fc2ブログ
 

04月 « 2024/05 » 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年末年始に向けて、フォーマルな袋帯のお問合せが多いです。
格調高い大庭松魚先生と市島桜魚先生の
となみの紹巴(しょうは)の袋帯は、圧倒的に人気です。

紹巴(しょうは)とは、組織 経緯ともに強撚糸を用い、細かい横の杉綾状
または山形状の地紋で、地は厚くなく上質な締め心地です。

金沢では、知らない人はいないという人間国宝大庭松魚先生の帯と
そのお弟子さんで女流作家市島桜魚先生の宙を飛ぶという黒金の
袋帯です。
鳥は、空想上の鳥とされています。
繊細さ、可愛さ、豪華さ、エレガントさが見事に表現されています。

毎年2回開催される伝統工芸展には両先生の作品が出品されています。
その柄が、帯と本当に同じなのでとても嬉しくなります。

皆様も、是非1本以上お持ち下さい。

帯は基本的に何本か織るのですが、副反が無いものもございます。

    IMGP5131_20121024202313.jpg
IMGP5145.jpg
IMGP5292.jpg
IMGP5296.jpg
IMGP5316.jpg
IMGP5415_20121026180212.jpg

未分類 | 20:23:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する