09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仕立てなどきものの大原則
きものの仕立ては、とても大変な熟練作業です。

これを手縫いではなくミシンで縫えば早く安く縫えます。
しかし、それは一時の経済性を求めたもので、
もっと知っていただきたいことが有ります。

きものとは、仕立てなおしながら長く着ることが出来るという大きな特
徴が有ります。

ミシンで縫ったのでは、布に穴が開くのでこの特徴を生かせないのです。

では、なぜ手縫いは穴が開かないの?

手縫いは、布と布の間を縫うので、布が割れて穴が開くことは無いのです。
きれいな状態なので、縫い直して着る時に穴が邪魔することは有りません。

しかし、ミシンで縫ったものの糸を解くと穴が開いていますから
その部分は使えません。


これって、すごい!と思いませんか?

何気なく見ている和裁や運針ですが、布を傷つけないように縫っているのです。


次に、きものは、曲線を縫いません。

布目を縫っていくのが和裁であり、布目はまっすぐなので
曲線を縫うということは布目に反抗することになりますから
なるべく、なるべく曲線を縫わないようになっているのです。

例外があり、袖の丸みや衿周り、脇の部分は、少しのカーブが有ります。

しかし、洋服に比べれば、とても少ないカーブです。
布目を尊重しながら、布目と対話しながら、縫って行きます。

それは、着られる方々がほとんど気づいて下さっていない部分かもしれません。

仕立てる前には、柔らかいきものは、湯のしをして、紬なら湯通しをします。
これは、布目を整える作業です。

その後、仕立てる人の所で、再度何回もアイロンを使って布目を整えます。

布目を整える作業は、とても大切で基本的な部分です。
布目が整っていない仕立ては、気品に欠けます。
気品以前の問題で、着心地が最悪です。

曲線が少ないので、ぺたんと平面的に畳んで、重ねておくことが出来るのも
きものの特徴です。何枚も重ねておけるすぐれた収納性ですね。


さらに絶対に知っていただきたいのは、きものは切り刻む部分がほとんど無くて
身頃・袖・おくみ・衿という部分に分けて切ったら、それ以上切り刻むことは無いのです。

洋服のように余分な布は切ってしまうことは有りません。

例えば袖の5分の丸み5を取ったら、余分な部分は切らないで
綺麗に折りたたんで中に入れています。

衿も脇も着丈もそのようになっています。

ですから、糸を解くと、長方形の布になり、それをつなぐとまた
13mの長い反物によみがえるのです。


ということは、長さも幅も細部も切り刻んでいないので
おばあさんが着たものを身幅を変えて仕立てなおして着るとか
娘に譲って娘サイズで仕立てて着ることが自由に出来ます。

こんなに経済的なことを誰が考えたのでしょう?

というような世界です。

きものは、ダーツもタックも取りません。
それだけ体にジャストフィットしずらいかもしれませんが
着付などでいくらでも自由に着こなして伝えていただける世界です。

このことが、きものの大原則かなあと思います。






















きもの | 06:13:08 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-09-20 Thu 08:21:34 |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。