09月 « 2017/03 » 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夾纈(きょうけち)板締(いたじめ)
日本の染めものも織物も、大変深い技の宝庫です。

そんな技の一つに、夾纈(きょうけち)板締(いたじめ)という手法が有ります。

日本の古来からの染め方に3通りあり、その内の一つですが
とても手間がかかるために、帯が少し作り続けられているだけです。

それらの帯は手間を反映して、ものすごいお値段です。

それなのに、13m全面を染める小紋として作りました。

IMGP5567.jpg

これが、その小紋です。きれいですね。

IMGP5561.jpg

夾纈(きょうけち)板締(いたじめ)だからこそ出来る力強い染め上がりになっています。

この強さが分かっていただけるでしょうか?

この小紋を、可愛いお花の九寸名古屋帯で合わせてみました。

IMGP5613_20130315182512.jpg


きものの格やTPOへの合わせ方は、とても難しいと思います。

例えば、下記のようなご質問をいただきます。

> 博多帯はカジュアル向きと聞いたことがありますが、
>この帯は、どんな着物やどんな場面(場所)がいいですか?

004441-i01.jpg

この帯はカジュアルでは有りません。
博多帯も様々なものを作っていますから
画一的に考えることは、とても危険です。

この帯は、完全にフォーマルで
結婚式やパーティ、お茶会などで留袖、訪問着、色無地に合わせていただくものです。

このようなことが有りますから

あなたがお探しのものをご提案させていただくページが出来ました。

こちら ご利用下さい。



きもの | 18:27:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。