07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
この大胆な市松の紬を着るのが好きです
ベランダにまたお庭が出来たので、今日の紬でパチリ!

この大胆な市松の紬を着るのが好きです。
IMGP5857_20130321163557.jpg

これだけ大胆だと日差しに合わなければ、とても場違いになります。
だけど、この黒白の潔さこそ紬の楽しさだと私は思って
毎年この季節にこの紬を着るのが楽しみです。

最近、やわらかもののきものは、見せるきもので、紬は自己満足のきものでは無いかと思います。
もちろん、やわらかものは、ほっと優しく女らしく出来る喜びが有りますが
それなりに気を使います。

紬は、見せるためのシーンで着ることは少なくて、見てしまった(気が付いた)
人がしっかり見て下さるシーンが多いです。

着ることでシャンとする、男前になれるようなきものだと思います。

例えば歌舞伎を見に行くときには、何を着るのでしょうか?
歌舞伎座は、高いお席の人ほどフォーマル度が高くなります。

一等席など、訪問着などのやわらかものを着て、スターのように現れて
観客なのですが、他のお客様達にしっかり観察される立場になります。

常連さんは、もっと見慣れた席で何回もご覧になります。

4月からの歌舞伎座が楽しみです。

今日のロータリークラブです。
人形浄瑠璃文楽の 吉田玉女氏がお話下さいました。
IMGP5860_20130321163556.jpg
IMGP5861.jpg
IMGP5863_20130321163555.jpg

未分類 | 16:37:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。