04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏にお薦めしたい越後上布が入荷いたしました
暑い夏に向かっています。
でも、単衣の今は、まだ絽のおきものは我慢なさって下さいね。
この辺の判断が難しいかもしれません。

夏にお薦めしたい越後上布が1反、入荷いたしました。
入手が難しい紬ですし、とても柄が良く揃っていて着姿も美しいです。
IMGP5436.jpg
IMGP5432.jpg

紬の中で一番高額なのが、夏の紬です。
その頂上に立つのが、この越後上布と宮古上布です。

越後上布の作り手は、数えるほどしかいませんが
その中の第一人者中島清志先生の作品です。
IMGP5429.jpg
IMGP5427.jpg

大変綺麗に目が整って、白さが涼しげで
夏に強力な涼感と着心地の良さを与えてくれそうです。

越後上布が高額であるいくつかの理由である手うみの苧麻(ちょま)を
使い、雪さらしなどを行っています。
大変細い麻糸なので、しわは最小限ですみ
霧をふけばしわは元に戻り、とても涼しいです。

夏の実用性が高いこだわり紬の中で一番お薦めしたい紬であり
数が少なくて入手しずらいものなのです。

帯は、宮古上布とか芭蕉布、紅型などで楽しんでいただけます。

古代越後上布 伝統工芸士 中島清志作(越後上布の第一人者)
手織り、麻
1尺1寸幅 十字絣
経絣糸:苧麻120番 極細1320本
緯糸 :苧麻手積み 白地経緯224トコ

未分類 | 16:17:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。