05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
きもの豆知識

1)きものには独特の季節のきまりがあり、6月と9月は単衣のきものを着る約
  束があります。ただし、温暖化の影響などで第一週まで夏物を着ることも許され
  ます。

2)日本で生産される絹糸は、絹糸全体の1%まで落ち込んでいます。
  99%は、中国やブラジルなど海外の絹に頼っているという状態です。

3)きものは手縫いが多く、たて糸と横糸の目の間を縫うので、布目が割れな 
  い。つまり、糸を取るとどこにも縫い目の穴が開かないのがミシン縫いと大
  きな違いです。

4)また、きものは、洋服と違って切り刻む縫い方をしないので、糸をほどくと
  13mの長方形の反物に戻すことが出来て、何回も仕立て直しをして着るこ
  とが出来ます。

5)絹は生きています。きものを着るとは、この絹が生きていることから起こる
  様々な現象を受け入れることでも有ります。吸湿発汗性の高さ、抗菌作用、防臭作用など
  プラスの要素の他に、湿気で生地が伸びる、毛羽立つというようなマイナス要素も有ります。
  このプラス効果を実感していただくと、きものを着ていただく喜びが増します。


  



未分類 | 01:23:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。