04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日のコーディネート講座
今日はコーディネート講座です。
ファッションタイプが異なる方々が集まられるので、とても楽しいです。
ご自分が200%完璧だと思われるコーディネートが他の方々には絶対に違う!
と言われたらショックですよね。

そんな体験もしていただくことになります。
ご自分が思われている素敵と他の方があなたを見ている素敵は異なることが有るのです。


今日は、秋を楽しむコーディネートと
濃い色のきものと薄い色のきもの、中間色のきものの出番です。

ようしゃなく照りつけていた日差しがやわらいで
秋分の日を過ぎれば、夜長の季節がきます。

9月23日頃に来る秋の彼岸は秋分点を太陽が通過する日であり、二十四節気の一つです。
その日に昼と夜の長さが同じになり、以降どんどん日中の時間が短くなります。

日差しが変われば、人の目の網膜が認識する色合いが変わるので
きものの色も帯の色も変える必要が有るのです。


今日は、濃い色のきものがテーマでした。

Yさんは、まず、雪の結晶の付け下げをCDしました。

 IMGP4994_20120911192121.jpg

中間的な濃さの水色が地色です。
孔雀の袋帯に、焦げ茶の帯締めとシックな青の帯揚げで
バッチリ完成です。

CD度 4.8!!

 IMGP4999.jpg

帯締めを黄緑にしたり

 IMGP5005_20120911192120.jpg

ローズにして、雰囲気を変えられます。

 IMGP5011.jpg

次に選んだ焦げ茶の訪問着には、組紐の袋帯を合わせました。
赤い帯締めと緑の帯揚げです。

 IMGP5023_20120911192119.jpg

これは、お顔映りが悪いという結論です。

強い色数が4色以上必要なSさんは、

まず、この赤い縞の紬です。
  
 IMGP5037_20120911192119.jpg

次にこの小紋です。

帯をにぎやかにして帯締め・帯揚げでまた色を加えます。

 IMGP5058.jpg

きものの色数の少なさ、地味さに少し異論は有るにしても
どこで着てどう見られたいのか?が重要です。
このCDならご子息の同意は得られるでしょう。

かなりのものがとてもお似合いになるKさんは、

 IMGP5060.jpg

この訪問着もお似合いですが、帯の格は合いません。

 IMGP5063.jpg

これは、マイナスのコーディネート
きものを生かして帯はほとんど主張しません。

IMGP5073.jpg

これは、大絶賛を浴びたCDです。

緑の付け下げに牛首紬の袋帯
焦げ茶の帯締めと紫の帯揚げが効いています。

お疲れ様でした!

 IMGP5086.jpg


コーディネート | 06:44:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。