らか物に合わせている光景をよく見かけます。
やりくりないで、そのまま締めている人は、やっぱりどこかで指摘されてしまうでしょう。

このことは、以前からずっと大きな問題点なのだと思います。
しかし、作る側で改善されず、需要と供給のアンバランスがずっと起こっています。

八寸の帯におしゃれなものがとても多いです。
これに対して、九寸の帯は、大量生産されたような品が多くて、おしゃれで締めたいと思うものを探し出すのが
とても難しいです。
その状況を受け入れると、いつまでもコーディネート出来ない状態になります。

おしゃれ感覚が高い織の九寸名古屋帯や袋帯は、いきなりお高い品になってしまいます。
手織りすくいの帯や勝山や牛首の袋帯などです。

生地がよくて手間がかっかっているから仕方ないのですが、作る側の方々が
もう少し何とかできないのかなと思います。

とてもおしゃれで、わあっと飛びつきたくなる捨松の八寸名古屋帯は
八寸という格と、金銀を使った豪華さから、
相反する要素を持っているので最初から格あわせが成立しずらいです。

格が合う九寸の染め帯は、季節感や個性を楽しめるのですが
これまた良いものがなかなか無いです。
目が肥えれば肥えるほど、満足するものに出会えません。

もっと、多くの場所を探せば良いの?

いいえ、今の呉服の現状では、センスが良い上質なものは、そんじょそこらじゃや見つかりません。

そんな中でも、やりくりしながら、もっと素敵になりましょう!(笑)
きもの人のサイトを見てね!!

昨日の所作講座は、アンケートをいただいた参加者の方々のご満足感はとても高かったようです。
その前のヘアー講習も、最高評価をいただきました。有難うございます。
IMGP4405.jpg



ヘアー講習は、薄毛、直毛、夜会巻きの問題解決と出来るように指導させていただくことだと強く感じました。

IMGP1572.jpg


こんな講習って無いですね。といつもの皆様の感想です。
有難うございます。



きもの | 06:30:46 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-05-05 Sat 21:00:56 |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。