fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

江戸小紋
携帯メルマガにも書いたのですが、この素敵な江戸小紋は、市松柄が大きく染められていますから
小柄な方のきものとしてはあまりお勧めしません。


しかし、羽織になさって、菊の大輪の花のような羽裏をつけられたら素敵でしょう。

こだわりの江戸小紋士 中條隆一が染めました。

 
平成 2年 経済産業大臣指定伝統的工芸品 
      東京染小紋伝統工芸士認定
平成 8年 伝統工芸品産業の振興に貢献 
関東通商産業局長より受賞
        東京都知事より感謝状寄与
平成10年 すみだマイスターに認定
平成14年 東京都江戸更紗伝統工芸士認定

   
白生地から出来上がりまで一貫した作品作りです。

全工程気が抜けず、特に20cm前後の型紙を13m弱連続して
つなげて型付けをすることが一番難しい作業です。
気候にも左右され毎日毎日が”考えて”作業方法を変えていきます。


生地は、伊と幸という上質な生地屋さんの一級品です。

表を2回染めて、裏地をきれいな紫でもう1回染めています。
単衣のきものになさっても良いですね。

帯や小物でとても変化をつけながらお召しいただけるきものです。
この江戸小紋をクリスマスパーティに着るときの帯と
お正月に締める帯では異なるでしょう。

お茶会にも美術館にもコンサートにも、ご自分らしさを表現するきものとしては最高です。





      









未分類 | 06:54:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する