fc2ブログ
 

04月 « 2024/05 » 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

着付けの終了式
今日は、着付けの終了式です。

という訳で、私は山崎世紀さんの無地のきものに袋帯を締めました。

山崎世紀さんのきものは、本当に薄くて軽いです。
ビックリするほどですね。

風合いは、大島紬と牛首紬のツルンとして優しい風合いに似ていますが、
何よりも薄くて軽い!です。

その軽さが、大島よりもずっと強いです。
牛首よりも薄いです。

縦糸と横糸の両方に、丈夫な玉糸を使っているので、節があり
その上質な素朴さが、着易さにつながっています。

これは、本当に良いです!

今日はかなり暖かいようですが、暖かさにも寒さにも対応してくれそうです。
着姿も、すっきり薄くて(笑)綺麗です。

今日は、笹島先生も、山崎世紀さんの帯をなさっています。
先生は、きものと帯2本位お持ちなのかな?

IMGP2292.jpg

多くの紬を知っている方ほど、この紬の良さを分かってくださることでしょう。

山崎世紀さんの紬の特徴は、玉糸という節が多い、とても織り難い生地をご自分で織って
それに草木で絞りを染めているということです。

一般に、絞りは、ツルンとした綸子の生地に染めます。
それ以外の生地では絞って染めにくいからです。

綺麗な絞りが出来ません。

なのに!なのに!

きっと、もっとも絞りに不向きな、ごつごつした玉糸を使って絞っているって
大変なことなのです。

ものすごく高い技術ですよ。

技術が高いだけで、着ずらければ仕方有りませんが
ものすごく着易いです。

それに、ツルンとした光沢が有るので、少しフォーマルな着こなしも出来ます。

私は、今日は、無地の紬に、金が入った袋帯を締めました。

山崎世紀さんの紬は、とてもとてもお薦めです。

今日の生徒さんたちは、素敵にきものやコートを着こなしてお越しになりました。

さすがあ~です。

神戸から毎月上京していらっしゃるI様は、入試真っ最中のお嬢様やご家族の皆様の
ご協力をいただいて、お越しになっています。

3月からは、名古屋からお越しの生徒さんもいらっしゃいます。


IMGP2317.jpg

IMGP2309.jpg

IMGP2307.jpg
IMGP2290_20090218152441.jpg


着付け | 11:00:38 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-02-19 木 16:56:51 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する