03月 « 2017/04 » 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
単衣のきもの
今日は、昨日とは打って変った暖かさになりそうです。

さて、単衣のきものは、いざという時に持っていないと大変困るものです。
特にフォーマルきものは、その場面の重要性や集まる方々の顔ぶれなどから
言い訳が効きません。
最低1枚ずつは、フォーマルとおしゃれものを持っていましょう!

特に要注意は、結婚式と同窓会ではないでしょうか?
おきものを存分に楽しんでいただけるシーンです。

頑張りすぎない訪問着や着回しが出来る付け下げは必須です。

単衣は、裏地がついていないものと考えることが多いですし
大体正解ですが、単衣に適した生地が有ります。

さらりとして、しっかりした重さが有る生地です。
要注意は、軽すぎる生地は、向かないということです。

裏がつかないので、軽すぎては美しい垂れ感が無くなり
裾周りがうわふわして着姿も歩く姿も美しくなくなり
使えないきものになってしまいます。

かといって、しっかり重さの有るちりめん地は、視覚的にも重さを感じるので
単衣には向きません。

また、単衣は6月と9月を指しますが
暖かさに向かう6月と、寒い冬に向かう9月では、日差しに合うきものの色が
異なります。

6月に最高に素敵な白は、9月にはあまり美しく見えないことが多いです。
それでも絶対に、6月の白をお召し下さい。(笑)

それに、9月の単衣よりも6月の単衣の方が、長いのです。
同じ1月ですが、6月の単衣の方が5月から着ることが出来て
実際に長く着ることが出来ます。

つるべ落としと言われる秋に向かう9月は、あっという間に袷のきものの
季節になる感じがいたします。











未分類 | 06:16:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。