fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日もまた
今日もまた滝沢先生が染められた5歳のお祝い着を広げてみています。

ここにはとても高い感性が有って

それを見ることで

何段も高い世界に行くことが出来ます。

すばらしいと思える高い場所を具象化したものがここに有ります。

本当にこれはすばらしいです。

この柄を見るたびに

この色を見るたびに

日常のざわめきを忘れて
しっかりとした美しい世界を手に入れることが出来ます。

この柄にたどり着くまでに時間がかかりました。

色は滝沢先生にお任せです。

染め上がって、滝沢先生の奥様が

「紺色になったけど、見てもらって違ったら、内の甥っ子の祝い着にしてもいいから」

って連絡がありました。

私はびっくりしました。

何を言っているんですか!せっかくお願いして作っていただいているのに!

と思いました。

でも、後から聞いたら 色でかなり悩まれた様子です。

「気に入らなかった引き取ってもいい」と言われるような色になったのは

滝沢先生がAちゃんに着せたい色にたどり着いたこと

お父様の羽織の色との相性も考えて

任せられているけれど、

でも、もし思惑が違ったら?

という心配もあったのでしょう。

作品として作るだけなら自由だけど、着てくださる方がいて
その方や周囲の方やその後のライフスタイルなど考えると色んなものが出てきます。

「お任せ」とは、許容範囲内以上の水準で、やっとOKなのです。

その許容範囲を見極めて、自分なりの個性を表現する作品に作り上げることはとても大変です。

傍ではらはら見守る奥様がどんなに気を使っていたことでしょう。


この羽織は、何回も広げて見たくなります。

見るたびに自分の感性が磨かれようです。

滝沢先生 有難うございます。



未分類 | 08:09:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する