07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
感動の色留袖
ご子息様の春の結婚式にお召しになるおあつらえの色留袖
作られた久美子様の感想をいただきました。

・・・・久美子様から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

> 袖を通してみて、訪問着の予想以上の素敵さに驚きました。
> 背が低いからかもしれませんが、裾の柄がとても豪華で
> 色も私にぴったりだと思いました。

> さすが、滝沢先生ですね。
> こんな色留袖には、滝沢先生でなければ出会うことはないでしょう。
> 素敵すぎました!!
> 本当にありがうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

喜んでいただけてよかったです。

私は、染め上るまでもう少し薄い色のグレーの地色を想像していました。
確かそんな色合いだと滝沢先生はおっしゃったのです。

そして、私の無意識下に お婿様のお母様が結婚式でお召しになる色留袖ということが
少しだけ気になっていました。

ご子息様の地元での結婚式は済んでいらっしゃいますので
場所を変えて、花嫁・花婿のご友人や職場の方々が中心になる2回目の結婚式です。

黒留袖ではなくおしゃれな色留袖になさるというお気持ちは、よく理解出来ました。

ただ、どこまでおしゃれ感を出すのかというラインが微妙でした。
それは、意識上に浮き上がってこないほどの問題でした。

そんなことを詳しく滝沢先生にお伝えした訳ではないのですが
この訪問着の色と柄は、すべての問題を解決して、すっと高い所まで引き上げてくれるようです。

どこからみても高い品格と今回の役割を兼ね備えていると言えるおきものです。

色留袖と黒留袖は、同一の最上級の格式だと言ってみても
薄い明るい色などでは、おっしゃれ感が優先してしまいますが
黒にも近く、お肌に最高にお似合いで、とてもとてもモダンな色に染め上った
この色は、黒留袖を超えるほど、お母様がお召しになるおきものとしての役割を果たしてくれるでしょう。

格式だけではなく、おしゃれ感が高いという両方を兼ね備えていることがすごいです。

こんな素敵な色留袖は、誰もお持ちでは無いでしょう。

感動の一枚を、本当に有難うございます。



未分類 | 17:57:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。