09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お召しのシーン
召しをお召しいただくシーンのご説明です。

お召しは、紬よりも格が高いのと
スーツの風合いに近いので、スーツをお召しの方々のシーンに
違和感なく溶け合います。

紬に比べてこだわり感が少なく、すっきりぱっきりして若々しい
メリハリの利いたモダンさがあります。

紬では、いかにもおきものをお召しになっている感じが
してしまいますが
お召しは、違和感なくお洋服と溶け合います。
こだわり感は紬が上で、格としてお召しが上なのです。

このことを分かって、使い分けていただく必要が有ります。

下記のシーンでご覧下さい

無地の紬白い縞お召し

バス旅行 お召し

講演会とロータリー 紬

おきものの方々の中や、いかにもきものですという時は
紬が良いのですが、スーツに対して違和感が無い方が良い時は
お召しが活躍します。

やわらかものではエレガントすぎて、紬では嗜好性が強すぎてビジネスライクで無いと思われる
時に、お召しは、受け入れていただき易い風合いが有ります。

また、こんな時は、染めの帯や九寸ではなく
織の帯がベターで、袋帯はもっと良いのです。

染めの帯は、優しさを出し、すんなりと親しみ易い気軽さが出ます。
それに対して織の帯は、強さを出しますから少し戦闘的な場面で良いのです。(笑)

その上、袋帯は格が高く、お太鼓の厚みも有って重厚さが出ます。

と言うように、お召しに染め帯を合わせるか、織の九寸名古屋か袋帯かと
私は着分けます。


未分類 | 15:27:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。