fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お寺の住職様の奥様の帯
私の祖父は住職でした。
福井と福岡でお寺の住職として仕事をしていましたので
父も叔父たちもお経を読み、私も小学生の頃、お経を覚えさせられました。

祖父の葬儀には紫の袈裟を来た沢山のお坊さんが来て下さいました。
近親者はお寺を継がなかったのですが
祖父や祖母の厳格さは子供心に大きな印象でした。

さて、祖母はいつもきもの姿でしたがどんなきものだったか
記憶に薄いのが残念です。

お寺の住職様の奥様としてどんな帯がふさわしいか選んでみました。

まず、九寸名古屋帯がお勧めです。

袋帯では駄目で名古屋帯
それも八寸帯ではなく九寸帯です。

なぜなら、袋帯では 弔事が二重に重なってしまいます。
八寸帯では軽すぎます。
ですから、九寸帯である必要が有ります。

次に帯の色は、黒でもグレーより他の色が良いのですが
どんな色彩も合いにくいです。

黒やグレーはご葬儀やご法事参加者の方々が締められます。

それを迎えるお寺の奥様は、
黒でもなくグレーでもない白が格式があっておしゃれでしょう!

ここでご紹介する九寸名古屋帯びは、まさしくぴったりの帯です。
IMGP9178.jpg

地色の白は白すぎない色合いです。
柄は牡丹の花です。
IMGP9168.jpg

牡丹柄は、本家中国で花王や花神として尊重されいます。
春牡丹も冬牡丹もあります。
IMGP9174.jpg

少し文様化した柄いきになっていますから
単衣の季節にも袷の季節にも長くお使いいただけます。

とてもおしゃれで、お寺の奥様らしい品格です。

はい、お寺の奥様は品格がとても必要です。

その地域の檀家さん達から何かと頼りにされて
お世話役でもあります。

心を配りながら忙しく働き続けていらっしゃって
多くの方の人々の中心にいる方です。

そんなお寺の住職様の奥様にお勧めする
この帯びは

すくい織の1点ものですから、同じものがございません。

織るたびに違う顔を見せてくれます。

未分類 | 08:33:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する