04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きもの作りの技
浴衣の価格の違いなどをまとめています。
浴衣の中には、上質なきものと同じ手間をかけていたようなものも有りましたが
今は、それほどのものを求める方がいなくなったために作られなくなったすばらしいものも有ります。

人件費の兼ね合いから、きもの生産の多くの技術は海外に出て行きました。
しかし、海外では行えないために日本に残っている技術が有ります。

それは、言葉にしずらい微妙な部分や、その湿気や気温が必要だということが多いです。

作り手の方々から、湿度や気温と糸や織の関係などのお話をお聞きすると
そこに多くのことが詰まっているので、心を打たれます。
そして、何回も何回もお聞きして
その後、他の産地の方々にもお聞きすると
一層その大変さや特有性が分かります。
そして、何と大変なことをなさっているのだろうと思うことばかりです。

大きな自然の中で、自然の恵みを大切に大切にしながら作業をしているのです。

単純な細かさや忍耐強さは海外の人にゆだねらることは出来ても、
風土が作り出しているものや、無意識の判断や行動の中にある日本人らしさは
海外の人に任せることが出来ません。

そんな、きもの文化の現状を多くの方々に知っていただきたいし
きものに込められたすばらしい技も分かっていただきたいですね。



未分類 | 06:47:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。