fc2ブログ
 

03月 « 2024/04 » 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール
■QRコード

QR

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

歌舞伎の楽しみ方
歌舞伎通の早川さんから、歌舞伎の楽しみ方が届きました。
早川さんは、前回の歌舞伎でもワインなどを楽しんでいらっしゃいました。

私も今回は、そんな楽しみ方をしたいです。
5月10日、是非、ご一緒に歌舞伎見物に参りましょう!
こちらのページからお申し込み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌舞伎をたのしむ (その1)

「歌舞伎って、なんだかむずかしそう・・・」「セリフの意味がわかるかしら・・・」
「着物を着るのは好きだけど長時間の観劇に不安が・・・」

といった心配を抱えていることはありませんか?

私もはじめは「歌舞伎」を観て「わぁーきれい。迫力あるな。でも難しいな~」と思っていました。
それでも、華やかな舞台や、粋なセリフ回し、役者それぞれのすばらしい演技や
所作に魅力を感じ、歌舞伎が大好きになりました。

私はワイン関係の仕事をしています。

ソムリエ世界一の田崎真也さんは「「ワインは憶えてから愉しむものではなく、
楽しんでから憶えるもの」と話しています。
「歌舞伎も覚えてから楽しむのではなく、観て楽しんでから、学びましょう」。

今日は歌舞伎座での過ごし方について、ご紹介します。

現在「さよなら公演」を行っている歌舞伎座は、1924年に建てられ、
太平洋戦争の被害を乗り越え50年に改修。
2002年に国の登録有形文化財に指定されましたが、
老朽化がすすみ、2010年より3年間かけて改修工事をします。

劇場の設備、とくに客席の椅子は、長時間座るに心地よいものとは言い難いです。
また、前席との間が狭いので、大きな荷物をもって座ることができません。

そこで、お勧めなのは、低反発座布団を持っていかれること。
分厚いと座った時に頭の位置が高くなってしまい、後ろの人の迷惑になるのでお勧めしません。
私は無印良品の座布団を愛用しています。

お荷物やコート(上着など)はロッカーに入れてしまいましょう。
劇場内のロッカーは数が限られているので、少し早めに行ってロッカーを確保するといいでしょう。

歌舞伎の幕間に食事ができますが、長くて30分。
せっかく観劇で優雅に過ごしたいのに、ちょっと時間が短いです。

おなかがすいてしまう方には、休憩場所で食事をするなり、お席で食べることができます。
売店にはお茶やビールも売っています。
食堂もありますが、開演前に予約を入れておく必要があります。

でもやっぱり優雅ではないかしら。観劇後、ゆっくり食事に行かれることをお勧めします。
じゃあ、幕間の時間はどう過ごすのでしょう?

売店では季節ごとにお菓子や手ぬぐい、役者の写真などが販売しています。
それを見て楽しむこともできます。

ちょっと外の空気を吸いに劇場を出ることもできます。]
その際には必ず半券(チケット)を持っていくことをお忘れなく。

近くには500円立ち飲みバーや、喫茶店などがあります。
着物を着て、歌舞伎座の周りをぶらぶらお散歩するのも粋ですね。

天ぷら屋でグラスワイン一杯と天ぷらを2~3注文して、また劇場にもどるのも、素敵ですよ。

次回は歌舞伎の見方についてご紹介します。お楽しみに。

未分類 | 17:13:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する