04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スワロフスキーなど宝飾をきものにした訪問着
宝石をふんだんにきものに使った今風な訪問着のご紹介です。
現在94歳の12代目藤林徳扇(とくせん)の作品で、ルビー、スワロフスキー、プ
ラチナなどをふんだんに使った美しいきものを作られます。
それら宝石をきものという布に入れ込む技術が難しいです。

IMGP8775.jpg

黒い反物全体に縦糸にプラチナを使っています。何と贅沢!!
そして、糸目友禅で手間隙かけて描いた更紗柄の周りを銀加工して
小さな丸い転々は、沢山の金のスワロフスキーです。

IMGP8866.jpg

これが、が右袖以外の全体 
12代目藤林徳扇作 訪問着 黒地に更紗

反物を痛めないために、仮絵羽になっていません。(トホホ)
胸元から肩にかけて更紗柄がつながって、とても美しいです。
反対の袖にも後ろに豪華な柄が入ります。

IMGP8847_20120817085940.jpg

これは、青地に更紗柄で金ではなく銀のスワロフスキーが沢山入って
とても若々しいです。

IMGP8851.jpg

が右袖以外の全体
12代目藤林徳扇作 青い訪問着更紗
生地全体にプラチナ糸使用 スワロフスキーと銀をふんだんに使用
糸目友禅で困難な柄を描いています。

糸目で長い線を引くのはとても難しいです。
流れるような柄行きがエレガントです。

IMGP8894_20120817085953.jpg

こちらは、こげ茶色です。
更紗柄がそれぞれ異なります。

IMGP8896_20120817085953.jpg

12代目藤林徳扇作 焦げ茶の訪問着更紗
生地全体にプラチナ糸使用 スワロフスキーと銀をふんだんに使用

IMGP8881_20120817085939.jpg

こちらは、訪問着 赤いカトレア
藤林徳扇の二男 徳也(とくなり)氏50歳代の作品です。
地色の臙脂色が大変美しく、カトレアの豪華さも貴重です。

IMGP8874_20120817085939.jpg

が右手以外の全体
この臙脂色、とても魅力的で私も着たいなあと思ってしまいます。

光の反射加減により虹色に見えるスワロフスキーは、独特のクリスタルガラスで
その輝きと光沢の美しさは世界的に認知されています。
このスワロフスキーを布に接着させるために、海外から特別な機械を
導入して使用しています。

12代目藤林徳扇氏は黄綬褒章受賞等の国が指定する勲章を与えられている他、
世界60数カ国にアート作品が収蔵されユネスコ作家として認められていま
す。京都在住で、宝石やプラチナなどを生地に織り込んだ独特のき
らめきをもった着物を作り、その技術の考案者でもあります。
スワロフスキーを布に接着させる技術はとても高いです。

どれもとても豪華に上品に輝き、パーティに最適です。


きもの | 09:21:14 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-08-30 木 10:30:13 | | [編集]
Re: スワロフスキー加工
橋本様

こんにちは ご連絡をありがとうございます。
機会があれば、是非見せて下さい。
宜しくお願いいたします。

> スワロフスキーアーティストとして、着物や帯にデコレーションしてます。
> 写真の作品は私ではありませんが、着物と帯にデコレーションしてきたストーンの個数は、自負しております。
> 機会があれば是非、作品をみてくださいませ。
2012-08-30 木 15:46:29 | URL | kimonobito [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-08-31 金 23:43:32 | | [編集]
Re: スワロフスキーについて
コメント有難うございます。
見せていただくようでしたら、正式にご連絡下さいね。


> コメントありがとうございました!
> 私は、蘇州刺繍をはじめ、手描きの製品や板場の友禅にもスワロフスキーのラインストーンを接着しています。
> スワロフスキーのストーンも、色・形・大きさがバラエティーに仕入れていますので、自由自在。
> 独自の想像力だけで、製品を作り出しています。
> お忙しい中、わざわざコメントありがとうございました☆
2012-09-01 土 13:39:02 | URL | kimonobito [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-09-02 日 01:07:54 | | [編集]
Re: スワロフスキーについて
有難うございます。お待ちしています。伊藤


> 着物や帯について様々な商品をご覧になられてる方には新鮮さを感じていただけると思います。
> 私は、もっぱら京都の二条城すぐの所で仕事をしておりますので、なかなか東京まで商品を持って行って、見ていただける機会が少ないかもしれませんが、東京に行く機会があれば是非一度、京都にこんなメーカーもあるんだなと、思って頂けるだけでも嬉しいです。
> もし、迷惑でなければスワロフスキーシリーズのパンフレットでもお送りしましょうか?
2012-09-05 水 06:35:32 | URL | kimonobito [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-09-06 木 12:53:45 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-09-14 金 18:56:29 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。